ソフトウェアエンジニアに定年は無い?

ソフトウェアエンジニアに定年は無い?


 アメリカでは、職場でのあらゆる差別が禁じられている。人種、国籍、性別、年齢、性的志向がどうであれ、従業員は平等に扱われなくてはいけない。日本では60歳なり65歳なりで「定年」となって会社を辞める人が多いが、そういう制度はアメリカでは年齢差別になってしまう。アメリカの会社には「定年」は存在しない。同じ理由で、日本で不文律として言われてきた「プログラマ35歳定年説」というようなものも存在しない。「もう35歳過ぎたから、そろそろ管理職をやれ」ということは起こらず、40歳でも、50歳でもエンジニアとして仕事を続ける人はたくさん居る。余談だが、私が今までに一緒に働いたことがある同僚の最高齢は78歳であった。その人に初めて会った時は75歳で、当時の自分が25歳だったので、50歳年上の同僚だったことになる。

 会社に定年制度が無いならば、エンジニアはいつ引退するのか。1番目の答えは「本人の自由」である。ファイナンシャル・プランナーに相談したり、自分で計算したり、人によっては投資や副業を行って、引退しても十分に生きていける状態になったら自主的に退職してリタイアするのだ。アメリカでの一般的なリタイアの年齢は日本と同じ65歳と言われているが、給料が多めの会社ならば50代で引退する人も珍しくないし、株式公開で億万長者が多く出た会社ならば30代で引退する人もけっこういるらしい。私も個人的に「引退後」の40代の人たちに会ったことがあるが、のんびりと「余生」を楽しんでいるように見えた。

 2番目の答えは「職を失って、再就職先が見つからない時」である。会社の事業内容変更などによるレイオフ、または本人の仕事のパフォーマンス不足によりクビになって、そのまま引退になってしまう人も珍しくない。年齢差別が禁じられていると言っても、年齢を重ねたあとでの再就職はだんだん難しくなってくる。経験を積んだ人は職位が上の方になってくるので、自然と基準が高くなってしまうからだ。また、面接官に差別意識がなかったとしても、歳を取った外見から無意識に採点が辛くなってしまうという理由もあるかもしれない。そのまま次の職を見つけずに引退していく人もいれば、今までとは全く違う仕事を始める人もいる。

 不本意な引退は、経験に応じて自分のスキルや仕事のレベルを高い状態に保っていれば避けられる事態ではあるが、年齢には勝てずに、しぼんでいってしまうエンジニアがいることもまた事実である。特にエンジニア職は常に新しい技術を身に着けていかないと急速に陳腐化してしまうので、他の職種よりも仕事のレベルを高く維持するのは難しい傾向があることは否めない。この記事の最初で否定した「プログラマ35歳定年説」は若すぎるとしても、「55歳説」や「65歳説」ならば打ち破るのはかなり難しくなってくる。

 私も中年になり、若い頃とは仕事のやり方が変わってきている。仕事の調子が良い時にはこのままいつまでも続けていけそうな気がするときもあるし、調子が悪い時にはいつ引退できるか貯金額を計算してみようと思ってしまうこともある。ちなみに、前出の78歳エンジニアの同僚に長く続ける秘訣を訊いてみたところ、「良い時でも悪い時でも平常心を保ち、有給休暇は全部きちんと使う」という返事だった。焦らず腐らず、自分の興味が続く限り仕事が続けられればそれが一番なのだろう。

IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

宮城県仙台市出身。宮城県仙台第一高等学校卒業、東北大学工学部情報工学科卒業、東北大学大学院情報科学研究科修了。幼稚園から大学院まで、通った学校すべてが半径3kmの円内に収まっている。日本ヒューレット・パッカード社在籍中に米国駐在。日本帰任後に米国移住を決意、Agilent Technologies、Amazon.comを含むシリコンバレーやシアトルエリアの企業5社に勤務。現在は Microsoft Corporation AI & Research Group にて Senior Applied Scientist として働く。

関連するキーワード


IT業界 働き方改革

関連する投稿


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


キャッシュレス社会に反発する都市がアメリカで増加中

キャッシュレス社会に反発する都市がアメリカで増加中

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はアメリカでキャッシュレス社会に反発する都市が増えていることについて。現金よりも電子決済という傾向は急速に進展していくのだろうか?


従業員が選ぶ「働きたい職場 全米トップ100」

従業員が選ぶ「働きたい職場 全米トップ100」

アメリカでも就職するときには給料や福利厚生、職場環境、自由度など様々な点を考慮して企業を選ぶ。しかし従業員にとって、これらの条件の何が最も魅力なのかはわからない。そこで注目したいのが、従業員が自分の勤務先を評価した結果を集めたランキングだ。どんな企業が人気なのだろう?


なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

米アマゾン・ドットコム社の本社があるシアトルの街中で、無料のバナナ・スタンドを開始したのは2015年12月。昨年1月には配布100万本を達成し、来月末でスタンド開始から早3年が経とうとしている。同社は今後もバナナの配布を続ける予定だというが、なぜバナナなのだろう?


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング