「靴下を通して幸せを届けたい!」 ダウン症の青年のビジネスが注目

「靴下を通して幸せを届けたい!」 ダウン症の青年のビジネスが注目


 米大手ニュース・ケーブルTV『Fox News』に出演したことをきっかけに、ニューヨーク在住の若き21歳の起業家、ジョン・クローン氏が注目を集めている。

 ジョンさんはダウン症の青年だ。しかし、「ダウン症は、何かに挑戦するに屈する理由にはならない」と本人が語るように、障害をハンデとせず、自らのアイデアを形にし、起業の道を選んだ。2016年に高校を卒業後、最初は進路について悩みもあったそうだが、「靴下ビジネス」を思いつき、共同経営者であり父親のマークさんとともに、「John’s Crazy Socks」という会社を設立した。

 ジョンさんは2016年12月より、自らのオンラインのワンストップ・ショップを立ち上げ、カラフルなデザインの靴下を販売している。さまざまなポップなイラストが描かれた靴下の品揃えは1,300以上。ビジネスのコンセプトは「靴下を通して、幸せを広げる」という、いたってシンプルなものだ。

 そのコンセプトを体現するように、ジョンさんの販売する靴下は、ジョンさん本人からの短い手紙とキャンディー、割引チケットを添えて、注文した当日に発送される。働く従業員は障害のある人たちを積極的に採用し、彼らの雇用機会を創出することも忘れていない。また、売り上げの5%をNational Down Syndrome Society(全米ダウン症ソサエティ)などへの寄付にあてることも企業が大事にしたい姿勢のひとつとしている。

 会社設立から1年足らずではあるが、この親子のビジネスは、その誠実さが社会的にも既に高く評価されており、収益も創業以来、毎月右肩あがりだ。初年度の売り上げ予測は120万ドルから130万ドルだという。「多くのスタートアップ企業があっという間に消え去る中、靴下だけでこの数字は捨てたものではない」とジョンさんの父、マークさんは話しているが、確かに初年度から日本円にして1億5,000万円近い売り上げを達成できる企業はそれほどないであろう。これからの彼らの健闘にも期待が膨らむ。

公式ページ:Johns Crazy Socks
引用元:Down syndrome entrepreneur builds success out of socks, shatters stereotypes

コーヒーチェーンが紡ぐ、新しい形の「アメリカン・ドリーム」

https://bizseeds.net/articles/527

 経済誌『フォーブス』が今年、最も評価されるべきスモール・ビジネスのひとつと称して、「Small Giants 2017」に選んだドライブ・スルーのコーヒーショップがある。今までアメリカにはなかった「とあるルール」をフランチャイズ加盟条件に設けたことで事業が拡大、売り上げを伸ばしている。

本物そっくり! ホールフーズが植物で作ったマグロ握り寿司の販売開始

https://bizseeds.net/articles/508

全米展開する高級スーパーマーケット、「ホールフーズ」の人気デリ・セクションにも寿司コーナーがあるが、ロサンゼルス市内のホールフーズでは今月1日から、有名レストラン出身のシェフが長年をかけて開発した「植物から作ったマグロ」を使用した握り寿司の販売を開始した。

新サービスに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


新サービス

関連する投稿


大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

大声で歌っても同居人に迷惑が掛からない優れモノ

「人目を気にせず、大声で歌いたい!」、「上司の悪口を大声で叫びたい」などと思っても、それをする場所に困る人が多いはず。そんな世界共通の悩みを解消してくれる、お手軽グッズを紹介しよう。これで部屋の壁の薄さを心配することなく、大声で歌って日々のストレスを解消できる?!


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

最後の一滴まで!ヘアサロンが絶賛する商品とは?

プラスチック容器に入ったシャンプーやリンス、ハンドソープなどは、たいてい少しドロリとした液体で、最後まで使い切るのは意外と大変だ。そこに目を付けた企業が開発したものとは?






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング