ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ

ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ


 アメリカのレストランの料理やドリンクは、すべて日本に比べて「サイズ」が大きい。アメリカに留学した人や駐在員たちがよく「アメリカにいると、太ってしまう」というが、アメリカサイズの食事を続ければ、そうなるのは何ら不思議なことではない。アメリカ人は「大きい」ことが好きなのだ。

 そんなアメリカ人でも驚いてしまうほどの大きさのピザを作ってくれるデリバリー・レストランがある。ロサンゼルスの「Big Mama’s & Papa’s Pizzeria」だ。この店で注文できるピザは、最大サイズがなんと面積約2平方メートル。四角く切ると200スライス分に相当し、50人から70人分の量に値するという。その映像はこちら。

 このピザを考案したのは、アルメニアからアメリカへ移民した、AroとAllen Agakhanyan兄弟。彼らは10代の前半にアメリカに移住し、6年後の1991年にこのピザ・レストランを開いた。当時は英語もろくに話せず、「出来ることで必死に稼ごうとしただけ」と兄弟は語っているが、レストランはあっという間に人気を博し、ロサンゼルスを中心に20軒を展開するほどの急成長を遂げた。二人の青年にとって、それだけでも十分「アメリカン・ドリーム」を掴んだと言える話だったが、彼らのサクセス・ストーリーはそれでは終わらなかった。

 それまで「ひっそり」と販売していた巨大ピザが、一夜にして注目の的になったのだ。きっかけは、2014年に彼らのピザがアカデミー賞授賞式のフードに採用されたこと。会場に運ばれピザをブラッド・ピットがおいしそうに食べる様子が放映されると、すぐにレストランは注目を浴びるようになった。授賞式の数日後には、人気コメディアンのエレン・ジェネレスが、自身が看板を務めるトークショーの放送中にこのピザを注文。これがさらなる後押しとなり、フランチャイズを希望する問い合わせが殺到するようになったのだ。現在はアラブ首長国連邦の大手フード企業とも契約を交わしており、世界進出の準備を着々と進めているらしい。

 巨大ピザは、パーティーや学校行事、自治体のイベントなどで重宝されているという。値段は1枚249.99ドル(約2万8,500円)から。

Big Mama Pizza公式ページ
https://ordernow.bigmamaspizza.com/

本物そっくり! ホールフーズが植物で作ったマグロ握り寿司の販売開始

https://bizseeds.net/articles/508

 全米展開する高級スーパーマーケット、「ホールフーズ」の人気デリ・セクションにも寿司コーナーがあるが、ロサンゼルス市内のホールフーズでは今月1日から、有名レストラン出身のシェフが長年をかけて開発した「植物から作ったマグロ」を使用した握り寿司の販売を開始した。

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

パープルと呼ばれる人――「中道派」とは誰を指すか?

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。保守でもリベラルでもない立場をとるアメリカ人の考えは、なかなか表に出てこない。中道派とは、どんな人たちなのだろう?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

アメリカのご当地名物の食べもの 第1弾

日本でも各都道府県の名物があるように、アメリカにも50州すべてに名物がある。今回はその中から変わり種のご当地フードをいくつかご紹介しよう。


【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング