NY市警が仕事を止めたら犯罪が減った?

NY市警が仕事を止めたら犯罪が減った?


 2014年7月、ニューヨークである黒人男性が路上でタバコを売っていた容疑で逮捕された。その際、警官の取り押さえが原因でその男性が死亡したが、関与した警官は不起訴になった。これをきっかけに抗議運動が発生し、警官2名が射殺されるなど、市民と警察の間の緊張が高まった。
 そこでニューヨーク市警は2014年後半から2015年前半にかけて、殺人、レイプ、強盗、自動車泥棒などの重大事件のみに取り組むようにし、軽犯罪の取り締まりを緩めたところ、同期間中の犯罪件数が減少したという調査結果がこのほど報告された。しかも、軽犯罪だけでなく重犯罪の件数も減少していたという。この事実をRedとBlueはどう受け止めるのか?

出典『ars TECHNICA』
元記事:NYC Cops Did a Work Stop, yet Crime Dropped

RED:リベラル派の幻想の中でのみ有効、現実には無理
“This only works in liberal fantasies…not in reality”

 リベラル派は、都市や地域の警察が犯罪の発生を抑止することに対して、ほとんど効果がないと主張している。これは、警察の戦術は役に立たないだけでなく、黒人とラテン系アメリカ人に対する差別である、という説を助長するものだ。

 この論証は嘘だ。1990年代初頭、民主党のニューヨーク市長、デイビッド・ディンキンズの元で犯罪率が急上昇した後、ルディ・ジュリアーニ市長が「壊れた窓」として知られる、警察が軽犯罪法を積極的に施行する戦術を用いて検挙に尽力し、その後、犯罪率が下がった。その際、ニューヨークでは地下鉄での重罪が75%減少し、回転式改札の不正通過者の7人に1人は武器を所持しているか、重罪で指名手配中の犯罪者だったことが分かった。

 この記事には、数字に裏付けられた事実がひとつもない。実際に2015年にニューヨークで警備を減らした結果、犯罪が減ったという証拠の数字は出ていない。このリベラル派の幻想が事実であるという信頼できる証拠を見るまでは、私の疑いは変わらない。


BLUE:警官は、彼らが敵ではないということを立証できる
“Police Can Show They Are Not the Enemy”

 多くのアメリカ人が、自国の警官を信用できないというのは悲しい事実だ。その理由のひとつには、毎年、警官に多くの人々が射殺されているということがある。人(多くの場合、特定の人種)によっては、ただ警官に話しかけただけで違反チケットを切られたり、逮捕されたりすることもある。

 しかし、そういうことを多くの警官が行っていることを、まったく知らないアメリカ人たちも多い。そういう人たちにとって警官は、パトカーでパトロールしてくれて、深刻な事件が発生した時には武器を携えて武装した車で出動する人たちというイメージなのだろう。警官が通りを歩いてパトロールする地域などアメリカでは相当少なくなったが、そういうことが行われている地域は犯罪率が低く、そこに住んでいる住民は警官を信頼する傾向が高いのは当然だ。

 アメリカのいくつかの地域では、警官が馬に乗っているところもあり、人々は馬を見るのを楽しみ、警官とフレンドリーに話したりできる。馬を所持できる地域は往々にして裕福で、犯罪も少ない。貧しい地域には馬に乗った警官などおらず、犯罪率も高い。そうした地域では、警官も誰かに撃たれるかも知れないので歩いてパトロールなどしたくないだろうし、誰にでもフレンドリーにはなるのは難しいだろう。

 しかし、警官が「銃を持った怖い人」であり、「人種や地域に関係なく、誰にでも親切で、道に迷った時でも助けてくれる人」でないのなら、今後もアメリカのこの問題は何も変わらないだろう。 

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

警察に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


警察 差別 犯罪・事件

関連する投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


ウエブスター辞書が選んだ「2017年に最も注目された単語」とは?

ウエブスター辞書が選んだ「2017年に最も注目された単語」とは?

歴史あるメリアム・ウェブスター辞書が選んだ今年、最もアメリカで注目された単語が発表された。ニュース性があり、年間を通して同オンライン辞書で多く検索された単語の中から、今年の世相を反映した単語とは?


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。日本とは異なり、多人種から構成されるアメリカでは、12月の挨拶も一筋縄ではいかない……。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング