自立への道の「希望」を生む、ホームレス村

自立への道の「希望」を生む、ホームレス村

米オレゴン州のユージーン。リベラルなこの土地らしいホームレス村が誕生し、話題になっている。すべてを失い、絶望の淵にある人たちに最も必要なものは「希望」。そう考えるコミュニティーの取り組みとは?


必要なのは、施しではなく自立支援

 現在、全米にはホームレスが、50万人以上いると言われている。高額医療費による自己破産や、倒産、離婚などで深く傷ついた上、家を失ってしまったというホームレスたちの中には、つい少し前まで「ごく普通の暮らし」をしていた人も大勢いる。ほんの小さなきっかけで転落してしまった彼らは、絶望の淵で希望を失った状態にある。しかし、その「希望」さえ見出すことができれば、彼らの多くは再び自らの足で立ち上がることが出来るのだ。

 オレゴン州ユージーン市に誕生したホームレス村は、「誰の人生にもチャンスを」という願いを込めて、「Opportunity Villages」(チャンスの村)という名が付けられた。このコミュニティーでは、何よりも家を失った人のために「希望」を見出す手助けを大切にしている。ここを運営するのは「SquareOne Villages」という非営利団体だ。この団体は市内の空き地を借り上げ、そこに小さな家を建てて、ホームレスたちに住む場所を提供している。まずは映像を見てみよう。

「希望」というギフトが人々を真に救う

 この映像は、人道主義の活動家として知られる、Rob Greenfieldが制作したもの。彼が自らのフェイスブック・ページでこの動画をアップロードしたところ、あっという間に59万回再生、1,200以上もシェアがなされたことからも、この村への人々の関心の高さがうかがえる。これらの家は寄付で集められた資材を使い、ホームレスである当人たちと、多くのボランティアによって建設されたもの。現在、家の数は30軒。特徴は、「サステイナブル(持続可能)な暮らしの提供を基本とする」という運営側の姿勢だ。小さいながらも安全性、安定性、プライバシーが守られた空間を用意し、そのコミュニティーを利用するホームレスたちが共同で使える調理場、野外ダイニング・スペースなどを設置。利用者たちの食糧の確保などについても、コミュニティーの共有資産として自らが耕せる、小さな畑まで用意されている。

 「シェルター」や、いわゆる「炊き出し」のような、いわば「施しの形で行われる支援」ではなく、暮らす人々が共に助け合い、それぞれが自立を目指せる機会を大切にしている。彼らが行っているのは「希望」の創造なのだ。

 SquareOne Villagesはこの他にも似たようなコミュニティーを運営しているというが、こうした団体の姿勢に共感する人は多く、支援を申し出る人は後を絶たないそうだ。

SquareOne Villages ホームページ:https://www.squareonevillages.org/

住まいのない大学生たち 増加する若年層ホームレス

https://bizseeds.net/articles/284

 アマゾン・ドットコムやマイクロソフト本社、グーグルの支社などIT関連企業の進出により全米でも抜きん出て急成長中のシアトルは、ワシントン州キング郡最大の都市である。しかし、その成長の一方で、ホームレスという深刻な社会問題を抱えているのも事実だ。

労働者に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


オレゴン州 貧困層 労働者

関連する投稿


あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

あれから1カ月、米大統領に中指を立てた女性に寄付殺到

先月、米メディアを騒がせた一枚の写真がある。自転車を漕ぐヘルメット姿の中年女性が、黒塗りの米大統領車両に向かって左手の中指を立てた姿を捉えたものだが、その彼女の元に寄付が殺到しているという。





ウォルマートが狙う巨大な自動販売機戦略とは?

ウォルマートが狙う巨大な自動販売機戦略とは?

オクラホマ・シティに出現した巨大な箱。サイズはトラックのコンテナーより少し大きめで約20メートル×6メートル。その箱にデカデカと書かれた「ウォルマート」の文字。一体、ウォルマートは何を仕掛けようとしているのか?






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング