アメリカで流行りそうな日本の商品とは?

アメリカで流行りそうな日本の商品とは?


 先月の当コラム、「アメリカのフォーチュン企業の重要施策」では、アメリカのダイバーシティが、2042年から加速して変貌するという予測に触れたが、こうした流れの中で、人の「嗜好」も日々変化していると言える。今月は読者の方から、「アメリカで流行りそうな日本の商品があるならば、それは何だと思うか?」という質問が届いたので、それについて書かせて頂く。

 日本のたくさんの素晴らしい商品の中で、アメリカで売れるものは何だろうか? アメリカのダイバースなコンシューマー嗜好をすべて満足させるのは、当然のことながら難しい。ましてや、それらを機能や品質など、コンシューマーが望む形に松竹梅的に分け、バラエティ・ラインナップをつくって商材を市場に投下するのは、産業用の製品・機械・機器など、テクノロジー分野以外のリテール分野ではなかなか難しい話である。

 日本人は、ポピュラリティや人気度合い(マーケットシェアー)で商品の評価をするが、アメリカ市場では実価値に重きをおくような気がする。一般の消費者層(ミドル市場)を顧客ターゲットとしているのであれば、それは必要最低限の機能や品質を有した商品、「梅」であり、事業体は物流業に近く、サプライチェーンが勝負の鍵となる。「アメリカでの営業はエレベーター・ピッチ」で、日本より厳しいアメリカの営業市場について触れたが、ここでは相当に高いレベルでの価格(相当な価格競争力、安く)X価値(必要最低限のニーズに応えられる商品であること)というハードルに直面してしまう。

 それでは、比較的ハイエンドな「松」の商品群が多いとされる日本商品では、どのような消費者をターゲットとするべきだろうか? 売れそうな商品という切り口だけでは、ターゲットは絞りきれない。ターゲットとなり得る層が複数、しかも日本よりもたくさんあるアメリカのマーケットでは、それらを全て洗い出して整理し、それぞれのニーズにあわせたローカライズをすることは大変困難であるとともに、視点がぼやける傾向がある。

 具体的な商品を示すときりがないので、ここでは食を除くリテール向けの売れる日本商品の共通の大条件について考えてみた。まずは、日本商品で最もアメリカ人の消費者層に近い位置にいるものには、高いレベルの職人向け、玄人好み、マニア向けといったキーワードが並ぶ。いかなる分野においても世界中から人が集まるアメリカでは、それだけ多くの商品や情報も集まるものだが、消費者の愛好家・マニアについても相当なレベルであると言える。そのため日本でもトップ級の愛好家・マニアに好まれている商品が、アメリカでも売れる可能性が高い。こうした商品は大きなコミュニティを形成している可能性も高く、口コミやリピーター客獲得も期待しやすいだろう。また往々にしてこうした類の商品は私などよりもアメリカ人の方が詳しいくらいで、彼らから特定の商品ブランド名を言われて話をされても、分からないことがほとんどだ。

 最近、アメリカのマニアたちに聞かれたいくつかの日本商品の中で、知らなかったものとしては(ほとんど全て知らなかったが……)、釣り具の「ノリ・ルアー」であったり、筆記用具(ペン)の「パイロットのカスタムヘリテージ92」であったり、コーヒーの「カリタ ウェーブ・フィルター185」などがあげられる。ほかにも、ここには列記しきれないほど、たくさんの日本発マニアックな商品が、アメリカで愛されているのだ。つまり、マニアックなアメリカのマニア層をターゲットとして売れるものは、日本にはたくさん眠っているといえるだろう。

パイロット 万年筆 カスタムヘリテイジ92 FKVH15SRSNCFM 中細字

¥ 10,654

カリタ ウェーブフィルター185 (2~4人用) ホワイト 100枚入り #22199

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング