ポール・マッカートニーでふり返る私とエンタメ、旅の始まり

ポール・マッカートニーでふり返る私とエンタメ、旅の始まり


 夕暮れの東京で仕事を終えて、羽田空港からロサンゼルス行きの便に乗り込んだ。
今回の来日は4月中旬にオーストラリアから関空に到着したが、もう散ってしまっただろうと思っていた桜がまだ残っていて、可愛らしい花びらに迎えられてとても心が休まった。日本に帰ってきたのだ、と実感した。個人旅行なら桜の下でゆっくりしたかったが、そうもいかない。関空に到着するまでは怒涛のスケジュールだった。まずメキシコの仕事を終えてロス経由でシドニーに渡り、メルボルン、ゴールドコースで仕事をしてから大阪に入って新幹線で東京に移動。息つく暇もなかった。

 私は現在アメリカに在住し、フリーランスで主に音楽業界のライブ・コンサートをコーディネートする仕事に携わっている。4月の日本は海外アーティストの来日ラッシュで、私が知る限りでも20数アーティストが、規模の大小はあれど東京や大阪などでコンサートが予定されていた。

 今回の私の来日は“ R&B/Hip Hopの女王”と呼ばれるメアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)という女性アーティストの帯同。彼女との仕事は、今年で10年目を迎える。4月の来日ラッシュでコンサートのチケットの売れ行きを心配したが、大阪1回、東京2回に来場してくださったお客様の反応は熱く、温かいもので、メアリー自身も「日本のファンはR&B/Hip Hopをとても深く理解していて、ステージからもその情熱と愛を感じた。米国内ではビジネス化する一方で、音楽に対する理解も関心も薄れてきている。本当の音楽やアートをこれからも伝えていくのが私の仕事。またすぐに日本に戻ってきたい」と言っていた。

 彼女のこうした思いはとても共感できるものがある。偶然だが私自身この数年、「どうしたら 本当の音楽、真のアートを伝えていけるのか」、「もっと新しい才能を応援していきたい」、「社会に貢献したい」ということばかりを考えている。

 アメリカに帰国する直前、東京のホテルの部屋でテレビの音をBGM代わりに仕事をしていたら、ポール・マッカートニー(Paul Mccartney)が来日した様子が映し出された。テレビの全国ニュースで来日アーティストの様子が放映されるなんて、まるでバブル絶頂期の日本のようだ。そういえば1980年に学生だった私はポール・マッカートニー&ウィングス(Paul Mccartney&Wings)のコンサート・チケットを並んで購入して来日を心待ちにした、 ファンの一人であったことを思い出した。くしくもその時、ポールは麻薬不法所持のため成田空港で逮捕されてしまったが。

 そしてその10年後、彼の来日の際に私は彼のコンサートのスタッフとなっていた。招聘元のプロモーター会社に勤めていた関係で、上司の後ろで巨大なプロダクションの仕込みの手伝いを徹夜でこなした。当時のポールの妻で、バンドメイトだったリンダ・マッカートニー(Linda Maccartney)が ベジタリアン(ヴィーガンだったかも知れない)で、プロダクション・スタッフのお弁当にも肉が入ってはダメとなったことなどは、懐かしく思う出来事でもある。当時の日本ではベジタリアン対応が一般的ではなく、スタッフたちも体力を必要とする仕事なので肉なし弁当はきつい。そのため、スタッフたちは一旦、東京ドームの外に出て肉入り弁当を注文するなどして対応した。リンダの動物愛護に対する私たちの敬意はお弁当内容だけにとどまらず、私も含めたプロダクション・スタッフは全員、皮の靴やベルトなどの革製品着用禁止して、コンサートに臨んだ。

 ほかにもホテルでポール来日のニュースを見ながら、一瞬のうちに過去の思い出が次々と溢れ出てきた。2歳年上の兄の影響で小学生の頃からビートルズを聞き、外国映画や海外ドラマ鑑賞三昧の日々を過ごしたこと。高学年になるとイギリス留学を両親に懇願してかなり困らせたこともあった。そのとき結局、留学は実現しなかったが、英語だけはしっかり勉強して、成績も良かった。とは言っても、まさか自分自身が音楽に関わる仕事に就くとは思いもせず、音楽プロモーターに就職したのは、まったくの偶然だったが。 

 そして、その後も偶然が重なり、結果的にはアメリカを拠点にライブ・コンサートの仕事に関わって現在にいたるのだが、その道のりは決して平坦ではなかった。しかし、今からまた新たな挑戦をしようと思う自分がいる。これまでの経験を生かしつつ、さらに前に進むために、このコラムを通して過去を紐解くのもいいかもしれない。

この記事の寄稿者

日本生まれ、日本育ち。東京を拠点に複数の大手音楽プロモーターに勤務してキャリアを積んだ後に渡米し、2001年にアメリカで独立。ファンクの巨匠「アース・ウィンド&ファイヤー」(Earth, Wind & Fire)のツアー・マネージャー兼プロモーター、R&Bの女王、メアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)のツアー・コーディネーターなどを長きに渡って歴任。ビッグネームたちの舞台には欠かせない存在として、本場アメリカの一流の現場で活躍し続けている。音楽業界のほか、スポーツをはじめとする大型国際イベントなどのプロモーターとしても定評がある。ビジネスの現場はアメリカのみならず、日本、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなど世界中。世界のエンターテインメント市場で一線を走り続けている、数少ない日本人の一人。

関連するキーワード


エンタメ業界

関連する投稿


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ラスベガスが位置するネバダ州では公共での銃所持が合法だが、ラスベガスの各リゾートでは館内での銃やナイフの所持を禁止している。銃保持者の権利と、館内での安全を同時に守るために、ホテル側が考えた秘策とは?






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング