日本の「あの犬」が、アメリカで密かにブームの兆し

日本の「あの犬」が、アメリカで密かにブームの兆し


 日本に限らず、アメリカでも犬は人気の高い動物だ。日本とは異なる住宅事情も手伝い、犬を飼っている人の数もとても多い。都会のひとり暮らしであっても、犬を飼いやすいサポートが充実していることも魅力だろう。

 日本ではまだ少ないかも知れないが、企業が積極的に「ペット同伴出社」を認めるケースも増えている。あのAmazon社も、ドッグ・フレンドリー企業として知られており、犬用おやつ、犬用の水飲み場などが用意されているほか、本社ビルには、エレベーターのサインにも人の絵と並んで犬の絵も描かれているほどだ。

 そんな彼らが愛犬と出会う場所は、シェルターが主流である。シェルターとは動物保護施設のことで、事情があって育てられなくなった飼い犬や猫、捨てられたペットなどが集められている。日本では犬、猫の殺処分がたびたび問題となるが、アメリカではシェルターからペットを引き取り、家で育てるケースが非常に多い。アメリカではこうした動物愛護の活動が、とにかく盛んで、シェルターがショッピングモールや学校などを借りてイベントを行い、行き場を失ったペットたちに新しい飼い主を見つける活動などは日常的に行われている。Statistic Brain Research Instituteの調べによると、2017年10月時点で確認されているシェルターの数は約5,000件。20年前の1997年には、わずか1,000件しか存在していなかったことからも、こうした活動が年々盛んになっていることがよくわかる。

 さて、それでもやはり、特定の犬種をペットにしたいという人もいる。ゴールデン・レトリバーやチワワなどは日本同様にアメリカでも人気が高いが、ライフ・スタイルやカルチャー情報を提供するネット媒体 CheatCheet が、今年の一位に選んだ「主人に忠実、飼いやすい犬」は、日本犬だった。その犬とは、「秋田犬」だ。

 秋田犬は、『忠犬ハチ公』のモデルとしても知られているが、ハチ公の物語はここアメリカでも人気がある。2009年には俳優リチャード・ギア主演によって映画化もされたが(邦題:『HACHI:約束の犬』)、亡くなった主人を駅で待ち続けるハチの姿は、多くの人の涙を誘った。映画の影響もあるのだろうか、秋田犬のブリード団体である「Akita Club of America」によると、映画の公開以降、秋田犬のオーナー人口は、20%ほど増加したという。アメリカン・ケンネル・クラブは、犬種ごとのブリーダークラブの中では、秋田犬のブリーダー組織が最も組織化されたネットワークが充実している団体だと評価している。犬が飼い主に忠実であるように、飼い主たちも他の秋田犬の飼い主たちと連携を強めながら、愛犬に対して忠実に愛を注いでいると言えそうだ。

 秋田犬とアメリカには、実に興味深いトリビアもある。日本からアメリカに初めて秋田犬がやってきたのは1937年、日本政府が、「奇跡の人」として知られるヘレン・ケラーにプレゼントしたのが、アメリカの秋田犬第一号なのだ。密かに人気を集めている秋田犬。この人気がどこまで成長するか、今から楽しみだ。

Akita Club of America: http://www.akitaclub.org

参照元: These Are the Most Loyal Dog Breeds You Can Own
アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 ペット

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。


パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング