戦争へ一歩近づいた? 米国が3隻目の航空母艦を北朝鮮付近に配備

戦争へ一歩近づいた? 米国が3隻目の航空母艦を北朝鮮付近に配備


 北朝鮮とトランプ米大統領の応酬が続き、戦争への不安が消えない中、朝鮮半島沖で戦闘訓練を行っている2隻の米軍母艦に、先月末、3隻目の空母ニミッツが加わった。このことから、『The Daily Star』紙は米軍が戦争に備えた動きをしているとほのめかし、「アメリカは北朝鮮の核を撃ち落とせる」という米国迎撃ミサイル・システム製造企業RaytheonのCEOケネディ博士のコメントを紹介した。戦争への動きが現実化してきたかに見えるこの記事、RedとBlueはどう読むか?

出典『The Daily Star』
参照元:US Sends THIRD Aircraft Carrier Near North Korea in Shock War Move

RED: アメリカは立ち上がった
“America Rising”

 北朝鮮は、戦争を終結させた1953年の朝鮮戦争停戦以来、共産主義の凶悪国家である。日本人の誘拐、世界におけるテロ行為、1200万人以上の北朝鮮国民の大量飢餓、強制収容キャンプの運営、25万人もの人々の残虐な投獄、そしてアメリカと太平洋同盟国に対する核攻撃の直接的な脅威などが、言語に絶する彼らの犯した罪の数々である。

 アメリカ歴代大統領(ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、そしてバラク・オバマ)は、北朝鮮問題をほとんど無視して、北朝鮮のこうした行動をほぼ25年にわたって見逃してきた。しかし、トランプ大統領はこれまでの歴代大統領とは違うようだ。北朝鮮に対して立ち上がったアメリカを誇示するために、この地域に3隻目の米航空母艦戦闘隊を送り込んだ。金正恩に脅威を与えるために立ち上がったのだ。北朝鮮が大陸間弾道核兵器を保有する危機に対して、そして北朝鮮がしかけようとする戦争を攻防するために。

 中国政府でさえも、中国と北朝鮮間の全ての商業交流の停止を命じ、国連による北朝鮮に対する制裁強化を暗黙のうちに後押しもさせた。北朝鮮は、アメリカから瞬時に譲歩を確保できた以前とは異なり、終焉に向かっているのかもしれない。中国との貿易や西側との援助がなくなれば、北朝鮮はいよいよ韓国主導の政権の元に韓国と平和的な統一を迎える道を選ぶか、あるいは、現代の世界に暗い影を落とす形で、自ら軍事的に破滅の道に進む可能性に直面することだろう。


BLUE:自紙を多く売るためだけに記事を書く最低のタブロイド新聞
“The Daily Star Wants to Sell Newspapers”

 『The Daily Star』紙 は、でっち上げのニュースを報道するセンセーショナルなタブロイド新聞だ。このニュース全体の事実確認をするのは、突っ込みどころが多過ぎて相当な時間がかかってしまうだろう。

 そこで、いくつかの事実だけをここに上げておこう。国防総省のジョセフ・ダンフォード海兵隊大将は、問題の第3隻目の空母は、「偶然」韓国の近くにいただけであると言っており、ジェームズ・マティス国防長官も「我々の目標は戦争ではない」と述べている。

 ダンフォード、マティス、さらにはトランプ大統領も韓国を訪問しており、この地域のアメリカ艦船の数は力の誇示、または米軍の計画の一部だと推測するのは容易だろう。でも我々は、なぜ韓国の近くに3隻の母艦がいるかについて、軍から何の情報も得ていない。今年の4月にも日本海をアメリカの空母が航海した時に同様のことが起こり、トランプ自身が北朝鮮に向けてのメッセージとして送ったのだと発言したが、この時トランプは間違った情報を与えられたか、あるいは嘘をついたかのどちらかだ。なぜなら、その空母はオーストラリアとの軍事演習のためにインド洋に向かう途中だったからだ。

 『The Daily Star』紙が興奮して書いている3隻目の空母について我々がわかっていることは、この船が現在どこかに向かっているということだけだ。それを裏付ける事実がないまま、まるで「戦争が間近だ」と言わんばかりのセンセーショナルな見出しをつけるのは危険であり、無責任である。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

ハワイとアラスカ、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの射程範囲に

https://bizseeds.net/articles/220

 今月4日、再び北朝鮮がミサイルを試射し、北朝鮮国営メディアはそれが高度2,802キロメートルに達したと伝えた。専門家の中には同ミサイルは8,000キロメートル以上の射程があると見ている者もおり、この見解に沿えばアメリカでもハワイとアラスカが射程範囲内になる。

北朝鮮に関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連するキーワード


北朝鮮 韓国 オバマ大統領

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。


【Red vs. Blue】トランプ大統領は金正恩の罠にかかるのか?

【Red vs. Blue】トランプ大統領は金正恩の罠にかかるのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事に、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、トランプ大統領が北朝鮮の要請を受けると発言したことについて、両派の意見を乞う。


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。


【Red vs. Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs. Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング