ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ

ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ


 アメリカのレストランの料理やドリンクは、すべて日本に比べて「サイズ」が大きい。アメリカに留学した人や駐在員たちがよく「アメリカにいると、太ってしまう」というが、アメリカサイズの食事を続ければ、そうなるのは何ら不思議なことではない。アメリカ人は「大きい」ことが好きなのだ。

 そんなアメリカ人でも驚いてしまうほどの大きさのピザを作ってくれるデリバリー・レストランがある。ロサンゼルスの「Big Mama’s & Papa’s Pizzeria」だ。この店で注文できるピザは、最大サイズがなんと面積約2平方メートル。四角く切ると200スライス分に相当し、50人から70人分の量に値するという。その映像はこちら。

 このピザを考案したのは、アルメニアからアメリカへ移民した、AroとAllen Agakhanyan兄弟。彼らは10代の前半にアメリカに移住し、6年後の1991年にこのピザ・レストランを開いた。当時は英語もろくに話せず、「出来ることで必死に稼ごうとしただけ」と兄弟は語っているが、レストランはあっという間に人気を博し、ロサンゼルスを中心に20軒を展開するほどの急成長を遂げた。二人の青年にとって、それだけでも十分「アメリカン・ドリーム」を掴んだと言える話だったが、彼らのサクセス・ストーリーはそれでは終わらなかった。

 それまで「ひっそり」と販売していた巨大ピザが、一夜にして注目の的になったのだ。きっかけは、2014年に彼らのピザがアカデミー賞授賞式のフードに採用されたこと。会場に運ばれピザをブラッド・ピットがおいしそうに食べる様子が放映されると、すぐにレストランは注目を浴びるようになった。授賞式の数日後には、人気コメディアンのエレン・ジェネレスが、自身が看板を務めるトークショーの放送中にこのピザを注文。これがさらなる後押しとなり、フランチャイズを希望する問い合わせが殺到するようになったのだ。現在はアラブ首長国連邦の大手フード企業とも契約を交わしており、世界進出の準備を着々と進めているらしい。

 巨大ピザは、パーティーや学校行事、自治体のイベントなどで重宝されているという。値段は1枚249.99ドル(約2万8,500円)から。

Big Mama Pizza公式ページ
https://ordernow.bigmamaspizza.com/

本物そっくり! ホールフーズが植物で作ったマグロ握り寿司の販売開始

https://bizseeds.net/articles/508

 全米展開する高級スーパーマーケット、「ホールフーズ」の人気デリ・セクションにも寿司コーナーがあるが、ロサンゼルス市内のホールフーズでは今月1日から、有名レストラン出身のシェフが長年をかけて開発した「植物から作ったマグロ」を使用した握り寿司の販売を開始した。

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

 世界中からグルメが集まる街、ニューヨーク。一流店がしのぎを削り、舌の肥えた客たちをもてなすこの地に、今年オープンしたスイーツ&ベーカリー「Chanson」。この店にはちょっとした秘密が……。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング