CIAが犬の写真ばかりをツイートする理由

CIAが犬の写真ばかりをツイートする理由


 数あるソーシャルメディアの中でも、ツイッター人気は依然として高い。ハリウッド映画などでもおなじみのCIA(アメリカ中央情報局)も、2014年からツイッターを使って積極的に情報を発信している。秘密裏な情報を扱う機関でありながらツイッターを多用し、現在フォロワー数は、220万人強。そのCIAが最近やたらと犬の写真をツイートしていることが、アメリカで話題になっている。CIAのツイッターはこちら。

 CIAがツイートしているのは「K9」、つまり軍や警察で働くためにリクルートされ、特別な訓練を受けた犬たちに関する情報だ。CIAの広報官は、ソーシャルメディアの利用は、米国民にCIAへの理解を深めてもらうのに非常に役立つと述べた上で、「CIAが行っている爆発物探知犬の訓練は非常に高い評価を受けているが、一般にはあまり知られていないため、こうしたニュースは誰にとっても興味深いはず」と説明している。

 リクルートした犬の中には、まったく訓練に興味を示さず、落ちこぼれてしまうケースもある。CIAのツイートにも「リクルートしたルルは、まったく爆発物を探すのに興味なし。食べ物と遊びで気を引いても、楽しんでいないのは明白だ」というようなものもある。訓練に疲れてションボリしているルルの写真は、その後、4,000回以上リツイートされた。

 新しく仔犬がリクルートされると、6週間の基礎訓練が実施される。その後、人間とペアを組んだ訓練がはじまり、さらに10週間の実地訓練を経て、晴れて犬たちはK9のメンバーとなる。CIAのツイッターには、仔犬たちがCIA訓練施設に入所してから卒業するまでの様子が写真で実況されているが、微笑ましい写真も多く、ネット上には「CIAのイメージがちょっと変わった」などという声も見られるようだ。

twitterに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


警察 CIA SNS twitter

関連する投稿


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?



SNSを拒否するシリコンバレーのエンジニアたち

SNSを拒否するシリコンバレーのエンジニアたち







最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング