日本の○○がラスベガスにやって来る!?

日本の○○がラスベガスにやって来る!?


 「きみは『パチンコ』で遊んだことあるか?」

 就活中の面接相手だった一人のカジノ・マネージャーから日本の娯楽文化について、幾つか質問を受けた。数ある質問の中でも特に印象に残ったのが、日本の「パチンコ」についての質問だった。

 多くの方がご存知であるように、日本独自の「パチンコ」というゲーム文化はアメリカにはない。またアメリカと日本ではスロットの遊び方にも大きな違いがある。アメリカのスロットでは、プレイヤーは回転を始めることが出来るだけ。自らのタイミングでリールを止めることができる日本の「パチスロ」はカジノ・ゲーミング業界では存在していなかったものなのだ。
 しかし、ラスベガスでは今、その日本のパチンコやパチスロに注目が集まっている。

 今月1日にカジノに関する法を取り締まる政府機関、NGC(Nevada Gaming Commission)で開かれた会議において、日本の大手パチスロ・パチンコ会社のサミーとゲームメーカーのセガの関連会社「セガサミーホールディングス」に対して、ラスベガスがあるネバダ州内でのカジノビジネスの営業権を承認する方向で検討されることが、満場一致で可決された。最終的な承認は今月16日に同委員会の本会議にて議決され、もし営業権が承諾されれば、セガサミーはネバダ州の正式なカジノ機器の生産・販売会社として登録されることになる。

 1日の会議では、セガサミーCEOの里見治氏を含む役員幹部らへの質疑が通訳を通して行わられ、“スキル・ベース・スロット”が州内で合法化されたことをひとつのきっかけとし、今までにはなかった日本のパチンコやパチスロを含むゲーミング機器をネバダのカジノに導入する意向を示した。

 またNGC議長A.G. Burnett氏は、その“スキル・ベース・スロット”を含むカジノ法改正に関し、セガサミーの提案が大きく影響したとしていて、「すべての会社がこのビジネスで成功できるわけではない。しかし、セガサミーはカジノ業界を牽引する新たな企業として、とても良き存在になるだろう」と、会議後のインタビューで答えている。

 時代に合わせ常に進化を続けるラスベガスでは、エンターテイメント・ショーやホテルの客室なども2018年に向けてたくさんのリノベーションが行われている。そんな中、新たな客層の獲得に動くカジノ業界もまた、新型のゲームを次々に導入し改革を進めている。日本の娯楽文化を代表するパチンコやパチスロは、そんな期待に応えることが出来るのだろうか。セガサミー含め今後の動向に注目が集まる。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

ベガスで勝負するなら、まずは「飛べ!」

カジノの都、ラスベガスのダウンタウンに数年前にオープンしたアトラクションが、最近になって注目を集めている。それを体験すると、カジノで「小当たりする」からだというが、一体、どんなアトラクションなのだろう?


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング