「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法


 軍隊に携わる者にとって、避けて通れないのが戦場や被災地などの現場に行くことだ。こうした現場というのは、当然のことながら「訓練」の比ではないほど悲惨である。そんな悲惨な現場で怯むことなく、普段以上のパフォーマンスを実現するには、それなりのスキルが必要になる。なかでも一番身に着けておきたいスキルは、「短時間で最良の選択をし続ける」というものだろう。

 現場では、さまざまな事柄が同時に起こるために、ひとつのことに対して熟慮熟考している暇がない。瞬時に物事を判断し、すぐに実行に移さなければ、自分はもちろん、仲間や救助しなければならない人々を救うことができないこともある。そのように緊迫した環境下で何かを瞬時に選択しなければならないことなど、普通の生活においては、そうは起きないかもしれない。

 しかし、人生が「常に選択の連続である」ことは、誰にとっても同じだろう。最良の選択をすることが出来れば、最良の人生への道は開ける――それを実現するためにお勧めしたいのが「意識的な3秒」だ。

 このトレーニングはもともと、悪習慣を正すために使われるものである。「分かっているのにやめられない」というような行動をとってしまいそうになる際に、3秒間、思いとどまる癖をつけるというものだ。悪習慣はすぐに気づくような類のものだけでも、いろいろあるだろう。タバコ、お酒、食習慣、他人の噂話……。それらに近づきそうになった際に、「それをすることによって、果たして得られるものがあるのか」を自分に問うのである。3秒考えて、その答えが「ノー」であるものは、しないでおく方が賢明だ。

 3秒は短い時間ではあるものの、何かを思い留まったり、その行動が本当に正しいか正しくないかを考えて良い習慣に向かうための行動を選択するには、十分な時間であると言える。「3秒考える」癖をつけて、その都度、正しい行動を心がけていくと、大事な局面で短期間に何かを選択しなければならないような時にも、この習慣が生きてくる。

 この「意識的な三秒」は、誰でもすぐにいつでも実践できるほど簡単だ。重要なことは、それを「続けること」だけである。これを意図的に人生のあらゆる選択の場に生かしてほしい。たかが3秒、されど3秒。そして、その3秒の積み重ねが人生を最良のものへと変えていくのである。

「マインドフルネス瞑想」がアメリカを救う?

https://bizseeds.net/articles/483

 「マインドフルネス瞑想」がアメリカ国内でブームになって久しい。今や有名企業の社員研修やビジネススクールの授業などでも取り上げられ、そのルーツとも言える仏教への関心も高まっている。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


自己啓発 ビジネス・スキル

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


オペラ歌手の真冬の恋

オペラ歌手の真冬の恋

運命鑑定と開運アートで、ハリウッドセレブリティら、ビッグネームたちから愛される著者がこっそり伝える成功者たちの習慣とは?Sara Sayes(サラ・セイヤス)の『運命鑑定士がみたアメリカ人の幸福』。年の瀬になると著者の元には翌年の運勢鑑定が殺到するが、よい運気でも運が上がらない人もいるらしい。必ず開運するコツとは?


英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!


アメリカでの交渉に必要なこと

アメリカでの交渉に必要なこと







最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング