アメリカはバカと悪人の国

アメリカはバカと悪人の国


 ブルームバーグのコラムニスト、ジャスティン・フォックス氏が、米国が保守とリベラルが明確に分裂している原因について考察した。同氏は、双方の政策の違いが分裂を招いているのではなく、一般に保守派はリベラル派を「ナイーブでバカだ」と考えており、リベラル派は保守派を「悪人だ」と考えていると指摘。それに伴う両者の言葉や態度が分裂の原因であり、トランプ大統領は、それを分かった上で過激な態度や言語を好んで用い、忠誠を要求し、意図的に二者の分裂を深めていると主張している。同氏は、人は個人的に知り合えば理解し合えるという「性善説」を取っているが、RedとBlueはどう考えるか?

出典『Bloomberg』
元記事:One Nation, of Idiots and Evil People

RED:政治とは信念の同義語だ
“Politics is another word for Principles”

 メディアは政治を、ひとつの集団がもうひとつの集団に対抗するという、単なる集団主義の形として表現することが好きだ。メディアにとっては、誰かの政策が妥協や変化、進化への前提となっていると主張する方が簡単だからだ。しかし、政治は集団文化の問題ではない。名誉、真実、正義、平等、同情、信仰など、自分が何を信じるかという、信念の問題だ。例えば、個人の名誉は重要である。もし他人に嘘をついたとしよう。ほとんどの場合、嘘をついても公的に責任を負わされないだろうが、社会に対して恥ずかしいだけでなく、自分自身にとって不名誉なことだ。かつて私は仕事を教えてくれた人にこう言われたことがある。

 「誠実であるということは、水の入ったコップのようなものだ。自分に妥協したり、不名誉なことをしたり、嘘をついたり、ごまかしたり、盗んだりすると、そのたびにコップから水が少しずつこぼれる。何度もそういうことをすれば、コップは空になる。そうなったら、それは自尊心のない人間と同じだ」


 この記事を書いたようなリベラルは、左派と右派の政治的な分裂は主に個性や集団文化的な問題だと示唆したがっている。そうすれば、政治的信念は無関係なものとして排除し、正しいか間違っているかではなく誤解だとすることが容易だからだ。しかし、そうはいかない。真実は真実で、名誉は名誉だ。ただ単に、ヒラリー・クリントンやバラク・オバマのようなリベラルの行いを弁解するのに便利だからという理由で、これらの価値を貶めることはできない。


BLUE:本当に2種類のアメリカ人がいるのだろうか?
“Are There Really Two Americas?”

 アメリカでは、ほとんどの人が学校で忠誠の誓いを暗唱する。その誓いは、「私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する万民のための自由と正義を備えた、神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います」というものだ。アメリカはひとつの国だ。ただ、ひとつの国家だ。そして、自由と正義は私たち全てに帰属するものであり、自分たちが好きな人たちだけに属するものではない。

 もちろん、政党とインターネット・メディアは、国の分裂を都合よく利用することができる。アメリカ人は、まるで自分が応援するスポーツチームを選ぶように、政党を選ぶことに奮い立たされる。政治家は、「我々対彼ら」という心理から発生する政治的忠誠心によって利益を得られるからだ。最良の候補者を選ぶのではなく、我々は「あちら側」を勝たせてはならない、と言われる。ウエブサイトやソーシャルメディアは、議論が始まるとクリック数が増える。分断していると言われるアメリカでは、そんな議論は簡単に始まる。

 私たちが忘れていることは、みんな本当は同じこと――家族にとっての最善、国にとっての最善――を望んでいるということだ。もしも私たちが、ばかばかしい政治的な分離や相違を俯瞰して見ることができれば、アメリカ人には自分たちが思っているよりも、もっと共通点があることを発見できるに違いない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング