アメリカで流行りそうな日本の商品とは?

アメリカで流行りそうな日本の商品とは?


 先月の当コラム、「アメリカのフォーチュン企業の重要施策」では、アメリカのダイバーシティが、2042年から加速して変貌するという予測に触れたが、こうした流れの中で、人の「嗜好」も日々変化していると言える。今月は読者の方から、「アメリカで流行りそうな日本の商品があるならば、それは何だと思うか?」という質問が届いたので、それについて書かせて頂く。

 日本のたくさんの素晴らしい商品の中で、アメリカで売れるものは何だろうか? アメリカのダイバースなコンシューマー嗜好をすべて満足させるのは、当然のことながら難しい。ましてや、それらを機能や品質など、コンシューマーが望む形に松竹梅的に分け、バラエティ・ラインナップをつくって商材を市場に投下するのは、産業用の製品・機械・機器など、テクノロジー分野以外のリテール分野ではなかなか難しい話である。

 日本人は、ポピュラリティや人気度合い(マーケットシェアー)で商品の評価をするが、アメリカ市場では実価値に重きをおくような気がする。一般の消費者層(ミドル市場)を顧客ターゲットとしているのであれば、それは必要最低限の機能や品質を有した商品、「梅」であり、事業体は物流業に近く、サプライチェーンが勝負の鍵となる。「アメリカでの営業はエレベーター・ピッチ」で、日本より厳しいアメリカの営業市場について触れたが、ここでは相当に高いレベルでの価格(相当な価格競争力、安く)X価値(必要最低限のニーズに応えられる商品であること)というハードルに直面してしまう。

 それでは、比較的ハイエンドな「松」の商品群が多いとされる日本商品では、どのような消費者をターゲットとするべきだろうか? 売れそうな商品という切り口だけでは、ターゲットは絞りきれない。ターゲットとなり得る層が複数、しかも日本よりもたくさんあるアメリカのマーケットでは、それらを全て洗い出して整理し、それぞれのニーズにあわせたローカライズをすることは大変困難であるとともに、視点がぼやける傾向がある。

 具体的な商品を示すときりがないので、ここでは食を除くリテール向けの売れる日本商品の共通の大条件について考えてみた。まずは、日本商品で最もアメリカ人の消費者層に近い位置にいるものには、高いレベルの職人向け、玄人好み、マニア向けといったキーワードが並ぶ。いかなる分野においても世界中から人が集まるアメリカでは、それだけ多くの商品や情報も集まるものだが、消費者の愛好家・マニアについても相当なレベルであると言える。そのため日本でもトップ級の愛好家・マニアに好まれている商品が、アメリカでも売れる可能性が高い。こうした商品は大きなコミュニティを形成している可能性も高く、口コミやリピーター客獲得も期待しやすいだろう。また往々にしてこうした類の商品は私などよりもアメリカ人の方が詳しいくらいで、彼らから特定の商品ブランド名を言われて話をされても、分からないことがほとんどだ。

 最近、アメリカのマニアたちに聞かれたいくつかの日本商品の中で、知らなかったものとしては(ほとんど全て知らなかったが……)、釣り具の「ノリ・ルアー」であったり、筆記用具(ペン)の「パイロットのカスタムヘリテージ92」であったり、コーヒーの「カリタ ウェーブ・フィルター185」などがあげられる。ほかにも、ここには列記しきれないほど、たくさんの日本発マニアックな商品が、アメリカで愛されているのだ。つまり、マニアックなアメリカのマニア層をターゲットとして売れるものは、日本にはたくさん眠っているといえるだろう。

パイロット 万年筆 カスタムヘリテイジ92 FKVH15SRSNCFM 中細字

¥ 10,654

カリタ ウェーブフィルター185 (2~4人用) ホワイト 100枚入り #22199

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。学生時代は日本起業家協会の学生会長を務める。伊藤忠商事大阪本社・宇宙情報産業機械部門に勤務後、1999年よりシカゴのアイティエー・インク (I.T.A., Inc.) にジョインし、2005年より社長。日本の産業分野における対米進出支援、商社業務、リサーチ・調査、IT/テクノロジー支援を中心にニッポンのアメリカ事業部としての支援プラットフォームを構築。また、米国マイノリティ承認を取得し、大手企業へのCSRの一環であるサプライヤー・ダイバーシティ向上を支援している。

米オバマ大統領直轄ホワイトハウスのアジアアメリカ・メンバー(2年間)、 経済加速化イニシアチブに参加。他にも5つの団体で幹部や理事、ジェトロ・コーディネーター等に従事。支援しているインターンは500名以上。

関連する投稿


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

環境に優しくエシカルなダイヤモンドの婚約・結婚指輪の新市場

愛のシンボルといえるダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などが、市場価格の約80%オフで購入できるオンライン・ジュエリーストアがある。高級ジュエリーが安く購入できるのは、訳あり商品だからなのか?


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。






最新の投稿


米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

米アマゾン本社内のホームレス・シェルター、まもなくオープン

物価の急上昇と共に増え続けるホームレス。そのことが大きな社会問題になっているシアトルに本社があるアマゾンドットコム社が、同本社内にホームレスの人たちが使用できる宿泊施設をつくり、3月末までにはオープンする予定だ。


元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

元NBAスター選手コービー・ブライアント氏の追悼、米各地で

バスケットボール界を代表するNBAスーパースター選手だったコービー・ブライアント氏が26日(日本時間27日)、乗っていたヘリコプターが墜落し、41歳という若さで亡くなったことを受けて、米各地で追悼集会が開かれている。


OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

OKサインはOKじゃない!? アメリカでNGなジェスチャーとは

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は日本ではOKでも、アメリカではOKではないジェスチャーやポーズについて。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング