将校には不人気? トランプ大統領、軍での支持率

将校には不人気? トランプ大統領、軍での支持率


 波乱にとんだ大統領選挙から1年が過ぎ、トランプ大統領支持率を分析した記事が米メディア各紙でも多くみられるようになった。トランプ大統領はメディアに不人気ということもあり、新聞その他で見られる分析には概ね否定的な見解の方が目立っている。

 トランプ大統領を指示した人々は、「バイブル・ベルト」と呼ばれる米南部のキリスト教信仰が篤い地域や、米中西部から北東部ニューイングランドにかけての「ラスト・ベルト」と呼ばれる活気を失った工業地帯の人々だという見方をする人たちが多いが、一般的なアメリカ人が「ほぼ自動的」にトランプ支持者だと見なす中には、アメリカ軍人たちも入る。

 軍従事者たちは伝統的に共和党を支持する傾向が強いが、現状はどうなのだろうか? 

 軍専門紙『Military Times』が行った調査では、意外な結果が浮き彫りとなった。同紙は今年9月に、1,100人を超える現役の軍人を対象に政権支持に関する調査を実施。このうち、トランプ支持と回答したのは44%、不支持は40%だった。2016年後半に行われた同様の調査では、支持と回答したのが46%、不支持が37%だったので、軍全体で見ると支持率は下がっている。

 しかし、この調査における将校と一般兵の支持率差を見ると、一般兵は約半数の48%がトランプ支持だと答えているのに対し、将校たちの現政権への支持率は30%にまで下がっている。そして将校の53%強に至っては、「大統領を積極的に支持しない」と明言している。属性別にみると、女性兵やマイノリティー兵らの大統領支持率も低くなっている。

 所属別では、大統領支持が最も高かったのは海兵隊で58.9%、最も支持率が低いのは空軍の45.2%だった。ちなみに軍では英雄的存在でもあるマティス国防長官については、軍全体の84%以上が好意的な見解を示した。

 BizSeeds編集部があるワシントン州シアトルは、全米でも最もリベラル層が厚い地域のひとつと言われているが、そこから1時間足らずの対岸には全米最大規模の潜水艦の拠点があるため、軍事関係従事者が多い。よって共和党支持者も多く、その地域に勤務する将校の数人に編集部が話を聞いたところ、やはり「トランプ大統領には疑問をもつ点も多々ある」と回答。将校たちは「共和党支持であり、トランプ大統領が自分たちの組織のトップであることには敬意を示すが、個人的には支持できない」という見解を示す人が少なくないようだ。

 取材させて頂いた将校たちは、トランプ支持のポスターやステッカーを貼っていたが、それについて「米軍のトップは国防長官ではなく、大統領だ。トランプ大統領にはオバマ大統領より優れたところも多いが、基本的には支離滅裂。軍のリーダーは誰かということを忘れないために、トランプ支持のポスターをあえて目のつくところに飾り、自らの気持ちを引き締めている」と話していた。

 もうすぐトランプ政権発足から1年になる。これから3年、政権、そしてアメリは、どのような方向に進んでいくのだろうか。

トランスジェンダー軍入隊禁止に波紋。精力剤の費用はその5倍!

https://bizseeds.net/articles/268

 トランプ大統領が、26日にトランスジェンダー(心と体の性が一致しない人々)が、米軍に関係するすべての職務に就くのを禁止するという考えをツイッターで発信し、全米に大きな衝動を与えた。

引用元:Military Times Poll: What you really think about Trump
アメリカ軍に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。


冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

冗談を受け止められないトランプ大統領、2年連続で夕食会を欠席

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は4月28日に開催されるホワイトハウス記者協会主催の恒例夕食会を、トランプ大統領が再び欠席したことについて、リベラル派としての見解を述べる。






最新の投稿


俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

俳優ウィル・スミスと本田圭祐が投資ファンドを設立

 プロサッカー選手の本田圭祐氏が、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏とベンチャー起業への投資を目的とした投資会社「ドリーマーズ・ファンド」を、米ロサンゼルスで4月に設立したことが明らかになった。アメリカで彼らが具体的にどのベンチャー起業に投資するのか、今後の動き方が注目されている。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

トランプが世界に仕掛ける無謀な経済戦争

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回はトランプの支持者が多い、オートバイのハーレーダビッドソン社が海外へ移転せざるをえない結果を作ったトランプ大統領が、同社を攻撃している矛盾について。


プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

プリンセスへの憧れ リアル・シンデレラ・ストーリーの影響力

今年の5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したアメリカ人の女優、メーガン・マークル。サセックス公爵夫人になったリアル・プリンセスは、これまで皇室に入った女性たちよりも親しみやすい雰囲気があるとファンが多い。「メーガンのようになりたい!」と思っている熱烈ファンたちのトレンドを紹介しよう。


疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

疲れたニューヨーカーを癒す、スーパー銭湯?

マンハッタンを望むニュージャージー州に昨年オープンした「SoJo Spa」。このスパでは、「韓国風の高級スパをイメージしたサービス」を売りにしているが、アジア式の風呂文化をアメリカ人に広めるのに、ひと役買っているという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング