トランプ政権が更生保護施設の援助を削減

トランプ政権が更生保護施設の援助を削減


 トランプ政権は、連邦受刑者のための更生保護施設の支援を削減し、ここ数カ月で16施設との契約を解除した。このため一部の受刑者は刑務所に収容される期間が長引くことが懸念されている。更生保護施設は、受刑者が自立更生して社会復帰を円滑に行えるよう手助けするための施設で、結果として再犯を防止するという重要な役割を担っている。

 今回の変更は、麻薬犯罪の追訴や違法移民の犯罪の摘発を積極的に推進してきたジェフ・セッションズ司法長官の政策と一致している。セッションズ長官は、被告に対して証明可能な最も重い刑を負わせるようにと検察官に命じたことでも知られている。犯罪者には厳しく、という現政権の姿勢をRedとBlueはどう捉えるか?

出典『ロイター通信』
元記事:Trump Administration Reduces Support for Prisoner Halfway Houses

RED: 刑期を務めきれないなら、犯罪を犯すな
“If you can’t do all of your prison sentence, then stop committing crimes”

 若い頃に軍隊にいた際、かつての私の指揮官は「失敗しろ、犯罪は犯すな」と言ったものだ。この記事はひとつの事実に短縮できる。この記事を書いた記者は、トランプ大統領が更生施設の数を削減しているため、アメリカの囚人たちが仮釈放(刑期を全うする前に釈放されること)されそうにないことを心配している。これは何かの冗談だろうか? 人は、ちょっとした偶然で連邦刑務所に入ったりするものではない。深刻な犯罪を犯したから入るのだ。しかも、誰も彼らに法を犯すようにと強制もしていない。法を犯すとは、強盗、殺人、レイプ、人身売買、麻薬販売などをすることだ。もし、人々が刑務所に入らないようにしたいと考えるならば、犯罪者たち(そして犯罪を犯そうと考えている者たち)に、まずは罪を犯さないようにと教えるべきだ。


BLUE:トランプはまた計算を間違えた
“Trump Gets His Math Wrong Again”

 1万人に7人以上のアメリカ人が、刑務所に収容されている。その数は200万人を超えている。この数字は、軽犯罪を犯した人が収容される拘置所のことではなく、もっと重罪を犯した人が収容される刑務所の数だ。

 更生保護施設では、重犯罪者が刑期を終えてそのまま社会に戻るのではなく、彼らが社会復帰するための安全な方法を指導する。重罪を犯した囚人は、刑期の最後を刑務所ではなく更生保護施設で過ごし、そこでトレーニングやカウンセリングを受けて、生産的な社会の一員となる方法を学ぶのである。

 これらの施設は、政府にとって節約の助けにもなっている。囚人を刑務所に収容するよりも、施設に入れる方が1日あたり1人に付き7ドル安いからだ。しかし、ビジネスマンであるはずのトランプ大統領は、囚人を刑務所につなぎとめて年に100万ドルを余計に使う方がいいと考えているらしい。更生保護施設にいかずに刑務所から出たばかりの元囚人は、再び犯罪を犯す可能性が高くなる。それは政府にとってより多くの出費の原因となり、盗品、暴力、不動産価値の低下など、社会にも負担をもたらすことになる。トランプがまた計算を間違えて、そのせいでアメリカの国民は苦しめられることになるのだろう。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

犯罪・事件に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。


冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は4月28日に開催されるホワイトハウス記者協会主催の恒例夕食会を、トランプ大統領が再び欠席したことについて、リベラル派としての見解を述べる。






最新の投稿


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


未来の起業家育成は地域が応援!

未来の起業家育成は地域が応援!

アメリカ全土で、子供のための「起業家教育」プロジェクトが盛んになってきた。全米で最も大きな起業家育成イベントは、「Acton Children's Business Fair」という、地域社会を巻き込んだ子供のための「起業フェア」だ。これは、どのように運営されているのだろう?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング