「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪

「黒人女性が白人に変身するCM」のダヴが謝罪


 トイレタリー製品の有名ブランド、ダヴ(Dove)がFacebookに掲載した動画広告が「差別的だ」と非難を浴びて炎上し、同社は「皆様を不快な気分にさせたことを深くお詫びする」と謝罪して広告を取り下げた。その動画は、「黒人女性が同社のボディーローションを使い、ブラウンのTシャツを脱ぐと白人女性に変わる」というものだ(写真リンク下記)。これを差別と受け止めるか、誤解と受け止めるか、保守派とリベラル派の意見は?

出典『The Guardian』紙
元記事:Dove apologies for ad showing black woman turning into white one


RED: 石鹸は差別主義者ではない
“Soap is Not Racist”

 ダヴは謝罪すべきではなかった。この会社は何も悪いことはしていない。何もわかっていない愚か者たちが、ソーシャルメディアで炎上したビデオを見て不快に感じたからといって、ダヴが差別主義ということにはならない。極論を言うなら、一定の人はしっかりと大人になるまでインターネットを使うのをやめるべきだろう。自分の気持ちが傷ついたからという理由で泣いてもいいのは子供だけだ。私は、世界が正常であることに対して腹を立てている18歳以上の人たちに「大人になれ。毎日1秒ごとに不平を言うのではなく、もっと建設的な何かを見つけろ」と言いたい。

 問題のコマーシャル映像では、肌の色の異なる3人の女性が次から次へ変身する様子が見られる。「ダヴの石鹸は全ての女性の肌の色を変える」と言うごく単純なアイデアだ。ダヴのマーケティング・チームは人種差別的な広告を作りたかったのだという非難は全くのお笑い種だ。こうした左翼や社会的な正義を訴える奴、傷つきやすい若者たちは、組織や個人を差別主義者だと決めつけて告発する前に、少なくとも実際の意図や動機が何であったかを冷静に判定するべきだ。間違いは誰にでも起こる。ダヴがあえて人種差別をしようとしたとは考えられない。そうだと思う人はベビー石鹸を使うべきだろう。大人用の石鹸の広告はまだ受け入れられないのだから。


BLUE:ダヴは今が2017年であることを理解するべきだ
“It's 2017. Dove Should Know Better”

 「ダヴを使ってあなたの茶色い肌を白くしましょう」。これが、Facebookに掲載された13秒のダヴ・ブランドのボディーソープの広告を見た何百万という人が、映像から受け取ったメッセージである。この短い画像では、黒人女性が白人女性に変わり、そして中東の女性に変身する。テレビのコマーシャルでは30秒の完全版が見られるが、それには女性が7人登場する。

 ダヴは、この広告が意図したのは、「すべての肌が優しい石鹸を使うのにふさわしい、と伝えることだった」と言っている。それは素晴らしい考えだ。しかし、ダヴがその意図をもっと良い方法で社会へ伝えられなかったのはとても残念だ。

 同広告の冒頭に登場する黒人女性モデル、ローラ・オグニュエミさんは、「みんなが広告を黒い肌への否定的なメッセージとして受け取ったことを残念に思っている」とコメントしている。しかし、広告の他の部分がどうであろうと、黒人女性を白人に変えるアイデアは、決していい考えではない。オグニュエミさんの姿が白人に変わる画像がソーシャルメディアに現れる否や、みんながそこだけを見ることになってしまったのだから。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


ダイエットもブレインテックの時代へ!

ダイエットもブレインテックの時代へ!

健康産業の現場で、着々とその存在感を示しつつあるブレインテック。そのテクノロジーを用いてダイエットを成功させるヘッドフォンが誕生し、話題になっている。アイルランドの企業とカリフォルニア大学サンディエゴ校が合同開発した商品とは?


これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

これぞ、アメリカ版「トクホ」飲料? 価格と手軽さの両方で勝負

血圧や血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つといわれる「トクホ飲料」。少々値段が張っても、「トクホ」のお墨付きならばと手にする人も多いはず。では、「トクホ」がないアメリカでは、どんな商品が支持されているのだろう?


風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。






最新の投稿


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング