アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?


 アメリカでは、スマートフォン・ユーザーの約半数が「スマホなしには生きられない」と感じているという。アメリカ人が、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディア(SNS)を見ている1日の平均時間は、なんと5時間以上。これに、仕事などで必要となるテキスト(文字)メッセージやEメールの処理時間などが加われば、1日の大半はスマートフォンを見ているという人も多い計算になる。

 スマートフォンの弊害を調べる数々の研究によると、スマートフォンの使用はユーザーに睡眠障害をもたらし、集中力の持続時間を短くするという。スマートフォンに依存し過ぎると、自分のスマートフォン(またはデバイス)が作動していないときでも、それが何かの情報が到着したことを自分に伝えているように感じてしまう、「ファントム・バイブレーション」と呼ばれる経験をするようになる。

 また、ある研究では、カップルが一緒にいるときにスマートフォンが近くに置かれているだけで、例えそれを使用していなくても、二人の関係性が悪いと感じてしまうことがわかった。

 なかでも現在、大勢のアメリカ人たちが抱える最大の弊害が、「FOMO」だろう。FOMO とは"Fear of Missing Out"の略で、「なにかを見逃してしまうことへの恐れ」を指す。スマートフォンをチェックしていない間に、他の人たちは自分よりも何か「有意義な経験(rewarding experiences)」をしているのではないか、自分だけがその機会を逃しているのではないかという恐れを感じて、何度もスマートフォンを触ってしまうという、ある種の社会的障害だ。これは、常に何らかの社会的なサークル(知人とのグループ)の中に入っていたいと強く感じる、今や最も一般的なソーシャル不安(social anxiety)だ。FOMOに陥ると、メールなどの文字メッセージをチェックしている途中でも、もしくは仕事中や会議中でも、すぐにソーシャルメディアを見てしまうという。

 このFOMO障害を助長している背景には、携帯電話各社がデータの使い放題月額プランなどを提供しているからだという主張もある。料金が固定であれば、ユーザーは何も気にせずネットにアクセスしやすくなる。だから「ちょっとメールだけ、チェックしておこう」とスマートフォンを手に取った際に、無意識にソーシャルメディアやニュースのアプリ、もしくはゲームのスクリーンにも抵抗なく行ってしまうのだ。

 「そんなことは自己でしっかり管理すれば問題ないはず」と思う人は多いだろうが、すでにFOMO症状が出ている人たちには、それは無理だ。それができれば、そもそもFOMOにはなっていない。

 こうしたことが問題視される中、注目されているのが、 「FOMOに陥ることなく、時間つぶしにスクリーンを見てしまう誘惑を制御する機能」がついている、新バージョンの「アップルウォッチ」だ。「携帯連結性」(cellular connectivity)をフィーチャーした新アップルウォッチは、インターネットを介してiPhoneに繋げていた従来の機種とは異なるため、必要最低限のiPhone機能は使えるが、 ソーシャルメディアを見られる機能はあえて外してある。つまり、Eメールもテキストメッセージも入り、電話も使えるので社会との繋がりは保てるものの、SNSブラウズはできないという機種なのだ。もし重要な連絡が来るのを待っている場合、そのメッセージが到着したことはスマートフォンを取り出さなくても腕を見るだけでわかるので、すぐ対応できる。また、すぐに折り返す必要がないメッセージは、電車に乗ってから、またはオフィスや自宅に戻ってから返信すればいい、と時間の使い分けや優先順位がつけやすくなる。

 この新ウォッチ機能と従来のスマートフォンの差異は、とても小さい。差異が小さ過ぎて、この微妙な違いが人の生活を大きく変える「可能性」を含んでいることに気づかない人も多いかもしれない。見方によれば、スマートフォンとの間に一段階ステップが入っただけのことで、自己制御はどちらにせよ必要だという話になるが、それでも、1日中スマートフォンのスクリーンを見つめなくても、社会と繋がっていたいFOMO欲求を満たすことができるという機種が誕生したことは重要だろう。特に、他社のデバイスが、さらに大きく、さらにコネクションを高める方向へと向いている中、アップル社はメンタルヘルスに注目し、デバイスを小さくする方向へ舵を向けたことは、今後のデバイス開発動向の行方を握る鍵になるだろう。

スマートフォンに関する記事 >

この記事の寄稿者

インターエージェンシーLLC代表(ワシントン州シアトル)。デジタル媒体におけるブランディングおよびマーケティング・コンサルタント。クライアントは米大手スポーツ・ブランドや玩具メーカーから、スタートアップ、非営利団体などと幅広く、緻密なデータ分析から導き出すクリエイティブなネットマーケティングのコンサルテーションには定評がある。シアトルのグランジミュージック・シーンを牽引したバンドのベーシストだった過去を持つ。

関連する投稿


「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

「使用済みのティッシュペーパー」を高額で販売?!

他人が使用したティッシュペーパーなど、触りたくもないと思う方が一般的な気がするが、米ロサンゼルスに、それを高値で販売している会社がある。なぜ、そんなものが売られているのだろう? そもそも、誰がわざわざ他人が使用したティッシュペーパーを購入するのだろうか?


アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカで大ヒット中の「Kombucha」、アルコール入りも登場

アメリカ、特に西海岸のヘルスコンシャスな人たちの間で「コンブチャ」が流行り始めて既に数年が経つが、いよいよ本格的な「コンブチャ・ブーム」が到来。 一般のスーパーマーケットの棚にも様々なコンブチャ・ドリンクのボトルが並ぶようになり、今もっとも成長が速い商品と言われている。そんな中、なんとアルコール入りのコンブチャまで登場した。


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


アメリカに浸透する「カリフラワー食」

アメリカに浸透する「カリフラワー食」

一般的に流通する野菜のひとつだったカリフラワーが、4〜5年前からニューヨークやロサンゼルスなどの米沿岸都市部で脚光を浴び始め、 今や最も人気のあるヘルシー野菜の代名詞になった。控えめなサイドディッシュでしかなかったカリフラワーが、なぜ、アメリカでこれほどウケたのだろう?


人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

人気の「Moon Juice」、カリスマ社長の商法とは

美と健康を追求するアメリカ人女性の多くは自分の目標像が明確。最近は「頑張れば自分もそうなれるかもしれない」と思える距離感にいる美しい女性たちが、カルト的な人気を博している。有機植物コスメや美容食を販売する「Moon Juice」の社長は、そんな女性の一人。彼女のライフスタイルに憧れるファンが多く、商品の生産が追いつかないという。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング