次回の米国勢調査、人種欄の「白人」はざっくり過ぎる?

次回の米国勢調査、人種欄の「白人」はざっくり過ぎる?

アメリカで10年ごとに行われる国勢調査。最後尾に0がつく年に行われるため、次回の調査は2020年だ。それに踏まえて新たな見直しが進められているが、なかでも争点になっているのは「人種欄」だ。


これまで「白人」は、ずっと「白人」だった

 アメリカで初めて国勢調査が行われたのは1790年。当時は、馬にまたがった保安官が一軒ずつ回って、人々を「自由な白人男性(free white males)」、「自由な白人女性( free white female)」、「その他の自由な人たち( all other free persons)」、「奴隷(slaves)」の4つに分類して数えたが、その後も1960年までは 「誰が白人で、誰が白人以外の人種」なのかを国勢調査員が判断していた。1960年に初めて住民が自ら自身の人種を調査票に書き込む方法に変わったが、「白人」という欄は常に調査票の人種欄の最初に記載されてきた。

 しかし、次回の国勢調査では、これまで「白人」という欄に印を入れてきた人たちにも、各自の人種的背景を掘り下げる質問項目を加える話が出ている。たとえば「白人」という欄に印を入れた後、さらに「ドイツ系」、「アイリッシュ系」、「ポーランド系」など、「白人」には違いないが、「どこからアメリカへ来た白人なのか?」を明記させるという案である。

白人同士で優越をつけようとする人が現れる懸念も

 この新案を取り入れることで、選挙時における地域の人種構成が把握できるだけでなく、法案の作成や健康被害の分析などが、さらにしやすくなるため、政府側には有益な情報が入手できる。しかし、各「白人」の祖先の出身国を掘り下げることで、多国間をまたがる先祖が大勢いても自分にとって都合のよい国だけを申告したり、白人至上主義派が「さらに優越な白人は」として神話化している欧州の一国を勝手に申請する可能性などもいなめない。

 一方で、白人を「細分化してくれるのは、ありがたい」という人もいる。一部のユダヤ教信者のように「人種は白人だが、宗教が異なる」ため、「同じ白人として一括りにされるのは如何なものか」と感じている人々や、複数国に印を入れられるならば正しい情報の把握に繋がると考える人々もいるようだ。

 もしトランプ現政権が、この改定案を承認した場合(締め切りは今月8日)、次回の米国勢調査票の人種欄はこれまでとはかなり異なるものになるだろう。通常、アメリカで人種にかかわる法案が通る場合、それがどのような法案であっても白人と有色人種間、保守派とリベラル派間で意見が分かれてヒートアップするため、現政権がこれに対してどういう結論を出すかが注目される。

引用元:2020 Census May Ask White People To Get Specific About Their Ethnicity

遺伝子検査の結果に落胆する白人至上主義者たち

https://bizseeds.net/articles/357

「23 and me」や「haplotype」など、アメリカでは多くの企業が唾液から簡単に遺伝子検査ができるサービスを提供しており、昨今注目を集めている。そんな遺伝子検査について、白人至上主義をうたう極右派ウエブサイトの中で最も長い歴史を持つ「ストームフロント」の読者フォーラムが白熱している。

白人至上主義に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

社会的な弱者を決めつける、矛盾だらけのリベラル派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は「社会的弱者として擁護されるべき人々」を、「白人男性以外」、「キリスト教以外」だと決めつけているように見えるリベラル派の矛盾を、保守派はどう見ているのかについて。


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。


文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング