英語で「お金」表現する単語あれこれ

英語で「お金」表現する単語あれこれ

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介する、ケネス・ローレンスの『禅的投資』。数あるお金を意味する単語の定義の理解については、意外と曖昧かもしれない。今回はそこにフォーカス!


今回はストレートに「お金」の話!

 「お金」を英語で言おうとすると、まずは「money 」という単語が出てくるだろう。It's only money but it's still money.(たかがお金されどお金)。「お金」は、世界中の誰にとっても避けられない大事な事象であるにも関わらず、多くの文化において、表立ってそれを語ることは「好ましからぬ」ことだと思われているところもある。人生は「お金がすべてではない」と言われるし、まさにその通りだと思うが、お金のあるなし、どう使うか、お金との付き合い方は、人生そのものを反映するほど重要な問題であることは事実だ。

 日本でもそうだと思うが、アメリカでも子供への積極的な「お金」教育は少なく、多くの人が、お金を「見よう見まね」で使用する大人になっていく。だが、それは車の運転の仕方を正しく教えられないまま、それこそ「見よう見まね」で公道を車で走り回ることに似ている。 運転は装置や操作方法を学んでから路上に出るべきであり、それはお金の扱い方も同様だ。

 ここで取り上げる下記の英単語は、車でいえばハンドル、アクセルなどの基本の装置説明だ。すでにご存じの英単語だろうが、改めて定義や使い方を考えることはないかもしれないので、ここでちょっと単語の定義をみてみよう。

お金を表す英単語の「定義」を解説

Money:

 これは日本語で「お金」という時の感覚と同じと思っていいだろう。“I have money“という時、現金だけでなく銀行預金も含む「支払いの手段の役割をもったもの」の意味は日本語でも同じだ。また、その他の財産(fortune, wealth, prosperity)があることも意味し、一般的・全般的に「お金」という時に使う。

Cash:

 紙幣や硬貨の形の「お金」=現金を指すが、cash settlement(現金決済)  cashflow (キャッシュフロー)などの言葉もあるように、広い意味で銀行預金やクレジットカードも含めた「流動的な手元のお金」も指す。

Currency:

 これは「通貨」だ。通貨とは「貨幣」とも訳され、国などによって価値が保証された、モノやサービスとの交換・決済に用いられる「お金」(価値交換媒体)だが、上記のように「お金を持っている」の意味として “I have currency”とは言わないので注意してほしい。

Funds/ Fund:

 資金、基金、基本金、財源 など集まった「お金」のことを表す。またFundと単数形だと、基金の口座、金融商品の「ファンド」(mutual fund, hedge fund など)を指す。

 その他にもいろいろあるが、また折を見て「お金」の英語のニュアンスの違いや使い方を取り上げていこうと思う。特に金銭上のことは、外国語で話す際もお互いの含みがずれていないように表現しあえるのが望ましい。世界的にも「たかがお金されどお金」だからである。

最新研究 お酒を飲むと外国語がうまくなる説は事実?

https://bizseeds.net/articles/485

 英語やフランス語などの外国語は、読み書きの習得よりも、流暢に会話することの方が難しいと感じている人は多いだろう。

英語に関する記事 >

この記事の寄稿者

ローレンス・クリエイティブCEOとして、投資・ビジネスに特化した英語学校「ローレンス・インスティテュート」を運営。米ワシントン州のグリーンリバーカレッジで大学進学集中ESL科での教員経験から、日本人の英語指導には定評がある。ハワイ大学演劇科修士課程・博士課程修了後、1990年代には日本国立能楽堂内の国際演劇協会の職員として能楽の研究、学会誌の編集に携った経歴をも。The Japan Time、東洋経済オンラインニュース英語版『Tokyo Business Today』など寄稿多数。学校運営、投資家を続けながら、妻と世界中の図書館巡りを楽しんでいる。
著書:『ペンタゴン式 諜報員の英会話習得術』(講談社)

関連する投稿


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?


成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

成功への選択「ラブの時間です!」2019年4月5日~4月11日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「エイプリール・フール」2019年3月29日~4月4日

成功への選択「エイプリール・フール」2019年3月29日~4月4日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング