「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪

「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪


 トイレタリー製品の有名ブランド、ダヴ(Dove)がFacebookに掲載した動画広告が「差別的だ」と非難を浴びて炎上し、同社は「皆様を不快な気分にさせたことを深くお詫びする」と謝罪して広告を取り下げた。その動画は、「黒人女性が同社のボディーローションを使い、ブラウンのTシャツを脱ぐと白人女性に変わる」というものだ(写真リンク下記)。これを差別と受け止めるか、誤解と受け止めるか、保守派とリベラル派の意見は?

出典『The Guardian』紙
元記事:Dove apologies for ad showing black woman turning into white one


RED: 石鹸は差別主義者ではない
“Soap is Not Racist”

 ダヴは謝罪すべきではなかった。この会社は何も悪いことはしていない。何もわかっていない愚か者たちが、ソーシャルメディアで炎上したビデオを見て不快に感じたからといって、ダヴが差別主義ということにはならない。極論を言うなら、一定の人はしっかりと大人になるまでインターネットを使うのをやめるべきだろう。自分の気持ちが傷ついたからという理由で泣いてもいいのは子供だけだ。私は、世界が正常であることに対して腹を立てている18歳以上の人たちに「大人になれ。毎日1秒ごとに不平を言うのではなく、もっと建設的な何かを見つけろ」と言いたい。

 問題のコマーシャル映像では、肌の色の異なる3人の女性が次から次へ変身する様子が見られる。「ダヴの石鹸は全ての女性の肌の色を変える」と言うごく単純なアイデアだ。ダヴのマーケティング・チームは人種差別的な広告を作りたかったのだという非難は全くのお笑い種だ。こうした左翼や社会的な正義を訴える奴、傷つきやすい若者たちは、組織や個人を差別主義者だと決めつけて告発する前に、少なくとも実際の意図や動機が何であったかを冷静に判定するべきだ。間違いは誰にでも起こる。ダヴがあえて人種差別をしようとしたとは考えられない。そうだと思う人はベビー石鹸を使うべきだろう。大人用の石鹸の広告はまだ受け入れられないのだから。


BLUE:ダヴは今が2017年であることを理解するべきだ
“It's 2017. Dove Should Know Better”

 「ダヴを使ってあなたの茶色い肌を白くしましょう」。これが、Facebookに掲載された13秒のダヴ・ブランドのボディーソープの広告を見た何百万という人が、映像から受け取ったメッセージである。この短い画像では、黒人女性が白人女性に変わり、そして中東の女性に変身する。テレビのコマーシャルでは30秒の完全版が見られるが、それには女性が7人登場する。

 ダヴは、この広告が意図したのは、「すべての肌が優しい石鹸を使うのにふさわしい、と伝えることだった」と言っている。それは素晴らしい考えだ。しかし、ダヴがその意図をもっと良い方法で社会へ伝えられなかったのはとても残念だ。

 同広告の冒頭に登場する黒人女性モデル、ローラ・オグニュエミさんは、「みんなが広告を黒い肌への否定的なメッセージとして受け取ったことを残念に思っている」とコメントしている。しかし、広告の他の部分がどうであろうと、黒人女性を白人に変えるアイデアは、決していい考えではない。オグニュエミさんの姿が白人に変わる画像がソーシャルメディアに現れる否や、みんながそこだけを見ることになってしまったのだから。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

「世界で最もパワフルなフェイシャル」の効果とは?

ニキビや吹き出物、赤みなどの肌のトラブルは、性別も国籍も超えた悩みのひとつ。肌をきれいにする商品は数多くあるが、米アマゾン・ドットコムで使用者のレビュー数が1万8千件を超えたほど話題のクレンジング商品がある。その効果とは、いかに?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング