ルールは絶対!……ではない

ルールは絶対!……ではない


 日本では「氷上の格闘技」と呼ばれ、荒々しい肉弾戦が強調されるアイスホッケーだが、パック(球技におけるボールに相当する硬質ゴム製の円盤)を持っている選手の体に激しく体当たりする「チェッキング」が許されるのは、実は一部のカテゴリーだということは、日本のホッケー関係者の中ですら、あまり知られていない。

 例えばアメリカでは、12歳以下のカテゴリーでは統括競技団体USA Hockeyのルールとしてチェッキング禁止、パックを取り合う際に体を寄せ合うボディコンタクトのみが許されている。これは、怪我などがあったとき、若年者に適切なルールを検討・適用しなかった責任を問われる訴訟を避けるためだけでなく、基本的なスキルを習得すべき年代では身体的なプレッシャーを減らし、スケーティングやパックコントロールの練習と実践に集中するための育成戦略でもある。ボディコンタクトのみのルールはIIHF(国際アイスホッケー連盟)が女子ホッケーのルールとして定めており、そこは日本でも同様だ。

 それではアメリカでは、12歳以上のホッケーはすべてチェッキングありのフルコンタクト・ルールになるかというと、そうではなく、レクリエーション的なリーグではチェッキング禁止が原則である。日本でも近年レクリエーション的なリーグ等で独自にチェッキング禁止ルールを導入し始めたが、初心者から始めた選手が多い大学ホッケー下部リーグや、小学校低学年のチェッキングを禁止するルールが国として導入されていないのは、世界でも日本くらいだろう。

 アイスホッケーのルールはIIHFで定められ、毎年少しずつ改定されていくが、アメリカのユースホッケーでは、年齢とレベルに合わせて、驚くほど柔軟にルールを適用している。十年以上前に国際的に改定されたルールであっても、ユースホッケーやレクリエーションホッケーの実情に合わないと判断されて適用されていないルールがいくつもある。特に近年は攻撃が有利になるルール改訂が多いが、ユースホッケーでは攻撃的になりすぎると、大量失点を恐れてスキルや経験値の低い子供たちを出場させにくくなる可能性があるため、攻撃有利の新ルール適用は見送られる傾向がある。国際ルールでプレーする、高いレベルの競技ホッケーまで到達する子供たちは、実際にはほんの一握りなので、ルールを一律に適用するよりも、実情に合わせて柔軟に適用する方が有益であるという、アメリカ的な合理主義がここに垣間見られる。

 国際ルール改正の度に、自動的に新ルールが通達され、ホッケーのスキルも身体も未熟な子供たちや、熟年の生涯ホッケー選手、ボランティアのオフィシャルまでもが右往左往しながら新ルールを周知し、遵守しようとする日本とは対照的だ。

 日本ではスポーツに限らず、一般的に規則の遵守が最優先だ。そのため規則が対象集団の実情に即していなくても、自分たちを規則に合わせようとするが、当然無理や不利益が生じる。さらに、規則の合理性が問われたり、論じられることは少ないので、実情に即さない規則が延々と放置されがちである。

 USA Hockeyではルール改正案をなんと毎年一般公募して、良案はルール委員会で議論の対象とされる。正に民主主義。規則は組織のためにあり、組織が規則の奴隷となることを防ぐ工夫は、硬直化しがちな日本の組織でも是非参考にしたいものである。

スポーツに関する記事 >

この記事の寄稿者

 筑波大学大学院体育科学研究科修了。USA Hockeyコーチ・ライセンスの最高位、Level 5(マスターコーチ)を保有。1997年に北米に渡り、日本人として初めてカナダのAAAレベルとアメリカNCAA(全米大学体育協会)でコーチを務める。
 帰国後、アジアリーグ日光アイスバックスのテクニカル・コーチを経て、2006〜12年は北米、2012〜13年はトルコ、2013〜15年は香港で男女代表チームを指導。
 2015年に米国へ移住し、NHLアリゾナ・コヨーテズのユースチーム他、世界各地のホッケーキャンプで指導。現場での指導の他、競技人口や競技施設を効率的に配置し、最適化された競技環境を構築する「競技構造」という概念を考案、研究している。

関連するキーワード


教育 子供 アメリカ人

関連する投稿


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング