花を届けてくれるのは、誰? ちょっと「おいしい」ビジネス

花を届けてくれるのは、誰? ちょっと「おいしい」ビジネス


 「パシフィック・ノースウエスト」と呼ばれるアメリカ西海岸北部は、壮大な自然に恵まれ、環境や自然に優しく、全ての生き物との「共存」を大切にする人が多い土地柄だ。その地域を代表する都市のひとつ、オレゴン州ポートランドで、「まさに、ポートランド!」と言えるちょっと変わった花の配達サービスが誕生し、話題を呼んでいる。

 配達サービスの名称は「GOATGRAM」(ゴートグラム)。その名の通り、二匹のヤギが、花を配達してくれるというもの。「テレグラム(電報)」という単語に引っ掛けて、ヤギのオーナーであるブレット・ウィルソンさんが作った造語である。

 美しくデザインされたブーケに使われた花々は、すべてウィルソンさんの畑で栽培されたもの。しかも、それらの花はすべてオーガニック(無農薬栽培)で、食用として料理にも使える。もちろん部屋に飾るだけでもいいが、「できればウチの美味しい花を食べてほしい」とウィルソンさんは自信満々だ。

 このサービスは一日二組まで受け付けており、料金は一律100ドル。二日前までに申し込みが必要だ。一日二組に数を制限している理由は、配達員のヤギたちの「ヤギとしての生活を尊重するため」だそうだ。

公式サイト:GOATGRAM

ヤギが与えてくれる至極のひととき「ヤギヨガ」とは?

https://bizseeds.net/articles/206

世の中にはおかしなことを思いつく人がいるものだが、オレゴン州のある女性起業家はヤギを使ったビジネスを考えた。現在ウエイティング・リストは“600人待ち”という、その人気サービスの内容とは?

新サービスに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


新サービス オレゴン州




アクセスランキング


>>総合人気ランキング