スタートアップ企業が失敗する理由ベスト20

スタートアップ企業が失敗する理由ベスト20


 アメリカでは毎日たくさんの新会社が起業する。なかには2005年にアクセル・パートナーズが約16億円($14,800,000)を投資したフェイスブック社のように、出資額の378倍ものリターンになった驚愕の成功例もあるが、ほとんどのスタートアップ企業は失敗に終わる。米調査会社CB Insightsが独自のデータを収集し、スタートアップ企業が失敗する上位20の理由をまとめた。そのうちトップ10の理由は以下の通り。

1位 市場に求められなかった (42%)
2位 現金がなくなった (29%)
3位 チーム構成が良くなかった (23%)
4位 競争に負けた (19%)
5位 価格が勝てなかった (18%)
6位 商品が悪かった・ビジネルモデルが悪かった (同位 17%)
8位 マーケティングが悪かった・消費者を無視してしまった (同位 14%)
10位 商品のタイミングを間違えた、フォーカスがズレた、投資家やチーム内に不調和が生まれた (同位 13%)

 同社によると、テック起業の70%が最初に資金調達から20カ月後に失敗し、消費者ハードウエア関連起業の場合はその97%が失敗するという。アメリカン・ドリームをゲットする道は、なかなか険しそうだ。

引用元:The Top Reasons Startups Fail
起業に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


起業 企業

関連する投稿


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


アメリカのフォーチュン企業の重要施策

アメリカのフォーチュン企業の重要施策


トランプ政権、起業家ビザ凍結。移民起業家はカナダへ企業移転を検討

トランプ政権、起業家ビザ凍結。移民起業家はカナダへ企業移転を検討

引用元『'Startup Visa' program delayed, impacts startups』:https://goo.gl/kApWHz


アメリカでの営業はエレベーター・ピッチ

アメリカでの営業はエレベーター・ピッチ


契約社会のアメリカで「信じてはいけないこと」

契約社会のアメリカで「信じてはいけないこと」






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング