疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」

疑惑の渦中に再び登場、「ポケモンGO」


 2016年のアメリカ大統領選挙にロシアが介入した疑惑には、根深いものがある。きな臭いニュースが続いているが、決定打となる情報はなく、真実は今ひとつはっきりしない。

 ロシア疑惑関連のニュースが取り上げられるたびに、リベラル派はトランプ政権誕生経緯の健全性に対し、疑問と不快感を隠さない。保守派は、こうした疑惑を取り上げるニュース自体に懐疑的になり、そこへの嫌悪感を露わにしている。中道派は概ね、「確かな証拠が見つかるまで、いい加減にこの議論はやめて欲しい」という感じだろうが、とにかく何か事件が起きるたびに、アメリカのソーシャルメディアは疑惑談義一色になってしまうのは、トランプ政権誕生後から変わっていない。

 そして、今またロシア疑惑がソーシャルメディアをにぎわしている。日本でもすでに報道されているように、ロシア疑惑をめぐる一連の動きのひとつとして、「ポケモン GO」が登場。ロシアはフェイスブックやツイッターなどを使い、アメリカ人たちを扇動したのではないかとされているが、その扇動活動の一環として、白人警官による黒人射殺に抗議する「ブラック・ライブズ・マター」の関係者を装い、ポケモンGOを使った人種差別反対キャンペーンが計画された疑いが浮上したと CNNが報道した。

 このキャンペーンは、ロシア政府の関与が指摘される「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が展開したと見られており、2016年7月に、キャンペーンに関連するウェブサイトを通じ、ポケモンGOコンテストの開催が呼びかけられた。同コンテストは黒人が警官に殺害された現場近くでキャラクターを見つけるという内容で、そこでキャラクターを見つけたら犠牲者の名前を付けることを促すという、悪趣味なものでもあった。ポケモンGOのユーザーが実際にこのコンテストに参加しようとした痕跡は、CNNの取材では分かっておらず、このコンテストの目的そのものも不明なままだ。しかし、「事件現場の近くで犠牲者を思い出させることで、人々を怒りへと扇動する目的だったのではないか」という可能性は否めない。

 このポケモンGO、「疑惑の渦中の人」となるのは、今回が初めてではない。昨年6月、ロシアで、「ポケモンGOはアメリカがCIAなどの諜報活動のために開発に関与したものであり、国家の安全保障を揺るがす陰謀だ」という見解が、インタファクス通信によって世界に報じられた。この見解を示したのは、ニコライ・ニキフォロフ情報通信相など複数の政治関係者だった。ロシア政府は結果的に「ポケモンGO」の代替ゲームとして、モスクワ市政府監修で、ロシアの歴史にゆかりのあるキャラクターを捕まえる「ディスカヴァー・モスクワ」というアプリの開発までしている。

 このニュースを覚えている保守派の一部からは、「ロシア自らが、CIAの関与が疑われるアプリを使って、アメリカの選挙戦に関与しようとするだろうか」という疑問の声もあがっているが、今回も何が真実なのかは、まだ何も分かってはいない。当のポケモンとしては何度も疑惑のツールとして世間を騒がせる羽目となり、さぞ迷惑していることだろう。

引用元:Even Pokémon Go Used by Extensive Russian-Linked Meddling Effort
トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

【Red vs. Blue】トランプの弁護士一家が慈善基金から約71億円も受け取っていた件

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領のお抱え弁護士であるセクロウ氏と彼の家族が慈善団体から約71億円も受け取っていたことについて。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング