疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」

疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」


 2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが介入した疑惑には、根深いものがある。きな臭いニュースが続いているが、決定打となる情報はなく、真実は今ひとつはっきりしない。

 ロシア疑惑関連のニュースが取り上げられるたびに、リベラル派はトランプ政権誕生経緯の健全性に対し、疑問と不快感を隠さない。保守派は、こうした疑惑を取り上げるニュース自体に懐疑的になり、そこへの嫌悪感を露わにしている。中道派は概ね、「確かな証拠が見つかるまで、いい加減にこの議論はやめて欲しい」という感じだろうが、とにかく何か事件が起きるたびに、アメリカのソーシャルメディアは疑惑談義一色になってしまうのは、トランプ政権誕生後から変わっていない。

 そして、今またロシア疑惑がソーシャルメディアをにぎわしている。日本でもすでに報道されているように、ロシア疑惑をめぐる一連の動きのひとつとして、「ポケモン GO」が登場。ロシアはフェイスブックやツイッターなどを使い、アメリカ人たちを扇動したのではないかとされているが、その扇動活動の一環として、白人警官による黒人射殺に抗議する「ブラック・ライブズ・マター」の関係者を装い、ポケモンGOを使った人種差別反対キャンペーンが計画された疑いが浮上したと CNNが報道した。

 このキャンペーンは、ロシア政府の関与が指摘される「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が展開したと見られており、2016年7月に、キャンペーンに関連するウェブサイトを通じ、ポケモンGOコンテストの開催が呼びかけられた。同コンテストは黒人が警官に殺害された現場近くでキャラクターを見つけるという内容で、そこでキャラクターを見つけたら犠牲者の名前を付けることを促すという、悪趣味なものでもあった。ポケモンGOのユーザーが実際にこのコンテストに参加しようとした痕跡は、CNNの取材では分かっておらず、このコンテストの目的そのものも不明なままだ。しかし、「事件現場の近くで犠牲者を思い出させることで、人々を怒りへと扇動する目的だったのではないか」という可能性は否めない。

 このポケモンGO、「疑惑の渦中の人」となるのは、今回が初めてではない。昨年6月、ロシアで、「ポケモンGOはアメリカがCIAなどの諜報活動のために開発に関与したものであり、国家の安全保障を揺るがす陰謀だ」という見解が、インタファクス通信によって世界に報じられた。この見解を示したのは、ニコライ・ニキフォロフ情報通信相など複数の政治関係者だった。ロシア政府は結果的に「ポケモンGO」の代替ゲームとして、モスクワ市政府監修で、ロシアの歴史にゆかりのあるキャラクターを捕まえる「ディスカヴァー・モスクワ」というアプリの開発までしている。

 このニュースを覚えている保守派の一部からは、「ロシア自らが、CIAの関与が疑われるアプリを使って、アメリカの選挙戦に関与しようとするだろうか」という疑問の声もあがっているが、今回も何が真実なのかは、まだ何も分かってはいない。当のポケモンとしては何度も疑惑のツールとして世間を騒がせる羽目となり、さぞ迷惑していることだろう。

引用元:Even Pokémon Go Used by Extensive Russian-Linked Meddling Effort
トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング