大統領の娘イヴァンカさんはパンク少女だった

大統領の娘イヴァンカさんはパンク少女だった


 これまでに三人の妻を持ったトランプ大統領。なかでも最初の妻だったイヴァナ・トランプさんとの間に生まれた娘、イヴァンカ・トランプさんに対する大統領の愛情の強さは広く知られており、大統領はホワイトハウスに彼女の専用オフィスを作ったほどだ。そんな愛娘イヴァンカさんの母、イヴァナさんが今月10日、『レイジング・トランプ』(Raising Trump)という題名の自伝を出版、本の中で引用されているイヴァンカさんの若い頃の話が話題になっている。どうも彼女は現在の外見とは裏腹に、「やんちゃ」だったらしい。

 著者である母イヴァナさんによると、娘のイヴァンカさんは1990年代初頭、当時の若者たちに大人気だったグランジロック・バンド「ニルバーナ」のボーカリスト、カート・コベインの大ファンだったという。1994年にコベインが自殺した際には、12歳だったイヴァンカさんは悲しみとショックで24時間にわたり号泣し続けたらしい。

 イヴァンカさんは、突然髪をブルーに染めて帰ってきたこともあったという。娘の青い髪を見たイヴァナさんは、慌てて近所の雑貨屋へ髪染め薬を買いに行き、娘の髪の毛を染め直したものの、元の色よりも三段階も明るいブロンドに染めてしまったそうだ。しかしイヴァンカさんは、その明るいブロンド色をたいそう気に入って、今でもその色の髪をキープしているという。このように本書には、タブロイド週刊誌が喜びそうなトランプ家のエピソードが満載なようだ。

 トランプ大統領の3人の子供たち(息子ドナルドジュニアとエリック、娘イヴァナ)を、どのように育てたのかをつづった本書。大統領のファンたちが購入するのか、それとも怖いもの見たさの人たちをそそるのか、購入者層に対しても興味が膨らむ新刊だ。

引用元: Ivanka Trump: I once had a 'punk phase'
トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング