「メキシコ国境の壁」建設を妨害するため、国境周辺の土地を購入

「メキシコ国境の壁」建設を妨害するため、国境周辺の土地を購入

 メキシコとアメリカの国境に壁を作ると公言したトランプ大統領から「アメリカを守るため」に、国境の周辺の空き地の購入した米カードゲーム会社。自分たちは「ただ普通に正しいだけ」と言う彼らとは?


国境の壁の建設を邪魔するためだけ

 「A party game for horrible people(最低な人たちのためのパーティゲーム)」を自称するカードゲーム制作会社、カーズ・アゲンスト・ヒューマニティLLC(CAH)。そんな彼らが米国とメキシコの国境にある空き地の一区画を、トランプ大統領が計画している「国境の壁」の邪魔をするためだけに購入したことが話題になっている。

 もちろん同社は、これをすることで壁の建設を完全に止められるという幻想は抱いていない。しかし、「トランプ政権が壁の建設にとりかかった場合、できるだけ時間と費用をかけさせるため」に土地を購入し、土地収用権の専門弁護士を雇ったのである。

 同社の新サイト「CAHはアメリカを救う」にも、そのことが明確に記載されている。
そして、「ドナルド・トランプは、メキシコ人を怖がる途方もない馬鹿だ。彼は怖くて仕方がないから、2千億ドルもする壁を作りたいのだ。そんなことをしても何にもならないと誰もが知っているのに」というコメントも同サイトに掲載している。

その土地は、ホリデー・シーズン恒例のサプライズ・ギフト?

 実は、この土地の購入と新サイトは、同社のホリデー・シーズン恒例の宣伝活動の一環。同社は今年、15ドル(1,700円弱)を払った客に「アメリカを救う6つのサプライズ商品を玄関先まで」届ける予定だ。そのサプライズの中には、上記の国境の空き地の地図、CAHゲームの新作カード数枚や、その他のお楽しみが含まれているという。そのサプライズ・ギフトは「楽しくてヘンテコなもの」であり、「もし、あなたがトランプに投票した人なら、今回は購入を見合わせたくなるかも」とも。

 同社共同発案者のマックス・テムキン氏は、この土地の購入に関して、「無用な事業である国境の壁の建設をやめさせるためのシリアスな芝居として計画されたもの。壁の建設を本当にやめさせるには、もちろん大統領選挙に勝って、政権を持たなくてはならないが、これはこれで愉快な抵抗だと思っている。牛歩戦術にはなるかも」と言い、この発表をしても、同ゲームのファンであるトランプ支持者たちからの反発は、それほどなかったそうだ。「CAHを楽しむには教養とユーモアのセンスが必要だから、CAHのファン層には筋金入りのトランプ派はそれほどいない」と、テムキン氏は話している。

 CAHの宣伝広告は過去にも話題になったことがある。たとえば昨年は、何もない場所に何の理由もなく巨大な穴を掘る資金として、10万ドル(約1,100万円)以上もの寄付を集めた。また、3年前には、同社がメイン州沖にある私有地の島を購入して、「ハワイ2」と名付け、25万人の客に訪問権を与えている。現在この「ハワイ2」は、ハイキングや釣りをする人々に一般公開されている。今年の夏には、中身はオリジナル・バージョンと同じだが、「女性用CAH」というピンク色の箱バージョンのカードゲームを発売した。オリジナルよりも5ドル値上げした(約560円;オリジナルが$25ドルなので20%割高)同商品の売上総利益は、より多くの女性を公職に選出するための政治行動委員会「エミリーズ・リスト」に送られた。

「僕たちはただ普通に正しいだけ」と言うCAH社のジョークは、本当にアメリカを救えるのか? 「ハワイ2」を超えるような名所になるか、今後の行方に注目したい。

CAH公式サイト:https://cardsagainsthumanity.com/

米ハリケーン被災地にメキシコから援助ボランティアが駆けつけた

https://bizseeds.net/articles/407

 8月末に米テキサス州を襲った大型ハリケーン「ハービー」は、死者60人を出し、数万人が依然、避難生活を強いられている。テキサス州と国境で隣接しているメキシコは、赤十字社を通じて物資や食料輸送の準備を整えると共に、テキサスにボランティアを派遣し、食事の世話や精神的サポートなど、被災者の支援に当たっている。

メキシコに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

【Red vs. Blue】トランプ大統領、ロシア疑惑調査文書の機密解除指示を撤回

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が 突然、自身のロシア疑惑調査の機密を解除した背景に関して保守派、リベラル派が意見を交わす。


「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

「大手新聞の一斉トランプ批判」への批判

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。全米300紙以上の新聞が8月18日、一斉にトランプ大統領を批判する社説を掲載した。そして、この批判への批判もチラホラ……。


メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

メラニア・トランプのファッション、HOW MUCH?

常に華やかでスタイリッシュ、カジュアルからフォーマルまで完璧に着こなすメラニア米大統領夫人。現在はアメリカ国籍だが、スロベニアからの移民で、渡米前はその180㎝の長身を生かしてモデルとして活動していた。今日はそんな彼女のファッションにフォーカスを当ててみよう。


「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

「宇宙軍」創設!? 中間選挙へ向けたトランプの新戦略

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ政権が「米軍に新しく宇宙軍(Space Force)を加える」と提案したことについて。この提案に湧くトランプ支持者たちを、リベラル派の著者はどう見るか?






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング