カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

カラダにいいことは、イケメン医師に聞け!

アメリカにも様々なインフルエンサーがいるが、医療界で有名なのは何と言ってもドクター・マイクだ。インスタグラムで火が付き、フォロワーの数260万人強と言う彼の正体は?


甘いマスクに世界中の女子が悶絶

 ドクター・マイクこと、ミカエル・ヴァーシャヴスキー(Mikhail Varshavski)は、ニューヨーク在住のロシア移民の整骨医。190センチを超える長身に鍛え上げられた美しい身体、イケメンすぎる端正な顔立ちが話題となり、インスタグラムからスターになった。2015年11月に、『People』誌が選ぶ「世界で最も美しい医師」として紹介されてからは、ファンが瞬く間に拡大。今や彼のフォロワーはアメリカのみならず、世界中にいる。

 治療の合間の姿、ジムで体を鍛える様子、愛犬とくつろぐ様子などがあまりにも絵になるために、今はニューヨークのファッション・アイコンとしても数々のファッション・ブランドのPRに引っ張りだこで、テレビ番組などにも出演している。インスタグラムを追う形でスタートしたYouTubeチャンネルのフォロワー数も、すでに25万人強。同チャンネルでは自然治癒を高めるための食生活のヒントなど、健康維持に役立つ情報も積極的にアップしているが、何故か自身のシャワー・シーンなどセクシー映像などもあって、その姿に悶絶してしまう女子は後を絶たないようだ。

知名度を利用し、社会にも貢献

 インスタグラムで名声を得たドクター・マイクが、現在、最も積極的に取り組んでいるのが、2015年に自らが立ち上げた非営利財団「Limitless Tomorrow」を通じての若者支援だ。財政的理由から、才能や能力があっても学校に行けない子供などを援助するための財団で、集めたお金から奨学金を出している。昨年は、その資金を集めるために「ドクター・マイク本人と、ベーグル、コーヒーを楽しむデートを体験できる権利」を特典とする抽選券を販売したことでも話題になった。彼とのデートの権利を求めた応募は予測をはるかに上回り、最終的には91,000ドルもの奨学金を集めることが出来た。

 頭脳明晰で美しい容姿、しかも社会貢献にも熱心となれば、世の女性が彼を放っておくはずはない。人々の健康のために情報発信を続けている彼が結婚してしまったら、そのショックから彼のせいで病気になる人が続出するのではないかという冗談も、あながちシャレにはならないのでは?という声もあるようだ。

■ドクター・マイク
・Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC0QHWhjbe5fGJEPz3sVb6nw
・インスタグラムページ:https://www.instagram.com/doctor.mike/

■Limitless Tomorrow
・ホームページ: http://www.limitlesstomorrow.org/home.html

いつまでも現役! 美しき82歳のフライト・アテンダント

https://bizseeds.net/articles/538

アメリカの企業では、日本で一般的な「定年退職制」というものは定められていない。自分が仕事を辞めると決める時が「定年」で、その時期を決定するのは個人の自由だ。早くに財を築いて若いうちに引退してしまう人もいれば、いつまでも現役のまま働き続けることを選ぶ人もいる。

健康に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


Youtube 健康 医療 Instagram




最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング