イヴァンカ訪日で注目?! 日本の「女性警官精鋭部隊」

イヴァンカ訪日で注目?! 日本の「女性警官精鋭部隊」


 ここアメリカでも、トランプ大統領の訪日について、様々なニュースが取り上げている。なかでも、娘のイヴァンカ・トランプさんに対する日本の歓迎ぶりは話題の的。安倍首相がニッコリ笑ってイヴァンカさんの36歳の誕生日を祝った写真も、あちこちに拡散されている。

 例えばビジネス誌『フォーチュン』では、「なぜ日本は、これほどまでにイヴァンカが好きなのか?」という記事を掲載。日本のテレビ局大手4社が、空港にまで駆けつけてイヴァンカさんの到着映像を撮影した様子を驚きと共に報じながら、「成功した起業家であり、よき妻、よき母である彼女は、アジアの女性たちにとってスタイル・アイコンであり、特に日本のように結婚して子供をもつと仕事の一線から離れる傾向がある国の女性にとっては、イヴァンカは憧れの存在でもあるのだろう」という、独自の分析まで展開している。

 さて、このイヴァンカ・フィーバーに伴い、密かな注目を集めているのが、警視庁が新たに編成した女性警官だけの「警戒部隊」の存在だ。先の『フォーチュン』誌も、「日本はイヴァンカさんらのために、女性警官だけの護衛組織まで準備した」と報じている。11月1日に行われた警備訓練の様子は独立系の動画ウェブニュースを中心に多く取り上げられ、スーツで整列する凛々しい日本の女性警官たちに羨望のまなざしが注がれた。

動画ニュースの一例はこちら。

 女性の要人たちのために日本が準備した警備にまで及ぶ、きめ細やかな「おもてなし」。2020年の東京オリンピックを前の「日本」という国のPRに、女性警官たちもひと役買ったと言えるだろう。

引用元:Japan Can't Get Enough of Ivanka Trump

トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はトランプ大統領による北朝鮮への制裁に対して、両者の意見を聞く。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング