アメリカで流行りそうな日本の商品とは?

アメリカで流行りそうな日本の商品とは?


 先月の当コラム、「アメリカのフォーチュン企業の重要施策」では、アメリカのダイバーシティが、2042年から加速して変貌するという予測に触れたが、こうした流れの中で、人の「嗜好」も日々変化していると言える。今月は読者の方から、「アメリカで流行りそうな日本の商品があるならば、それは何だと思うか?」という質問が届いたので、それについて書かせて頂く。

 日本のたくさんの素晴らしい商品の中で、アメリカで売れるものは何だろうか? アメリカのダイバースなコンシューマー嗜好をすべて満足させるのは、当然のことながら難しい。ましてや、それらを機能や品質など、コンシューマーが望む形に松竹梅的に分け、バラエティ・ラインナップをつくって商材を市場に投下するのは、産業用の製品・機械・機器など、テクノロジー分野以外のリテール分野ではなかなか難しい話である。

 日本人は、ポピュラリティや人気度合い(マーケットシェアー)で商品の評価をするが、アメリカ市場では実価値に重きをおくような気がする。一般の消費者層(ミドル市場)を顧客ターゲットとしているのであれば、それは必要最低限の機能や品質を有した商品、「梅」であり、事業体は物流業に近く、サプライチェーンが勝負の鍵となる。「アメリカでの営業はエレベーター・ピッチ」で、日本より厳しいアメリカの営業市場について触れたが、ここでは相当に高いレベルでの価格(相当な価格競争力、安く)X価値(必要最低限のニーズに応えられる商品であること)というハードルに直面してしまう。

 それでは、比較的ハイエンドな「松」の商品群が多いとされる日本商品では、どのような消費者をターゲットとするべきだろうか? 売れそうな商品という切り口だけでは、ターゲットは絞りきれない。ターゲットとなり得る層が複数、しかも日本よりもたくさんあるアメリカのマーケットでは、それらを全て洗い出して整理し、それぞれのニーズにあわせたローカライズをすることは大変困難であるとともに、視点がぼやける傾向がある。

 具体的な商品を示すときりがないので、ここでは食を除くリテール向けの売れる日本商品の共通の大条件について考えてみた。まずは、日本商品で最もアメリカ人の消費者層に近い位置にいるものには、高いレベルの職人向け、玄人好み、マニア向けといったキーワードが並ぶ。いかなる分野においても世界中から人が集まるアメリカでは、それだけ多くの商品や情報も集まるものだが、消費者の愛好家・マニアについても相当なレベルであると言える。そのため日本でもトップ級の愛好家・マニアに好まれている商品が、アメリカでも売れる可能性が高い。こうした商品は大きなコミュニティを形成している可能性も高く、口コミやリピーター客獲得も期待しやすいだろう。また往々にしてこうした類の商品は私などよりもアメリカ人の方が詳しいくらいで、彼らから特定の商品ブランド名を言われて話をされても、分からないことがほとんどだ。

 最近、アメリカのマニアたちに聞かれたいくつかの日本商品の中で、知らなかったものとしては(ほとんど全て知らなかったが……)、釣り具の「ノリ・ルアー」であったり、筆記用具(ペン)の「パイロットのカスタムヘリテージ92」であったり、コーヒーの「カリタ ウェーブ・フィルター185」などがあげられる。ほかにも、ここには列記しきれないほど、たくさんの日本発マニアックな商品が、アメリカで愛されているのだ。つまり、マニアックなアメリカのマニア層をターゲットとして売れるものは、日本にはたくさん眠っているといえるだろう。

パイロット 万年筆 カスタムヘリテイジ92 FKVH15SRSNCFM 中細字

¥ 10,654

カリタ ウェーブフィルター185 (2~4人用) ホワイト 100枚入り #22199

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。学生時代は日本起業家協会の学生会長を務める。伊藤忠商事大阪本社・宇宙情報産業機械部門に勤務後、1999年よりシカゴのアイティエー・インク (I.T.A., Inc.) にジョインし、2005年より社長。日本の産業分野における対米進出支援、商社業務、リサーチ・調査、IT/テクノロジー支援を中心にニッポンのアメリカ事業部としての支援プラットフォームを構築。また、米国マイノリティ承認を取得し、大手企業へのCSRの一環であるサプライヤー・ダイバーシティ向上を支援している。

米オバマ大統領直轄ホワイトハウスのアジアアメリカ・メンバー(2年間)、 経済加速化イニシアチブに参加。他にも5つの団体で幹部や理事、ジェトロ・コーディネーター等に従事。支援しているインターンは500名以上。

関連する投稿


可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカらしい新ビジネス、社会貢献を定期購入?

アメリカでは社会貢献活動が生活の一部に根付いている。寄付やボランティア活動など、多くの人が何らかの形で定期的に社会や地域を良くするための活動を支援しているが、そんなアメリカにおける文化的な慣習に目をつけた、ちょっと変わった新しいビジネスが登場して話題になっている。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?






最新の投稿


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月23日〜29日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月23日〜29日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング