英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!


今回はストレートに「お金」の話!

 「お金」を英語で言おうとすると、まずは「money 」という単語が出てくるだろう。It's only money but it's still money.(たかがお金されどお金)。「お金」は、世界中の誰にとっても避けられない大事な事象であるにも関わらず、多くの文化において、表立ってそれを語ることは「好ましからぬ」ことだと思われているところもある。人生は「お金がすべてではない」と言われるし、まさにその通りだと思うが、お金のあるなし、どう使うか、お金との付き合い方は、人生そのものを反映するほど重要な問題であることは事実だ。

 日本でもそうだと思うが、アメリカでも子供への積極的な「お金」教育は少なく、多くの人が、お金を「見よう見まね」で使用する大人になっていく。だが、それは車の運転の仕方を正しく教えられないまま、それこそ「見よう見まね」で公道を車で走り回ることに似ている。 運転は装置や操作方法を学んでから路上に出るべきであり、それはお金の扱い方も同様だ。

 ここで取り上げる下記の英単語は、車でいえばハンドル、アクセルなどの基本の装置説明だ。すでにご存じの英単語だろうが、改めて定義や使い方を考えることはないかもしれないので、ここでちょっと単語の定義をみてみよう。

お金を表す英単語の「定義」を解説

Money:

 これは日本語で「お金」という時の感覚と同じと思っていいだろう。“I have money“という時、現金だけでなく銀行預金も含む「支払いの手段の役割をもったもの」の意味は日本語でも同じだ。また、その他の財産(fortune, wealth, prosperity)があることも意味し、一般的・全般的に「お金」という時に使う。

Cash:

 紙幣や硬貨の形の「お金」=現金を指すが、cash settlement(現金決済)  cashflow (キャッシュフロー)などの言葉もあるように、広い意味で銀行預金やクレジットカードも含めた「流動的な手元のお金」も指す。

Currency:

 これは「通貨」だ。通貨とは「貨幣」とも訳され、国などによって価値が保証された、モノやサービスとの交換・決済に用いられる「お金」(価値交換媒体)だが、上記のように「お金を持っている」の意味として “I have currency”とは言わないので注意してほしい。

Funds/ Fund:

 資金、基金、基本金、財源 など集まった「お金」のことを表す。またFundと単数形だと、基金の口座、金融商品の「ファンド」(mutual fund, hedge fund など)を指す。

 その他にもいろいろあるが、また折を見て「お金」の英語のニュアンスの違いや使い方を取り上げていこうと思う。特に金銭上のことは、外国語で話す際もお互いの含みがずれていないように表現しあえるのが望ましい。世界的にも「たかがお金されどお金」だからである。

最新研究 お酒を飲むと外国語がうまくなる説は事実?

https://bizseeds.net/articles/485

 英語やフランス語などの外国語は、読み書きの習得よりも、流暢に会話することの方が難しいと感じている人は多いだろう。

英語に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。




アメリカでの交渉に必要なこと

アメリカでの交渉に必要なこと


和製英語には要注意! 

和製英語には要注意! 






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング