【Red vs. Blue】トランプ大統領、アメリカのパリ協定への参加も想定できる?

【Red vs. Blue】トランプ大統領、アメリカのパリ協定への参加も想定できる?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、世界を騒がせた米のパリ協定離脱から7カ月後に、トランプ大統領が同協定の参加を想定できると発言したことについて。


 トランプ大統領は1月10日、ノルウェーのアーナ・ソールバルグ首相とホワイトハウスで会談を行なった。ノルウェーは石油とガスの埋蔵量が豊富な国でありながら、世界の炭素排出削減条約を批准した先進国で最初の国である。記者会見でソールバルグ首相は、「私たちはパリの目標を達成するために厳しい規制をしている。つまり環境に優しく、気候に優しい技術政策を行なっているということだ」と述べた。トランプ大統領は、エネルギー問題は会談の主要な課題ではなかったが、水力を利用したノルウェーの再生可能エネルギーによるビジネスチャンスの可能性に感銘を受けたと述べた。そして、パリ協定そのものには賛成だが、オバマ前大統領は「(アメリカにとって)よくない条件を受け入れた」と前大統領を非難。米国がパリ協定に再び参加することを想定はできるが、それには豊富な化石燃料を持つ国を罰しないという条件下でなければならないと語っている。
 昨年、米国がパリ協定から脱退すると発表して以来、世界は米国抜きで気候変動対策に取り組んでおり、米国は世界から取り残されつつあるとの見方もあるが、保守派とリベラル派の市民は、大統領の発言をどう分析するのか。

出典『USA Today』
U.S. could 'conceivably' re-join Paris climate agreement, Trump says
https://www.usatoday.com/story/news/politics/2018/01/10/u-s-could-conceivably-re-join-paris-climate-agreement-trump-says/1022118001/

[BLUE リベラル派] トランプは春、パリで注目を浴びたいのだろう

Trump Wants the Spotlight, and Paris In the Spring

 トランプ大統領は、アメリカはパリ気候協定を脱退すると言って自身を孤立させた。彼は、アメリカが取引から抜けることで共和党の支持者をなだめることができ、同盟国の中で米国をより強く見せられると思ったのだろう。実際には、協定脱退は世界から大変な不評を買うことになった。今、トランプは孤立を感じているのだろうが、責める相手は彼自身だ。

 トランプはパリ協定から脱退するという自分が下した決断の責任を負いたくないため、「オバマがパリ協定参加に署名した時に、悪い条件を受け入れた」と、オバマ前大統領を責めた。なぜなら、その条件がトランプの取り巻きである化石燃料関係企業各社の潜在的な収入を制限するように見えたからだろう。

 トランプはFOXニュースでの受けを良くするためなら、自分以外の誰でも非難する。彼は、アメリカがパリ協定に参加するためにお金を使ったという苦情まで言っている。だが彼は、「協定に戻る方法を見つけられれば、参加国としてアメリカが利益を得ることができる」ことがわかるくらいには賢いようだ。未来を左右する事柄を共に決定するグループの一員であることは、すべての国と共に働くことを拒否する世界で唯一の国であるより、はるかに良いはずだ。

[RED 保守派] 「想定できる」とは、その可能性があるという意味ではない

Conceivable is not the same as likely or even possible

 トランプ大統領は、米国が化石燃料の使用やその自然エネルギー資源へのアクセスで罰せられなければ、パリ気候変動協定に加わることも考えられる、と言った。これは、ノルウェー首相との議論において主要な問題ではなく、また同首相の訪問の焦点でもない。つまり、トランプ大統領は「想定できる」と言っただけなのだ。この単語(conceivable)を、可能性があるとか、可能だという意味と混同してはならない。

 Conceivableという単語には、次のような使い方がある。たとえば「地球の全ての生き物を払拭するに十分なほどの大きさの小惑星が、明日直撃すると想定すること(conceivable)はできるが、それが実際に起こる可能性は無限に小さい」とか、「北朝鮮が30日以内に武器を放棄して平和な統一を求めることをconceivableできるものの、実際に起こる可能性はない」などだ。このように世界では多くのことを想定できる(conceivable)が、それが実際に起こる可能性については、トランプは何も言っていない。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者

 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント

 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

https://bizseeds.net/articles/626

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。

パリ協定に関する記事

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

アメリカでの偽装結婚斡旋サービスと実態

トランプ政権発足後、不法移民問題だけでなく、不法な形でビザを取得した人への摘発も強化されつつある。ビザの取得が難しいアメリカにおいて、永住権・通称グリーンカードを取得するために偽装結婚をする人はかなりいるというが、偽装が分かってしまったら、一体どんな罪になるのだろう?


トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘イヴァンカが自身のブランドを廃止したワケ

トランプ大統領の愛娘で、元モデルのイヴァンカ・トランプが、2007年から続けてきた自身の名前を付けたブランド「Ivanka Trump」を廃止することを発表した。その美貌に日本でも注目が集まったイヴァンカの背景にうごめく様々な大人の事情とは?


アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

アメリカを二分するイデオロギーの根底は中絶問題にある?!

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中絶、不法移民、銃規制問題など、ことごとく意見が合わないアメリカの保守派とリベラル派のイデオロギーが具体的にどう異なるのかについて。


トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

トランプ大統領の「問題発言」がゲームに!

「フェイク・ニュース」を扱ったカード・ゲームがウケている。例えば、ツイッターを通しての発言で毎度物議を醸しだすトランプ大統領の発言をまとめて、「それが本当に彼の発言だったか、否か」を推理するという、バカげたゲームまで登場しているらしい。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング