最新研究 お酒を飲むと外国語がうまくなる説は事実?

最新研究 お酒を飲むと外国語がうまくなる説は事実?


 英語やフランス語などの外国語は、読み書きの習得よりも、流暢に会話することの方が難しいと感じている人は多いだろう。以前から「お酒を飲むと、英語がペラペラ話せる」という説は出ていたが、先日この説が「どうやら本当らしい」という研究結果が発表された。

 精神薬理学の専門誌『Journal of Psychopharmacology』(精神薬理学ジャーナル)に先月18日に発表された論文によると、オランダのマーストリヒト大学にてドイツ語を母国語とする50人を対象にオランダ語で会話をさせる実験をした結果、お酒を飲まずに実験に参加した人たちよりも、お酒を飲んでから実験に参加した人たちの方が外国語を流暢に話せることがわかったそうだ。

 この実験では参加者の半分が水を、残りの半分はアルコール飲料を飲んでから外国語で2分ほどのカジュアルな会話をし、その内容をネイティブの審査員が採点。その結果、 アルコール飲料を飲んだ人たちの方が、ネイティブの審査員による得点が高かった。なかでも特に、飲酒をした人はそうでない人たちよりも発音が良いという結果が出たそうだ。

 同論文では、1972年に行われた「アメリカ人に少量の飲酒をさせてタイ語を発音させた実験」を例に出し、これは「ドイツ人とオランダ語」に限ったことではないと述べている。外国語を話すという心配が飲酒によって減る、つまり気持ちが大きくなることで恥ずかしがらずにうまく発音できることを指摘している。

 ここで重要になるのは、飲酒する量だ。この実験では体重68kgの男性で缶ビール1本程度を飲んで行なわれ、少量であることが重要だとしている。それ以上の量を飲むと、実力よりも自信を持ちすぎてしまったり、自分で勝手に評価を高めてしまったりという悪影響が出てしまうらしい。飲みすぎると発音が良くなるどころか、単語をつっかえたり、ろれつが回らなくなることもあるので、いくら外国語を流暢に話したくても、飲みすぎは禁物ということである。

引用元: It's True: Alcohol Helps You Speak a Foreign Language Better
アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


英語 アメリカ人 移民

関連する投稿


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング