アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

日本、欧州、そしてアメリカを舞台にグローバルな視点でビジネスを展開する著者が、日本人がアメリカで勝負するために不可欠な常識をお伝えする倉地愛の『アメリカ起業指南』。相手の顔色を伺い過ぎる傾向がある日本人ビジネスマン。アメリカの商談で気にするべき箇所は、そこではない!


自由に育てられた子供が大人になった

 「したい」のか、「したくない」のか。アメリカ人にとって、最もプライオリティーが高いのが「本人の意志」である。

 すべては本人の意志で、物事を動かす。もっと簡単な言い方をすれば、「自分が納得して動ければ、それでいい」のだ。

 例えば、子供に食べ物の好き嫌いがあるとしよう。日本人の場合は、もし子供が野菜を食べないならば、親がいろいろと工夫して子供に野菜を食べさせないといけない状況になりがちだ。しかし、アメリカでは「栄養のバランスを考えると食べた方がいい」と思ったとしても、「野菜が嫌いならば、食べなくてもいい」という文化がある。

 私が息子の子育てや学校を通して、このことに最初に気づいたときは明らかに戸惑った。日本人は和食を通して、「一汁三菜」という素晴らしく栄養のバランスがとれた献立を昔から親を通して受け継ぎ、たいていの家では食事の際に何品かのおかずが食卓に並ぶ。その中には、もちろん野菜も入っている。たいていの主婦は、食事の際には複数のおかずを用意しなければならないという前提の上でキッチンに立つ。

 しかし、アメリカ人は違う。夕食にピザだけとか、子供の食事はチキンナゲットだけなど、付け合わせも副菜もなく、栄養バランスはまったく考えられていない食事が頻繁に見られる。しかも、自分の子供に対して「栄養があるから食べなさい」、「成長するために食べなさい」という親は、あまりいない。本人が好きなら食べる、嫌いなら食べなくていいという感じで、母親はあまり子供の食生活に干渉しない。

 食事に限らず、アメリカ人は幼少の頃から、本人の意志による選択で決めたことに対して、親や親戚などが口出しすることは、まずない。親戚などが集まる際に、子供達だけで例えばトランプなどのゲームをするときなどでも、自分の子供がそれに参加したいか、したくないかを尊重する。ほかの子がみんなやっているのだからと言って、無理に子供を参加させようとする親など、いない。

 家族揃ってレストランで食事をする際などでも、親たちは自分の意見の押し付けはせず、でしゃばりもせず、子供の話をよく聞く。子供が何を考えているか、子供の気持ちを尊重し、危険なときや常識に反することをしたときなどを除き、子供を注意したり、怒ったりすることはない。

相手の気持ちよりも大事なのは、自分の欲しいもの

 つまり、幼少の頃から、「したい」か、「したくないか」の選択を許され、個人の意志を尊重される中で育ったアメリカ人には、周りの様子に合わせて事を運ぶということは、ほとんどない。相手がどうしたいかなど気にせずに生きてきたフリーダムな背景がある人が多いのだから仕方がない。

 そのため、ビジネス・シーンにおいても、自分の意志を通す半ば強引な態度が頻繁に見られる。自分の要望は明確だが、相手の都合はほとんど考えない。日本でビジネスを成功させたことのあるアメリカ人や、日本人びいきの親日家アメリカ人は極稀であるが、そういうビジネスマンは日本人の良さを知っており、押し引きをうまく調整している。しかし、一般的なアメリカ人ビジネスマンは、そうではない。最初からガツガツと、大きな要望を「これでもか!」と押しつけてくるので、その瞬間にたいていの日本人はそれを不快に感じたり、ストレスを感じるはずだ。

 こうしたアメリカ流の中で、ものごとを前進させるためには、まずは相手の話を全部聞くことだ。そのあとで、「できる、できない」の理由を述べて話し合い、ディベートとディスカッションを繰り返し、交渉のスキルを上達させるのがよい。「なぜ、こうする方がいいのか?」と、相手を納得させる交渉ができたら、どんなアメリカ人とも対等にビジネスができるだろう。

宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる

https://bizseeds.net/articles/335

 全米の学校で、低学年の子どもたちへの宿題を見直す動きが起きている。「宿題の学習効果はほとんどない」という研究結果が出され、家庭でも、宿題のストレスに悩まされることへの不満が高まっているためだ。

教育に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


子供 教育

関連する投稿


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。2月9日に開幕した平昌冬季オリンピック。前回に引き続き、北米の女子アイスホッケーがなぜ優位なのかを解説しよう。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング