「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法


 軍隊に携わる者にとって、避けて通れないのが戦場や被災地などの現場に行くことだ。こうした現場というのは、当然のことながら「訓練」の比ではないほど悲惨である。そんな悲惨な現場で怯むことなく、普段以上のパフォーマンスを実現するには、それなりのスキルが必要になる。なかでも一番身に着けておきたいスキルは、「短時間で最良の選択をし続ける」というものだろう。

 現場では、さまざまな事柄が同時に起こるために、ひとつのことに対して熟慮熟考している暇がない。瞬時に物事を判断し、すぐに実行に移さなければ、自分はもちろん、仲間や救助しなければならない人々を救うことができないこともある。そのように緊迫した環境下で何かを瞬時に選択しなければならないことなど、普通の生活においては、そうは起きないかもしれない。

 しかし、人生が「常に選択の連続である」ことは、誰にとっても同じだろう。最良の選択をすることが出来れば、最良の人生への道は開ける――それを実現するためにお勧めしたいのが「意識的な3秒」だ。

 このトレーニングはもともと、悪習慣を正すために使われるものである。「分かっているのにやめられない」というような行動をとってしまいそうになる際に、3秒間、思いとどまる癖をつけるというものだ。悪習慣はすぐに気づくような類のものだけでも、いろいろあるだろう。タバコ、お酒、食習慣、他人の噂話……。それらに近づきそうになった際に、「それをすることによって、果たして得られるものがあるのか」を自分に問うのである。3秒考えて、その答えが「ノー」であるものは、しないでおく方が賢明だ。

 3秒は短い時間ではあるものの、何かを思い留まったり、その行動が本当に正しいか正しくないかを考えて良い習慣に向かうための行動を選択するには、十分な時間であると言える。「3秒考える」癖をつけて、その都度、正しい行動を心がけていくと、大事な局面で短期間に何かを選択しなければならないような時にも、この習慣が生きてくる。

 この「意識的な三秒」は、誰でもすぐにいつでも実践できるほど簡単だ。重要なことは、それを「続けること」だけである。これを意図的に人生のあらゆる選択の場に生かしてほしい。たかが3秒、されど3秒。そして、その3秒の積み重ねが人生を最良のものへと変えていくのである。

「マインドフルネス瞑想」がアメリカを救う?

https://bizseeds.net/articles/483

 「マインドフルネス瞑想」がアメリカ国内でブームになって久しい。今や有名企業の社員研修やビジネススクールの授業などでも取り上げられ、そのルーツとも言える仏教への関心も高まっている。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者

現役米国国防総省キャリア、サイバーセキュリティ・スペシャリスト。University of Washington卒。米空軍在軍中に、米国軍 事大学院で修士課程修了。その直後に 国防総省国防情報システム局入局。情報部隊のエキスパートとして、国防総省でも保有率わずか1%というサイバーテロスペシャリストのライセンスを取得。現在は国防総省、軍に籍を置きつつ、民間企業「ディフェンス・ディベロップメント・コンセプト社」をベースに、米、カナダ等でセミナー、コンサルティ ングなども行っている。日本、台湾等で書籍を出版した経験も。空軍での階級は少佐。

関連するキーワード


自己啓発 ビジネス・スキル

関連する投稿


マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

マインドフルネスの味方! テックな瞑想クッション

「マインドフルネス」という言葉がアメリカに浸透して久しいが、「マインドフルネス」を手に入れるために最も推進されているのが「瞑想」だ。グーグル社などの大企業や米軍など、生産性の向上のために精力的に瞑想を取り入れている組織も多い。そんな中、慣れない人でもすぐに深い瞑想に入れるように開発中の商品が早くも話題になっている。


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!







最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング