ラスベガスの「自律走行車」事故、開発を目指す会社に打撃

ラスベガスの「自律走行車」事故、開発を目指す会社に打撃


 「自立走行車」が注目されてから数年が経つが、「人が車の運転をする必要がなくなる」という話は、開発各社の技術力の進歩により、夢物語ではなくなってきた。開発企業側は、「完全に機械が自動運転するようになれば、車の事故は大幅に減少する」と予測しており、米国家道路交通安全局 (NHTSA) も、自動車業界のこうした技術革新への動きを歓迎。「高速道路を利用する長距離運転の安全の強化に大きな期待が持てる」という見解をメディア各社に述べているほどだ。

 しかし、「自動運転によって、車の事故が大幅に減少する」という予測を裏切る事故が、ネバダ州ラスベガスで起きてしまった。今月8日、ラスベガスでダウンタウンを巡回するシャトル・サービスが開始されたが、サービスの開始からわずか2時間たらずで、トラックと接触事故を起こしたのである。

 自動運転シャトルは現地でも多くの注目を集め、当日は多くの取材陣や地元のセレブリティーが集まって、シャトル・サービス開始を祝っていた。初乗車には有名な女性ナスカー・ドライバー、ダニカ・パトリックらが乗車しており、大変な盛況ぶりだったという。しかし、あっという間にシャトルが事故を起こしたため、祝賀取材に集まっていた取材陣は、そのままシャトルの事故取材をすることになってしまった。

 フランスのNavya社が開発したこのシャトルバスは、最大12人が乗車できる。アテンダントが乗車しており、コンピューターのモニターは内部に設置されているものの、アテンダントがシャトルの運転を代行できるハンドルとブレーキは装備されていない。

 コンサルタント企業大手のマッキンゼーは、2040年までに車の運転は完全自動化されるという報告書を出している。しかし、こうした事故が起こったことで、米国家道路交通安全局の定める安全基準や試験走行基準が見直され、強化されることも予測される。車社会のアメリカにおいて、「運転を自分でしないで済む」ことへのニーズは高いだろうが、自動運転の実用化に向けては、まださまざまな課題が残っていることを明らかにするような事故となった。

引用元:Self-operating shuttle bus crashes after Las Vegas launch
自動運転に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ベガスのホテル、利用客に気付かれずに銃刀を探知するシステムを採用

ラスベガスが位置するネバダ州では公共での銃所持が合法だが、ラスベガスの各リゾートでは館内での銃やナイフの所持を禁止している。銃保持者の権利と、館内での安全を同時に守るために、ホテル側が考えた秘策とは?


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング