アメリカ女子悶絶! イケメン消防士の恒例チャリティー・カレンダー

アメリカ女子悶絶! イケメン消防士の恒例チャリティー・カレンダー


 毎年この時期になると、本屋や雑貨屋、スーパーマーケットなどの店頭には様々なデザインの翌年用カレンダーが登場する。アメリカでは慈善活動を行う非営利団体が、「寄付金を集めるツール」としてカレンダーを作ることが多いが、なかには毎年、大勢のアメリカ女性が心待ちにしているシリーズもある。そのひとつが、サウスカロライナ州にある動物愛護団体、Charleston Animal Societyが設立した「Toby’s Fund」が、毎年販売する「イケメン消防士たちがモデル」のカレンダーだ。

 この消防士のカレンダーは、「目のやり場に困る」ほど、美しい消防士たちが並んでいる。鍛え上げられた身体、モデル顔負けの甘いマスクの消防士たちは、なぜかみんな上半身裸で、保護された動物たちを抱きしめてほほ笑んでいる……。2018年のカレンダーは団体の地元チャールストンと、ニュージャージー州オーシャンシティの消防署の消防士たちがモデルになったが、美しすぎる筋肉美に悶絶する女性も多く、売り上げは今年も上々だという。ちなみに、昨年のカレンダーのメイキング・ビデオはこちら。

 同団体の特徴は、虐待され、傷ついた動物たちを積極的に保護している点にある。団体の施設へ運ばれてきた動物たちは、何等かの医療行為を必要としている場合が多く、同団体で動物たちの命を繋ぎとめる処置をした後、回復するまで大切に保護する。そうして回復した動物たちは、新しい飼い主の元へ巣立っていく、という活動を根気よく続けている。しかし、この活動と消防士たちの間には、どんな接点があるのだろうか? 

 両者の接点は、同基金の名称にもなっている「Toby(トビー)」という犬だ。ゴールデンレトリバーのミックス犬のトビーは、全身に化学薬品を使われた火傷を負って愛護団体に運ばれてきた。瀕死の重傷を負ったトビーの命は、その時点でほぼ絶望的に近かった。誰もトビーが新しい飼い主に引き取られ、幸せに暮らすことなど想像すらできなかったが、愛護団体の保護のもと、トビーは生きることをあきらめず必死に戦い抜き、奇跡の回復を遂げた。

 トビーの物語は多くの人々に勇気と感動を与えた。アメリカでは、危険と隣り合わせの仕事に就く消防士たちは、「不屈の精神をもつヒーロー」として尊敬される存在でもある。同団体は、全身に火傷を負っても回復した犬と、自らの危険を顧みず炎と戦う消防士たちの雄姿を重ねたカレンダーの制作を提案し、消防士たちもトビーの物語に心を動かされたという。この愛護団体は1874年から活動を続ける歴史ある団体だが、2014年に同寄金を設立し、このカレンダー・プロジェクトを開始。カレンダーは瞬く間に全米で話題となり、売り上げも年々あがり続け、既に75万ドルもの寄付金を集めている。

 これは非営利団体が資金を集めるひとつの成功例とも言えるが、同団体が1年間に必要とする動物たちへの医療費は50万ドルにも上るため、カレンダーが成功していても、運営費はまだ足りないそうだ。同団体が年間に保護する動物の数は約9,000頭で、そのうち医療行為が必要な動物は7割以上にもなるという。

 この団体に限らず、「半裸イケメン消防士のチャリティー・カレンダー」は、アメリカのみならず欧州でも販売実績がある。また、支援団体も動物愛護団体だけでなく、このようなチャリティーは各地で行われている。ちなみに今回ここで紹介したカレンダーのイケメン消防士たちで目の保養をしたい方、あるいは純粋にこの団体の活動を支援したいという方は、こちらのリンクへどうぞ。

アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 消防士 女性

関連する投稿


ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

アメリカのトップ500企業において、昨年は史上初めて女性がCEOの企業数が32社まで増え、全体の約6%となった。しかし今月6日、ペプリコのリーダーとして12年間、同社を牽引してきた敏腕女性CEO、インドラ・ヌーイ氏が秋に退任することを発表し、米大企業における女性経営者のパイオニアが経営の第一線から退くことを惜しむ声があがっている。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング