日本の○○がラスベガスにやって来る!?

日本の○○がラスベガスにやって来る!?


 「きみは『パチンコ』で遊んだことあるか?」

 就活中の面接相手だった一人のカジノ・マネージャーから日本の娯楽文化について、幾つか質問を受けた。数ある質問の中でも特に印象に残ったのが、日本の「パチンコ」についての質問だった。

 多くの方がご存知であるように、日本独自の「パチンコ」というゲーム文化はアメリカにはない。またアメリカと日本ではスロットの遊び方にも大きな違いがある。アメリカのスロットでは、プレイヤーは回転を始めることが出来るだけ。自らのタイミングでリールを止めることができる日本の「パチスロ」はカジノ・ゲーミング業界では存在していなかったものなのだ。
 しかし、ラスベガスでは今、その日本のパチンコやパチスロに注目が集まっている。

 今月1日にカジノに関する法を取り締まる政府機関、NGC(Nevada Gaming Commission)で開かれた会議において、日本の大手パチスロ・パチンコ会社のサミーとゲームメーカーのセガの関連会社「セガサミーホールディングス」に対して、ラスベガスがあるネバダ州内でのカジノビジネスの営業権を承認する方向で検討されることが、満場一致で可決された。最終的な承認は今月16日に同委員会の本会議にて議決され、もし営業権が承諾されれば、セガサミーはネバダ州の正式なカジノ機器の生産・販売会社として登録されることになる。

 1日の会議では、セガサミーCEOの里見治氏を含む役員幹部らへの質疑が通訳を通して行わられ、“スキル・ベース・スロット”が州内で合法化されたことをひとつのきっかけとし、今までにはなかった日本のパチンコやパチスロを含むゲーミング機器をネバダのカジノに導入する意向を示した。

 またNGC議長A.G. Burnett氏は、その“スキル・ベース・スロット”を含むカジノ法改正に関し、セガサミーの提案が大きく影響したとしていて、「すべての会社がこのビジネスで成功できるわけではない。しかし、セガサミーはカジノ業界を牽引する新たな企業として、とても良き存在になるだろう」と、会議後のインタビューで答えている。

 時代に合わせ常に進化を続けるラスベガスでは、エンターテイメント・ショーやホテルの客室なども2018年に向けてたくさんのリノベーションが行われている。そんな中、新たな客層の獲得に動くカジノ業界もまた、新型のゲームを次々に導入し改革を進めている。日本の娯楽文化を代表するパチンコやパチスロは、そんな期待に応えることが出来るのだろうか。セガサミー含め今後の動向に注目が集まる。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


今年も大人のためのキティが帰ってきた!

今年も大人のためのキティが帰ってきた!

日本生まれのキャラクターとして「全世界を制覇した」といえる認知度を誇る「ハローキティ」。今年も「あの」大人のための商品が発売され、全米のキティ・ファンが熱狂している。


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング