なぜテキサスは、アメリカで最も死刑執行数が多いのか?

なぜテキサスは、アメリカで最も死刑執行数が多いのか?


 アメリカでは建国以来、長年にわたり最高刑として死刑が存在していたが、1972年に最高裁が「死刑は残酷であり、“残酷かつ異常な刑罰を与えてはならない”と記した合衆国憲法補正第8条に違犯する」という判決を5対4で下し、死刑が違憲とみなされた。

 その後、最高裁で違憲判決を下した5人の判事の1人であるリベラル派のダグラス判事が1975年に亡くなり、代わりにやや保守的な中道派のスティーヴンス判事が加わった。そして1976年、新しいラインナップになった最高裁は、「罪が非常に重大な場合、死刑は補正第8条に違犯しない」と定め、34州(※注1)で死刑制度が復活したのである。

 以降、これらの州で1,463人の死刑が執行されたが、そのほぼ4割に当たる544件がテキサス州で執行されているため、英語では死刑のことを「Texas justice(テキサスの正義)」と呼ぶことがある。テキサス州の住民のほぼ半数は保守的なプロテスタントで、彼らは旧約聖書の出エジプト記に出てくる「Thou shalt give life for life, eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot, burning for burning, wound for wound, stripe for stripe」、つまり「命には命、目には目、歯には歯、手には手、足には足、やけどにはやけど、傷には傷、打ち傷には打ち傷をもって償うべし」という同害報復の掟を信じている。

 そんな背景も手伝い、テキサス州はもともと死刑を受け入れやすい土壌であるのだが、彼らの死刑支持を決定的にしたのは殺人鬼・強姦犯のケネス・マクダフだった。マクダフは1966年に、16才の少女と15才、17才の少年を誘拐し、少女をレイプした後に3人を殺した罪で死刑を宣告されたものの、1972年に最高裁が死刑を違憲としたおかげで処刑を免れ、終身刑に減刑された。

 その後、テキサス東部地方裁判所でリベラル派なジャスティス判事が、「人道的囚人対策の一環としてテキサスの全ての刑務所にケーブルTVと卓球台を設置し、監房の面積を広げるべき」と主張。そして1989年に同判事は「囚人密度が高すぎる刑務所に囚人を閉じこめておくのは非人道的」という理由で、マクダフを含む127人の殺人犯(そのうち20人が死刑囚)を仮釈放した。

 釈放された彼らの多くは、仮釈放後すぐに様々な罪を犯して刑務所に舞い戻ったが、特にひどい罪を犯したのがマクダフだった。マクダフは出獄後の約2年間で5人の若い女性を残忍な方法で殺害した罪で1992年に逮捕され、翌年に死刑を宣告され、1998年に刑が執行された。当時を知る40代以上の人々の多くは、「予定通りにマクダフを死刑にしておけば5人もの若い女性が殺されずに済んだ。この悲劇は1972年に左傾の最高裁が死刑に対して違憲判決を下し、リベラル派のテキサスの判事がマクダフを仮釈放したせいだ」という見解だ。テキサスでは若い世代の人々も、この事件を親や年上の知人から聞かされているため、テキサス人の多くが死刑は適切な処罰だと信じているのである。

 つまりテキサス人は、リベラル派の判事たちの過剰な人道主義が招いた悲劇を反面教師として、死刑の意義を「身をもって悟った」のであろう。ちなみに「目には目を」という教えは、「目をひとつつぶされても、報復という名目で相手の両目をつぶすな」、つまり「必要以上の報復をするな」という意味である。旧約聖書が書かれた時代は、けんかで腕を折られたことへの報復として、加害者を殺すなどの過剰な仇討ちが横行していたため、同害報復は当時の人々にとっては人道的な仇討ちのルールだった。

 また、新約聖書ではイエスが同害報復を批判して、「悪人に手向かうな。もし誰かがあなたの右の頬を打ったら、その者にもう一方の頬も向けなさい。あなたのことを訴えて下着を奪おうとする者には上着もあげなさい」と教えている。そのため、リベラルなクリスチャン及びカトリック信者は、旧約聖書の一節よりもイエスの言葉を重視して死刑に反対している。

※注1死刑を復活させた州:
アラバマ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、コネチカット、コロラド、デラウェア、フロリダ、ジョージア、アイダホ、イリノイ、インディアナ、カンザス、ケンタッキー、ルイジアナ、メリーランド、ミシシッピー、ミズーリ、モンタナ、ネブラスカ、ネヴァダ、ニュー・ハンプシャー、ノース・キャロライナ、オハイオ、オクラホマ、オレゴン、ペンシルヴァニア、サウス・キャロライナ、サウス・ダコタ、テネシー、テキサス、ユタ、ヴァージニア、ワシントン、ワイオミング
法律に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

テキサス州で「6才の男の子の性転換」が裁判に?!

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。新年の初回はテキサスで行われている裁判、「6才男児はトランスジェンダーなのか、否か」が全米の注目を集めていることについて紹介しよう。


2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

2019年、「狂気vs正気」アメリカはどこへ?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。2019年は米大統領選挙の前年。次期大統領候補者についての話題が増えるのは必須だ。ますます国の分断が進みそうな予感だが……?


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


年の瀬に「真の多様性」を考える

年の瀬に「真の多様性」を考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙の影響もあり、リベラルと保守の対立を感じるニュースが目立った今年。しかし年の瀬は真のアメリカの良さを感じることも。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング