疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」

疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」


 2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが介入した疑惑には、根深いものがある。きな臭いニュースが続いているが、決定打となる情報はなく、真実は今ひとつはっきりしない。

 ロシア疑惑関連のニュースが取り上げられるたびに、リベラル派はトランプ政権誕生経緯の健全性に対し、疑問と不快感を隠さない。保守派は、こうした疑惑を取り上げるニュース自体に懐疑的になり、そこへの嫌悪感を露わにしている。中道派は概ね、「確かな証拠が見つかるまで、いい加減にこの議論はやめて欲しい」という感じだろうが、とにかく何か事件が起きるたびに、アメリカのソーシャルメディアは疑惑談義一色になってしまうのは、トランプ政権誕生後から変わっていない。

 そして、今またロシア疑惑がソーシャルメディアをにぎわしている。日本でもすでに報道されているように、ロシア疑惑をめぐる一連の動きのひとつとして、「ポケモン GO」が登場。ロシアはフェイスブックやツイッターなどを使い、アメリカ人たちを扇動したのではないかとされているが、その扇動活動の一環として、白人警官による黒人射殺に抗議する「ブラック・ライブズ・マター」の関係者を装い、ポケモンGOを使った人種差別反対キャンペーンが計画された疑いが浮上したと CNNが報道した。

 このキャンペーンは、ロシア政府の関与が指摘される「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が展開したと見られており、2016年7月に、キャンペーンに関連するウェブサイトを通じ、ポケモンGOコンテストの開催が呼びかけられた。同コンテストは黒人が警官に殺害された現場近くでキャラクターを見つけるという内容で、そこでキャラクターを見つけたら犠牲者の名前を付けることを促すという、悪趣味なものでもあった。ポケモンGOのユーザーが実際にこのコンテストに参加しようとした痕跡は、CNNの取材では分かっておらず、このコンテストの目的そのものも不明なままだ。しかし、「事件現場の近くで犠牲者を思い出させることで、人々を怒りへと扇動する目的だったのではないか」という可能性は否めない。

 このポケモンGO、「疑惑の渦中の人」となるのは、今回が初めてではない。昨年6月、ロシアで、「ポケモンGOはアメリカがCIAなどの諜報活動のために開発に関与したものであり、国家の安全保障を揺るがす陰謀だ」という見解が、インタファクス通信によって世界に報じられた。この見解を示したのは、ニコライ・ニキフォロフ情報通信相など複数の政治関係者だった。ロシア政府は結果的に「ポケモンGO」の代替ゲームとして、モスクワ市政府監修で、ロシアの歴史にゆかりのあるキャラクターを捕まえる「ディスカヴァー・モスクワ」というアプリの開発までしている。

 このニュースを覚えている保守派の一部からは、「ロシア自らが、CIAの関与が疑われるアプリを使って、アメリカの選挙戦に関与しようとするだろうか」という疑問の声もあがっているが、今回も何が真実なのかは、まだ何も分かってはいない。当のポケモンとしては何度も疑惑のツールとして世間を騒がせる羽目となり、さぞ迷惑していることだろう。

引用元:Even Pokémon Go Used by Extensive Russian-Linked Meddling Effort
トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に、怒りの涙を浮かべながら迅速な温暖化対策を熱望するスピーチをしたスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさん。温暖化対策に後ろ向きといわれるトランプ大統領がツイートでトゥーンベリさんを皮肉ったところ、彼女の対応が「クレバー(賢い)!」だと世界的な話題になった。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング