トランプ政権の税金計画はリベラルな学生にも好評?

トランプ政権の税金計画はリベラルな学生にも好評?


 保守派のリーダーを育てるために設立された非営利団体「The Leadership Institute」が運営するネットメディア「キャンパス・フォーラム」が、10月半ばに発表されたトランプ政権の新しい税金計画に伴い、この新計画に対する人々の反応を調べる実験を行った。実験が行われたのは、ホワイトハウスから徒歩10分足らずの距離にあるジョージ・ワシントン大学だ。リベラルな名門校で、ワシントンD.C.という土地柄も手伝って政治や国際関係、公共政策分野の教育において特に優れていると知られる大学である。

 トランプ政権の税金計画に対して、リベラル派は予想通りに大反発。同校の大半の学生たちも政権の新計画には否定的だ。しかし、具体的な内容を把握して反対している人は、どれほどいるのだろうか?

 そこで同実験では、トランプ政権の計画内容の詳細を、リベラル派の多くが崇める「バーニー・サンダースの案だ」と説明して、学生たちの反応を見ることにした。果たして学生たちはどんな反応をしただろうか? 実験の様子を伝えるビデオはこちら。

 新しい税金計画には「子供たちのために税金還元を行う」、「死亡税を撤廃」、「小規模なビジネスに対する税金は25%以下に引き下げる」などの案が盛り込まれているが、これらを「トランプの代替え案として、サンダースが提案しているものだ」と説明して賛否を問うと、学生たちは非常に好意的な反応を示した。

 同実験を行った「The Leadership Institute」は1979年の設立以来、16万人を超える学生リーダーを育てた名門団体でもある。全米50州の議会に同窓生を輩出しており、現在の副大統領、マイク・ペンスもこの団体の出身だ。保守団体の企画なので、この実験にも映像にも「リベラル批判」が含まれているのは明らかだが、政治政策などの名門大学の学生たちが、税金計画の内容も把握しないまま「トランプ=拒否」という構図に陥っていることは現在のアメリカを見る上でも注目すべき点であろう。この実験にひっかかってしまった学生たちは、「トランプ大統領の名前を聞いた途端にバイアスがかかってしまう」と失笑しながら、恥ずかしそうにコメントしていた。

 ネガティブなバイアスを掛けられてしまうトランプ大統領本人が悪いのか、バイアスを結果的に広めてしまっている大手メディアが悪いのか、それとも勉強不足の学生たちが悪いのか……。実験のビデオは10月20日に公開されて以来、すでに85万回以上も再生されているが、この反響の大きさは何を物語っているのだろうか。

引用元:キャンパス・フォーラム
政治に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング