コーヒーチェーンが紡ぐ、新しい形の「アメリカン・ドリーム」

コーヒーチェーンが紡ぐ、新しい形の「アメリカン・ドリーム」


 経済誌『フォーブス』が今年、最も評価されるべきスモール・ビジネスのひとつと称して、「Small Giants 2017」に選んだドライブ・スルーのコーヒーショップがある。今までアメリカにはなかった「とあるルール」をフランチャイズ加盟条件に設けたことで事業が拡大、売り上げを伸ばしている。

 そのコーヒーショップの名は「Dutch Bros.」。人口が4万人にも満たないオレゴン州の片田舎にある街、グランツパスに本社を置くこの会社の創業は1992年。ディーンとトラビスというBroersma兄弟が、郵便局の横にあった空き地で、コーヒーのワゴン販売を始めたことがビジネスのスタートだった。現在は5000人の従業員、7州にまたがる260ものチェーンを展開するまでにビジネスを拡大させている。

 同社のビジネス成長の陰には、創業者であるBroersma兄弟の「従業員たちに対する熱い思い」が隠されている。このコーヒーショップのチェーンに加盟するには、ちょっと変わったルールがあるのだ。そのルールとは、「フランチャイズを申請する前に、少なくとも3年間、同社に勤務しなければならない」というもの。こうしたルールがあるフランチャイズ店は、全米広しといえども、この店だけだという。同社が大切にする企業としての遺伝子を、しっかりと加盟店オーナーに学んでもらい、その思いを紡いでいくことを重要視しているからだ。

 のれん分けにかかる費用は約3万ドルだが、独立のために必要なお金のローンは、会社側が支援している。「誰しも素晴らしい価値がある。共に働く者が、共に支え合う」というモットーを大切にしているため、この精神を持ち続けて努力を継続できる人であれば、学歴などは全く問わない。そのため、チェーン店のオーナーの多くが、高校中退者だそうだ。

オーナーのトラビスさんは、「絵に描いたような億万長者になる方法は教えることはできないが、自分たちの努力でチャンスは掴めるという学びの機会は提供できる。その学びの継承こそが、僕らのアメリカン・ドリームなんだ」と語る。チェーン店の年間利益が平均20万ドル(約2,258万円)にもなる「Dutch Bros.」。世の中で「失敗者」のレッテルを張られがちの若者たちが、努力することの素晴らしさを学び、自立し、成功していくという仕組みを作ったことが、『フォーブス』誌でも高く評価され、今年の堂々一位に選ばれたのである。

「Dutch Bros.」:https://dutchbros.com/
若者に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


ビジネス

関連する投稿


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。






最新の投稿


俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング