シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


やたらと荷物の多いアメリカ人たち

 私のアメリカ人の友人で、主に起業家を対象にした「プロフェッショナル・オーガナイザー」としてシリコンバレーで活躍している女性がいる。起業家は自分の才能を活かすことはもちろん、無駄なくシステム化された時間の使い方をしないとビジネスの成長は難しいため、彼女のサービスは常に繁盛している。

 起業家のカンファレンスに出席する際、出席者は会場となるホテルに滞在することが多い。私もカンファレンスの際には、起業家の友人たちとルーミング(一緒に宿泊すること)し、夜遅くまでお互いのビジネスやライフスタイルについて語り合うことが楽しみのひとつでもある。連泊するにあたり、私もある程度の荷物を持っていくが、それとは比べものにならないくらいの多くの荷物を友人達は持参する。

 ある友人は、たった3泊なのに半分ずつ使うクローゼットに靴をたくさん並べられていた。数えてみたら、スニーカーからヒールの靴まで9足もあって驚いた。朝5時にホテルにあるジムを使う際、毎朝、異なるスニーカーを履くためだという。アクセサリーも、「家にある物を全部持ってきたのでは?」と思うほどに山盛りに持参していた。

 自家用車で来た友人は、朝に自分が飲むためのスムージーの材料からミキサーまで持参していた。また、バナナを20〜30本と水を1ダース持ってきたり、プロテイン・パウダーを詰め替えずに大容量の容器ごと持ってきたり、 有機野菜や果物を中心とした食事をガラスの入れ物に入れて毎食分を持参するほど食事に拘る健康志向の人などもいる。

 とにかく、誰もがやたらと荷物が多い。日本人の感覚からすると、整理整頓能力が高いとは残念ながら言えない人が多いのは確かである。

整理整頓は得意な人に任せればいい

 こんなに整理整頓が苦手な人たちのビジネスを成功に導くためには、この要素、つまり整理整頓に特化した専門家、プロフェッショナル・オーガナイザーが必要だ。日本ではあまり馴染みのない職業かも知れないが、個人のスケジュール管理だけを専門とする人たちも意外と多く、特にシリコンバレーでは、オーガナイザーのニーズは高い。

 整理整頓が苦手な人たちのパソコンの中身や顧客情報の整理、経費や収支などのデータ整理はもちろん、私のように育児中の起業家には子供の学校や習い事などのスケジュール管理法から食事のルーティンまで、それぞれのニーズに合わせてサポートしてくれる仕事である。

 強い精神と肉体を持たなければ、良い仕事はできない。日々のストレスや感情面に流されることなく、淡々と自分のルーティンをこなしながら、顧客が目指すゴール達成のためにあらゆるニーズに素早く対応できる、完璧と思えるほどの彼女の整理整頓能力には、いつも脱帽する。その仕事には、任せるだけの価値が明確にある。

 プライベートに関わる部分であっても、自分の不得意とするところはお金を払って専門家へ委託し、ビジネスでより効率的なパフォーマンスを実現させることが米国流スタイルなのだ。

シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?

https://bizseeds.net/articles/336

 世界中から優秀なエンジニアが集まるシリコンバレー。そこで働くエンジニアたちとは、どんな人達だろうか? 

シリコンバレーに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング