セッションズ司法長官、MS-13を犯罪特別対策部隊の優先標的に

セッションズ司法長官、MS-13を犯罪特別対策部隊の優先標的に


 ジェフ・セッションズ司法長官は先月13日、組織犯罪薬物取り締まり特別対策部隊の優先事項として、ストリートギャングのMS-13を指定したと発表した。今回の決定を長官は、国際的な犯罪組織MS-13が麻薬取引に関与していることを特に重要視し、海外からの麻薬流入および不法移民を阻止するのが目的だとしている。同部隊の従来の取り締まりの対象は、麻薬取引とマネーロンダリング(資金洗浄)に絞られていたが、今年の予算によってMS-13に関することであれば殺人追訴から銃器の侵害まで、幅広い関与が可能になった。セッションズ長官が取り組むMS-13取り締まり強化が意味するものは何なのか?

出典『ワシントンポスト』紙
元記事:Sessions Unleashes Organized Crime Task Force on MS-13

RED: 今こそ正義がもたらされる
“Justice is coming”

 MS-13はアメリカ全土に広がっている、がん組織である。前オバマ政権が打ち出した司法省の悪名高き「Fast and Furious」プログラムによって、メキシコの犯罪組織がアメリカの銃を購入するのを許したことで、エルサルバドルを拠点にするこの暴力団「マラ・サルバトルチャ」は、ほぼ野放し状態だった。当時のエリック・ホルダー司法長官の監視下、この危険で無防備で無謀な取り組みによって犠牲者も出た。アメリカの銃器がMS-13などのメキシコの犯罪組織の手に渡ることを可能にし、その結果、米国境警備隊のブライアン・テリーが死亡したのだ。米国・メキシコの国境を不法に越え、査証を持たない10代の外国人に米国滞在を許可するというオバマ前大統領のばかげた「ドリーマー」移民政策と合わせて、オバマ政権が中米の凶悪な暴力団の勢力拡大を促進させてしまったことが明確にわかる。今こそ、こうした理不尽な暴力行為と犯罪を阻止するために、米国がこれらの犯罪者を厳しく追求する時が来たのだ。


BLUE:彼らは普通の人々にとって、アメリカを危険な国にしているのか?
“Are They Making America Less Safe for Ordinary People? ”

 普通の人にとって、司法省が危険なギャングを追いかけることは何の問題も、何の関係もない。しかし、小さな犯罪や一般の人々に対する当局の攻撃的な新政策は、非常に気がかりだ。

 例えば司法省は、暗号化されたデータへのアクセスを強化するようにテクノロジー企業に要求している。これは司法省が、犯罪者だけでなく、我々のような一般人の情報へのアクセスをもっと求めているということだ。

 トランプが大統領選挙に勝つ前は、悪徳警察署は司法省によって監視されていた。しかし今、司法省は過去に暴力的警官や人種差別などの問題があった警察署であっても、監視を甘くすると言っている。これはつまり、一般人が警察の悪質で危険な行為から身を守る術がなくなるということだ。

 司法省が危険な暴力団を追求するというのは、一見すると良いニュースに聞こえるが、そもそも、それは彼らがしなければいけない仕事だ。そして同時に司法省は我々市民の人権を守り、規則に従わない警官を監視するべきなのだが、新しい司法省は1970年代に逆戻りして、タフな警官たちが自己流のルールに従って行動していたテレビドラマのような幻想を求めているようだ。そしてそんな社会になることは、とても危険である。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

薬物・ドラッグに関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連するキーワード


薬物・ドラッグ 犯罪・事件

関連する投稿


【Red vs. Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs. Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。




ラスベガスへの祈り――コンサートを悲劇の現場にしないために

ラスベガスへの祈り――コンサートを悲劇の現場にしないために






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング