アメリカは核ミサイル反撃を24時間警戒態勢へ

アメリカは核ミサイル反撃を24時間警戒態勢へ


 核ミサイルを保有する全米の空軍基地では、大統領命令が下り次第、24時間態勢でB-52を発射できる準備を整えている。これは米・ソ冷戦が集結した1991年以来の緊張状態だ。この動きの背景には、急速に進む北朝鮮の核兵器開発、北朝鮮に対するトランプ大統領の挑発的な姿勢、ロシアの活発な軍隊活動などがある。アメリカの防衛、国家安全に関連するニュースに特化したメディア『Defense One』の記者が、ロサンゼルスのバークスデール基地を独占取材した。この緊迫した現情勢をRedとBlueはどう受け止めているのだろうか?

出典『Defense One』
元記事:EXCLUSIVE: US Preparing to Put Nuclear Bombers Back on 24-Hour Alert

RED: アメリカが再び本気になったということだ
“America means business again ”

 前大統領バラク・オバマが就任した2009年から2016年の8年間、世界はアメリカを真面目に捉えなかった。バラク・オバマが用いた「まずは謝罪して」世界の独裁政権や殺人政権をなだめるという戦略は、もちろん状況を改善することはできなかった。そもそも、そんな戦略はうまくいくはずがない。しかし、オバマ前大統領のような軍隊経験も外交経験も全くないリベラル派の半植民地主義者はナイーブで、自分が相手にしているのは自分と同じように話し合いを好む人々だと考え、イランのようなイスラエルの破壊とユダヤ人の破滅を誓った国の指導者であるという認識がなかったのだ。

 さて今やトランプ大頭領の元、金正恩のような武力を用いて威嚇する道化者への対応の違いがよくわかる。トランプ大統領は、アメリカの戦略核兵器を警戒状態に置くことで、世界、特に平壌の指導部に対して「アメリカは本気」だと表明しているのだ。


BLUE:それよりも我々の核兵器を解体すべきだ
“We Should Be Dismantling Our Nuclear Weapons Instead  ”

 冷戦は26年前に終わっている。以来、世界の指導者たちは、核兵器の保有量を減らすために努力してきた。オバマ前政権の下で、アメリカはようやくイランとの核兵器条約に調印することができたのだ。

 トランプは今、こうした進展を全て反故にすると脅している。彼は「外交」という言葉をまったく理解していないように見える。核兵器に対する彼の態度は恐ろしいというほかない。イラン条約を尊重することを拒否し、アメリカの核兵器を10倍増やすよう提案していることが報道されている。さらに悪いことに、トランプが世界的な緊張状態を作り出していることで、他国が核兵器を作り出す可能性もある。

 トランプになんらかの自制心があれば、我々は核爆撃機を警戒態勢に置く必要はないはずだ。しかし現実はそうではなく、トランプが発する全ての発言と脅しは、世界平和の機会を着実に遠ざけている。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

アメリカ軍に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


米軍 ロシア 兵器

関連する投稿


大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

大人の社会科見学!アメリカ省庁探訪

 アメリカの政府関連施設は、一般に内部を公開している機関も少なくない。施設見学に加えて、その機関ならではの「不思議なお土産」に出会えるのも魅力のひとつだ。その一部を紹介しよう。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。









最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング