ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ

ブラピも太鼓判? 世界一大きいデリバリー・ピザ


 アメリカのレストランの料理やドリンクは、すべて日本に比べて「サイズ」が大きい。アメリカに留学した人や駐在員たちがよく「アメリカにいると、太ってしまう」というが、アメリカサイズの食事を続ければ、そうなるのは何ら不思議なことではない。アメリカ人は「大きい」ことが好きなのだ。

 そんなアメリカ人でも驚いてしまうほどの大きさのピザを作ってくれるデリバリー・レストランがある。ロサンゼルスの「Big Mama’s & Papa’s Pizzeria」だ。この店で注文できるピザは、最大サイズがなんと面積約2平方メートル。四角く切ると200スライス分に相当し、50人から70人分の量に値するという。その映像はこちら。

 このピザを考案したのは、アルメニアからアメリカへ移民した、AroとAllen Agakhanyan兄弟。彼らは10代の前半にアメリカに移住し、6年後の1991年にこのピザ・レストランを開いた。当時は英語もろくに話せず、「出来ることで必死に稼ごうとしただけ」と兄弟は語っているが、レストランはあっという間に人気を博し、ロサンゼルスを中心に20軒を展開するほどの急成長を遂げた。二人の青年にとって、それだけでも十分「アメリカン・ドリーム」を掴んだと言える話だったが、彼らのサクセス・ストーリーはそれでは終わらなかった。

 それまで「ひっそり」と販売していた巨大ピザが、一夜にして注目の的になったのだ。きっかけは、2014年に彼らのピザがアカデミー賞授賞式のフードに採用されたこと。会場に運ばれピザをブラッド・ピットがおいしそうに食べる様子が放映されると、すぐにレストランは注目を浴びるようになった。授賞式の数日後には、人気コメディアンのエレン・ジェネレスが、自身が看板を務めるトークショーの放送中にこのピザを注文。これがさらなる後押しとなり、フランチャイズを希望する問い合わせが殺到するようになったのだ。現在はアラブ首長国連邦の大手フード企業とも契約を交わしており、世界進出の準備を着々と進めているらしい。

 巨大ピザは、パーティーや学校行事、自治体のイベントなどで重宝されているという。値段は1枚249.99ドル(約2万8,500円)から。

Big Mama Pizza公式ページ
https://ordernow.bigmamaspizza.com/

本物そっくり! ホールフーズが植物で作ったマグロ握り寿司の販売開始

https://bizseeds.net/articles/508

 全米展開する高級スーパーマーケット、「ホールフーズ」の人気デリ・セクションにも寿司コーナーがあるが、ロサンゼルス市内のホールフーズでは今月1日から、有名レストラン出身のシェフが長年をかけて開発した「植物から作ったマグロ」を使用した握り寿司の販売を開始した。

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。






最新の投稿


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング