アメリカでは喜ばれない、日本式「おせっかい」

アメリカでは喜ばれない、日本式「おせっかい」


 日本人にとって「おせっかい」とは、都会の下町や田舎の街などで日常的に見られる「老婆心」や「義理人情」と同意語であり、それらは善意そのものだろう。しかし、アメリカ人には、それを理解する感覚も文化もない。

 ひとつ例を挙げよう。先日、ロスアンゼルスの韓国街にあるサウナ、日本でいうならば健康ランド的な公衆の場で起こった出来事だ。そこに置かれていた自動販売機でコーヒーを買い、販売機用の紙コップでコーヒーを飲んだ後に、横にあった無料の水の浄水器の水を同じ紙コップを使って飲んでいた。すると、たまたま掃除をしていた健康ランドのオーナーの韓国系アメリカ人の女性が、怒った様相で私のところへ近づいて来て、「あんた! この紙コップはタダではないの! それは、お金を払ってコーヒーを飲んだ人だけが使用できるやつなの。その浄水器の飲料用には、そこにあるもっと安い小さな紙コップを使用するのよ!」と捲し立てた。

 私がコーヒーの紙コップを使って水を飲んだのは、別の紙コップを使うのはもったいないと考えたからだ。こちらとしては気を遣ったにもかかわらず、怒鳴られる結果になった理由は、無料の水を飲むために用意された安い紙コップではなく、有料商品用の紙コップを勝手に使用するという人たちがたくさんいるからなのだろう。私は頭に来ながらも、オーナーに事情を説明して理解してもらったが、アメリカ的にいうなら「勘違いされるような行為をする方が悪い」のである。コーヒーは有料専用の紙コップで飲み、無料の水はそれ専用の紙コップで飲むべきだったのだ。

 日本人はついつい気をまわしたり、「おせっかい」をし過ぎる傾向がある。しかし、「こうしてあげた方が、きっと良いだろう」という考え方や、「その人のために敢えて伝えてあげる」などの言動をしても、アメリカ人にはその根底にある想いは伝わらないと思ったほうがよい。そもそも、そんなことをしたり、発言することの意味自体が彼らにはわからないのだ。

 私も日本人の顧客には、「ここまでやるか」というほどのサービスをするが、アメリカ人の顧客に同じことをしても無駄なので、基本的なことしか行わない。日本人ビジネスマンへのサービスと同じことをアメリカ人ビジネスマンにしても、同じ効果はないからだ。例えば、日本人のビジネスマンで、アメリカ企業との最初のミーティングで手土産を渡そうとする人が多いが、それは「日本人が良いと考えること」であって、アメリカにはその文化はない。アメリカ人の中には、知らない人からいきなり食べものを差し出されて、「毒でも入っているのでは?」と考える人もいるため、喜ばれないことすらある。頼んでもいない手土産を持参した日本人の中には、「お土産を渡したのに何もお返しがない」と嘆く人もいて驚かされるが、やり過ぎは禁物であると言い良い例だろう。日本のお土産文化も、お中元やお歳暮のような文化はアメリカにはないので、「物をもらったから、お返しをする」という考え方は彼らの頭の中にはない。残念ながら「何かもらった、ラッキー」くらいに思う程度だ。アメリカでは、ビジネス相手とはビジネスライクに付き合うべきである。

ビジネスに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング