組織改革:アメリカの作法

組織改革:アメリカの作法

 組織が大きければ、大規模改革の実施は難しい。しかし、それを断行することで得られるものも大きい。ホッケーを例にしてみよう。


競技人口が多い国が「勝てる」わけではない

 アイスホッケーは、サッカー、バスケットボールと共に、北米とヨーロッパ両方で盛んな数少ない集団球技である。しかし、その競技人口には偏りがあり、アメリカ(約56万人)とカナダ(約63万人)を合わせた北米が、なんと世界の総競技人口の三分の二を占めるほど圧倒している(国際アイスホッケー連盟:IIHF 2017年の統計)。これだけの競技人口と世界最高峰プロリーグNHLを擁する経済力があれば、国際大会で常に北米が圧倒的な結果を残していてもおかしくないはずだが、現実はそうでもない。特にアメリカ男子代表は1980年以来オリンピックで金メダルが無く、世界選手権やU20大会でも、スウェーデン(約6万4千人)やフィンランド(約7万6千人)等、アメリカの15%にも満たない競技人口の国の後塵を拝するなど低調な時期が長く続いた。

 豊富な競技資源を活かせていない現状を脱するため、統括競技団体USA Hockeyは、2009年にAmerican Development Model(以下ADM)という大改革を断行した。

成果をあげる画期的な改革にも反対の声

 この改革は科学的根拠に基づき、合理的かつ一貫した年代別選手育成方法をマニュアル化しただけでなく、育成年代別の試合数と練習数の比率や大会の実施方法、クラブの構成にまで踏み込んだ素晴らしい内容である。ADM以前にもコーチング・マニュアルやライセンス制度は当然存在していたが、必要なライセンスを取得していれば、具体的育成方法は各クラブとコーチたちに一任されていた。そこに導入された新しく合理的なADMは、アメリカのユースホッケー業界で諸手を挙げて大歓迎された……わけではなかった。なかでも特に「若年層の試合数を減らして練習の比率を増やすガイドライン」、「8歳以下は、子供の体格に合わせてリンク全面ではなく半面や三分の一面を使う試合形式の義務化」、「勝利至上主義と早期エリート化を抑制するため、8歳以下では優勝を決める大会の廃止、12歳以下のチームをAAA、AA、Aと名づけることの禁止」などは、既存のユースホッケービジネスに大きな影響を及ぼすこともあり、強い反発と議論を招いた。

 そもそもフリーダムの国アメリカでは、政治・経済でも、連邦政府等の統括団体からの強いコントロールを嫌う傾向があり、いかに合理的であっても上意下達式の大規模な制度改革には非常な困難を伴う。そこでUSA HockeyはNHLと提携し、アメリカ人のNHL選手やコーチたちが、ADMの合理性を各メディアで伝えた。また、ADM特設ウェブサイトで育成情報を分かりやすく配信。全米各地にADMマネージャーを設置し、指導者向けセミナーを通年で行いながら、ADMの利点を草の根レベルで啓蒙していった。さらにADMの趣旨に賛同し、ガイドラインに沿った運営を導入するクラブを全国から募り、USA Hockey Model Associationsに認定し、優先的に支援することで、競技構造改革への参画を後押しした。

 その結果、アメリカの選手育成は短期間に目を見張る成果を上げ、U17、U18、U20代表は世界大会の常勝チームとなり、NHLのアメリカ人選手比率も増加した。結果を見せると懐疑的だった人々も急に熱狂的な賛同者になるというのも、実にアメリカ的だ。この改革は現在も着々と進行している。

 次なるプロジェクトは、エリート・アメリカ人ゴールキーパーの育成だ。2030年までにNHLと女子のトップリーグで、アメリカ人ゴールキーパーのプレー時間を全体の51%以上に増やすことを目標にしている。現状は約20%なので、二倍以上というかなり高い目標設定だ。こちらの改革も、防具メーカーを巻き込み、出来るだけ多くの子供たちがゴールキーパーを体験できるように簡易着脱可能なゴールキーパーの防具を開発したりと、目標達成のための取り組み手法は大胆かつ計画的である。

 組織が大きくなると、様々な利害関係のしがらみで大規模な改革が難しくなるのは、どの国や社会でも見られることだが、高い理想と目標を掲げるだけでなく、具体的かつ徹底的な改革を断行して成果を上げるADMは、どの分野にも大きな参考材料になるだろう。

タイムズスクエアに20トン超の砂糖の山 子供の食生活に警鐘をならす

https://bizseeds.net/articles/366

 ヘルシー志向のスナックを製造販売するカインド(KIND)社が、8月22日、ニューヨークのマンハッタンの中心地タイムズスクエアで、重量にして4万5千485パウンド(約20トン)もの砂糖を積みあげるというイベントを行った。

スポーツに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

日本、欧州、そしてアメリカを舞台にグローバルな視点でビジネスを展開する著者が、日本人がアメリカで勝負するために不可欠な常識をお伝えする倉地愛の『アメリカ起業指南』。相手の顔色を伺い過ぎる傾向がある日本人ビジネスマン。アメリカの商談で気にするべき箇所は、そこではない!


マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

マインクラフトを自分が作ったコンピューターで!

大人も子供も夢中になるゲーム『マインクラフト』。冒険や物語を自分で作るもの作りゲームとしても知られるが、そのゲームを自分で作ったコンピューターで楽しめるキットが人気を博している。


畑を目指す若者たち  ミレニアルが都会の生活を捨てる日

畑を目指す若者たち  ミレニアルが都会の生活を捨てる日

アメリカでは農業を目指すミレニアル世代たちが増えている。高学歴、安定した収入と都会の暮らしを捨て、農業に従事する彼らの抱える現実とは?







最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング