シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


やたらと荷物の多いアメリカ人たち

 私のアメリカ人の友人で、主に起業家を対象にした「プロフェッショナル・オーガナイザー」としてシリコンバレーで活躍している女性がいる。起業家は自分の才能を活かすことはもちろん、無駄なくシステム化された時間の使い方をしないとビジネスの成長は難しいため、彼女のサービスは常に繁盛している。

 起業家のカンファレンスに出席する際、出席者は会場となるホテルに滞在することが多い。私もカンファレンスの際には、起業家の友人たちとルーミング(一緒に宿泊すること)し、夜遅くまでお互いのビジネスやライフスタイルについて語り合うことが楽しみのひとつでもある。連泊するにあたり、私もある程度の荷物を持っていくが、それとは比べものにならないくらいの多くの荷物を友人達は持参する。

 ある友人は、たった3泊なのに半分ずつ使うクローゼットに靴をたくさん並べられていた。数えてみたら、スニーカーからヒールの靴まで9足もあって驚いた。朝5時にホテルにあるジムを使う際、毎朝、異なるスニーカーを履くためだという。アクセサリーも、「家にある物を全部持ってきたのでは?」と思うほどに山盛りに持参していた。

 自家用車で来た友人は、朝に自分が飲むためのスムージーの材料からミキサーまで持参していた。また、バナナを20〜30本と水を1ダース持ってきたり、プロテイン・パウダーを詰め替えずに大容量の容器ごと持ってきたり、 有機野菜や果物を中心とした食事をガラスの入れ物に入れて毎食分を持参するほど食事に拘る健康志向の人などもいる。

 とにかく、誰もがやたらと荷物が多い。日本人の感覚からすると、整理整頓能力が高いとは残念ながら言えない人が多いのは確かである。

整理整頓は得意な人に任せればいい

 こんなに整理整頓が苦手な人たちのビジネスを成功に導くためには、この要素、つまり整理整頓に特化した専門家、プロフェッショナル・オーガナイザーが必要だ。日本ではあまり馴染みのない職業かも知れないが、個人のスケジュール管理だけを専門とする人たちも意外と多く、特にシリコンバレーでは、オーガナイザーのニーズは高い。

 整理整頓が苦手な人たちのパソコンの中身や顧客情報の整理、経費や収支などのデータ整理はもちろん、私のように育児中の起業家には子供の学校や習い事などのスケジュール管理法から食事のルーティンまで、それぞれのニーズに合わせてサポートしてくれる仕事である。

 強い精神と肉体を持たなければ、良い仕事はできない。日々のストレスや感情面に流されることなく、淡々と自分のルーティンをこなしながら、顧客が目指すゴール達成のためにあらゆるニーズに素早く対応できる、完璧と思えるほどの彼女の整理整頓能力には、いつも脱帽する。その仕事には、任せるだけの価値が明確にある。

 プライベートに関わる部分であっても、自分の不得意とするところはお金を払って専門家へ委託し、ビジネスでより効率的なパフォーマンスを実現させることが米国流スタイルなのだ。

シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?

https://bizseeds.net/articles/336

 世界中から優秀なエンジニアが集まるシリコンバレー。そこで働くエンジニアたちとは、どんな人達だろうか? 

シリコンバレーに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

毎日コンピューターに向かい、長時間の集中を強いられる仕事をしているシリコンバレーのIT業界従事者たちの間で、自宅の庭で鶏を飼うことが流行っている。バーチャルの世界から離れて、できるだけ自然と触れ合いたいと考える人が増えているようだ。


成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

成功への選択「どちらの招待が優先?」2018年7月20日~7月26日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

成功への選択「家族の肖像」2018年7月13日~7月19日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?






最新の投稿


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

とうもろこしや大豆など遺伝子組換え種子や農薬を生産販売してきた多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の主力除草剤「ラウンドアップ」。これに発がん性があることを隠して販売していたとして、末期がんを宣告された男性が同社を告訴していた裁判で11日、男性側が勝訴。モンサントは約320億円の賠償金の支払いを命じられた。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング