大統領の娘イヴァンカさんはパンク少女だった

大統領の娘イヴァンカさんはパンク少女だった


 これまでに三人の妻を持ったトランプ大統領。なかでも最初の妻だったイヴァナ・トランプさんとの間に生まれた娘、イヴァンカ・トランプさんに対する大統領の愛情の強さは広く知られており、大統領はホワイトハウスに彼女の専用オフィスを作ったほどだ。そんな愛娘イヴァンカさんの母、イヴァナさんが今月10日、『レイジング・トランプ』(Raising Trump)という題名の自伝を出版、本の中で引用されているイヴァンカさんの若い頃の話が話題になっている。どうも彼女は現在の外見とは裏腹に、「やんちゃ」だったらしい。

 著者である母イヴァナさんによると、娘のイヴァンカさんは1990年代初頭、当時の若者たちに大人気だったグランジロック・バンド「ニルバーナ」のボーカリスト、カート・コベインの大ファンだったという。1994年にコベインが自殺した際には、12歳だったイヴァンカさんは悲しみとショックで24時間にわたり号泣し続けたらしい。

 イヴァンカさんは、突然髪をブルーに染めて帰ってきたこともあったという。娘の青い髪を見たイヴァナさんは、慌てて近所の雑貨屋へ髪染め薬を買いに行き、娘の髪の毛を染め直したものの、元の色よりも三段階も明るいブロンドに染めてしまったそうだ。しかしイヴァンカさんは、その明るいブロンド色をたいそう気に入って、今でもその色の髪をキープしているという。このように本書には、タブロイド週刊誌が喜びそうなトランプ家のエピソードが満載なようだ。

 トランプ大統領の3人の子供たち(息子ドナルドジュニアとエリック、娘イヴァナ)を、どのように育てたのかをつづった本書。大統領のファンたちが購入するのか、それとも怖いもの見たさの人たちをそそるのか、購入者層に対しても興味が膨らむ新刊だ。

引用元: Ivanka Trump: I once had a 'punk phase'
トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……






最新の投稿


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング