【追記あり】日本の「あの犬」が、アメリカで密かにブームの兆し

【追記あり】日本の「あの犬」が、アメリカで密かにブームの兆し


 日本に限らず、アメリカでも犬は人気の高い動物だ。日本とは異なる住宅事情も手伝い、犬を飼っている人の数もとても多い。都会のひとり暮らしであっても、犬を飼いやすいサポートが充実していることも魅力だろう。

 日本ではまだ少ないかも知れないが、企業が積極的に「ペット同伴出社」を認めるケースも増えている。あのAmazon社も、ドッグ・フレンドリー企業として知られており、犬用おやつ、犬用の水飲み場などが用意されているほか、本社ビルには、エレベーターのサインにも人の絵と並んで犬の絵も描かれているほどだ。

 そんな彼らが愛犬と出会う場所は、シェルターが主流である。シェルターとは動物保護施設のことで、事情があって育てられなくなった飼い犬や猫、捨てられたペットなどが集められている。日本では犬、猫の殺処分がたびたび問題となるが、アメリカではシェルターからペットを引き取り、家で育てるケースが非常に多い。アメリカではこうした動物愛護の活動が、とにかく盛んで、シェルターがショッピングモールや学校などを借りてイベントを行い、行き場を失ったペットたちに新しい飼い主を見つける活動などは日常的に行われている。Statistic Brain Research Instituteの調べによると、2017年10月時点で確認されているシェルターの数は約5,000件。20年前の1997年には、わずか1,000件しか存在していなかったことからも、こうした活動が年々盛んになっていることがよくわかる。

 さて、それでもやはり、特定の犬種をペットにしたいという人もいる。ゴールデン・レトリバーやチワワなどは日本同様にアメリカでも人気が高いが、ライフ・スタイルやカルチャー情報を提供するネット媒体 CheatCheet が、今年の一位に選んだ「主人に忠実、飼いやすい犬」は、日本犬だった。その犬とは、「秋田犬」だ。

 秋田犬は、『忠犬ハチ公』のモデルとしても知られているが、ハチ公の物語はここアメリカでも人気がある。2009年には俳優リチャード・ギア主演によって映画化もされたが(邦題:『HACHI:約束の犬』)、亡くなった主人を駅で待ち続けるハチの姿は、多くの人の涙を誘った。映画の影響もあるのだろうか、秋田犬のブリード団体である「Akita Club of America」によると、映画の公開以降、秋田犬のオーナー人口は、20%ほど増加したという。アメリカン・ケンネル・クラブは、犬種ごとのブリーダークラブの中では、秋田犬のブリーダー組織が最も組織化されたネットワークが充実している団体だと評価している。犬が飼い主に忠実であるように、飼い主たちも他の秋田犬の飼い主たちと連携を強めながら、愛犬に対して忠実に愛を注いでいると言えそうだ。

 秋田犬とアメリカには、実に興味深いトリビアもある。日本からアメリカに初めて秋田犬がやってきたのは1937年、日本政府が、「奇跡の人」として知られるヘレン・ケラーにプレゼントしたのが、アメリカの秋田犬第一号なのだ。密かに人気を集めている秋田犬。この人気がどこまで成長するか、今から楽しみだ。

Akita Club of America: http://www.akitaclub.org

11 Things You Should Know About the Akita: https://yourdogadvisor.com/akita/

参照元: These Are the Most Loyal Dog Breeds You Can Own
アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 ペット

関連する投稿


無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

無償の愛! 高齢になった愛犬を救う、アメリカの非営利団体

お年寄りが大切にしていたペットが、飼い主の病気や死去のため、行き場を失ってしまうことがある。飼い主とともに高齢になったペットは、新しい貰い手を見つけるのが特に大変だ。アメリカには動物愛護団体が多いが、高齢のペットを支援している非営利団体もある。その活動内容は、高齢化が進む日本でも何かのヒントになるかも知れない。


猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

猫好き悶絶! キュートなバスボムの中身は?

暑くても寒くても、季節には関係なくアメリカで人気を博している入浴剤があるという。ソーシャルメディアの話題をさらっている入浴剤とは?


可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


シアトルの「犬を飼うならシェルター」事情

シアトルの「犬を飼うならシェルター」事情

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、犬を飼いたい人たちが増えているという話。全米でも「ドッグフレンドリー」な街で有名なシアトルでは、家族の一員として迎える犬を見つけるまでが一苦労という事態が発生しているという。


クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

クールなバブル・リュックに猫好き悶絶!

猫好きなアメリカ人の中には、犬と同じように猫を散歩に連れ出したいと願う人がかなりいる。そんな人たちのニーズを満たすべく開発されたリュック型バブル・キャリーバッグに愛猫を入れて出掛ける人たちの写真がインスタグラムを賑わせている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

米大統領選ガイド(2) 「予備選挙とその問題点」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング