将校には不人気? トランプ大統領、軍での支持率

将校には不人気? トランプ大統領、軍での支持率


 波乱にとんだ大統領選挙から1年が過ぎ、トランプ大統領支持率を分析した記事が米メディア各紙でも多くみられるようになった。トランプ大統領はメディアに不人気ということもあり、新聞その他で見られる分析には概ね否定的な見解の方が目立っている。

 トランプ大統領を指示した人々は、「バイブル・ベルト」と呼ばれる米南部のキリスト教信仰が篤い地域や、米中西部から北東部ニューイングランドにかけての「ラスト・ベルト」と呼ばれる活気を失った工業地帯の人々だという見方をする人たちが多いが、一般的なアメリカ人が「ほぼ自動的」にトランプ支持者だと見なす中には、アメリカ軍人たちも入る。

 軍従事者たちは伝統的に共和党を支持する傾向が強いが、現状はどうなのだろうか? 

 軍専門紙『Military Times』が行った調査では、意外な結果が浮き彫りとなった。同紙は今年9月に、1,100人を超える現役の軍人を対象に政権支持に関する調査を実施。このうち、トランプ支持と回答したのは44%、不支持は40%だった。2016年後半に行われた同様の調査では、支持と回答したのが46%、不支持が37%だったので、軍全体で見ると支持率は下がっている。

 しかし、この調査における将校と一般兵の支持率差を見ると、一般兵は約半数の48%がトランプ支持だと答えているのに対し、将校たちの現政権への支持率は30%にまで下がっている。そして将校の53%強に至っては、「大統領を積極的に支持しない」と明言している。属性別にみると、女性兵やマイノリティー兵らの大統領支持率も低くなっている。

 所属別では、大統領支持が最も高かったのは海兵隊で58.9%、最も支持率が低いのは空軍の45.2%だった。ちなみに軍では英雄的存在でもあるマティス国防長官については、軍全体の84%以上が好意的な見解を示した。

 BizSeeds編集部があるワシントン州シアトルは、全米でも最もリベラル層が厚い地域のひとつと言われているが、そこから1時間足らずの対岸には全米最大規模の潜水艦の拠点があるため、軍事関係従事者が多い。よって共和党支持者も多く、その地域に勤務する将校の数人に編集部が話を聞いたところ、やはり「トランプ大統領には疑問をもつ点も多々ある」と回答。将校たちは「共和党支持であり、トランプ大統領が自分たちの組織のトップであることには敬意を示すが、個人的には支持できない」という見解を示す人が少なくないようだ。

 取材させて頂いた将校たちは、トランプ支持のポスターやステッカーを貼っていたが、それについて「米軍のトップは国防長官ではなく、大統領だ。トランプ大統領にはオバマ大統領より優れたところも多いが、基本的には支離滅裂。軍のリーダーは誰かということを忘れないために、トランプ支持のポスターをあえて目のつくところに飾り、自らの気持ちを引き締めている」と話していた。

 もうすぐトランプ政権発足から1年になる。これから3年、政権、そしてアメリは、どのような方向に進んでいくのだろうか。

トランスジェンダー軍入隊禁止に波紋。精力剤の費用はその5倍!

https://bizseeds.net/articles/268

 トランプ大統領が、26日にトランスジェンダー(心と体の性が一致しない人々)が、米軍に関係するすべての職務に就くのを禁止するという考えをツイッターで発信し、全米に大きな衝動を与えた。

引用元:Military Times Poll: What you really think about Trump
アメリカ軍に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

日本の弁当とはちょっと違う、アメリカの「Bentoスタイル」

 日本の「弁当」は歴史ある文化だが、アメリカにおける弁当、つまり「ランチ」というのは、かなり解釈が曖昧だ。アメリカにも弁当箱はあるが、和食屋の幕内風定食も弁当と呼ばれるし、仕切りのついたトレイにおかずを選んで載せるスタイルを弁当とも呼ぶ。おかずの選択肢が複数あれば弁当なのか、容器が弁当なのか、「Bento」にまつわる疑問はつきない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング