アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

アメリカ人は、本人の意思で物事を動かす

日本、欧州、そしてアメリカを舞台にグローバルな視点でビジネスを展開する著者が、日本人がアメリカで勝負するために不可欠な常識をお伝えする倉地愛の『アメリカ起業指南』。相手の顔色を伺い過ぎる傾向がある日本人ビジネスマン。アメリカの商談で気にするべき箇所は、そこではない!


自由に育てられた子供が大人になった

 「したい」のか、「したくない」のか。アメリカ人にとって、最もプライオリティーが高いのが「本人の意志」である。

 すべては本人の意志で、物事を動かす。もっと簡単な言い方をすれば、「自分が納得して動ければ、それでいい」のだ。

 例えば、子供に食べ物の好き嫌いがあるとしよう。日本人の場合は、もし子供が野菜を食べないならば、親がいろいろと工夫して子供に野菜を食べさせないといけない状況になりがちだ。しかし、アメリカでは「栄養のバランスを考えると食べた方がいい」と思ったとしても、「野菜が嫌いならば、食べなくてもいい」という文化がある。

 私が息子の子育てや学校を通して、このことに最初に気づいたときは明らかに戸惑った。日本人は和食を通して、「一汁三菜」という素晴らしく栄養のバランスがとれた献立を昔から親を通して受け継ぎ、たいていの家では食事の際に何品かのおかずが食卓に並ぶ。その中には、もちろん野菜も入っている。たいていの主婦は、食事の際には複数のおかずを用意しなければならないという前提の上でキッチンに立つ。

 しかし、アメリカ人は違う。夕食にピザだけとか、子供の食事はチキンナゲットだけなど、付け合わせも副菜もなく、栄養バランスはまったく考えられていない食事が頻繁に見られる。しかも、自分の子供に対して「栄養があるから食べなさい」、「成長するために食べなさい」という親は、あまりいない。本人が好きなら食べる、嫌いなら食べなくていいという感じで、母親はあまり子供の食生活に干渉しない。

 食事に限らず、アメリカ人は幼少の頃から、本人の意志による選択で決めたことに対して、親や親戚などが口出しすることは、まずない。親戚などが集まる際に、子供達だけで例えばトランプなどのゲームをするときなどでも、自分の子供がそれに参加したいか、したくないかを尊重する。ほかの子がみんなやっているのだからと言って、無理に子供を参加させようとする親など、いない。

 家族揃ってレストランで食事をする際などでも、親たちは自分の意見の押し付けはせず、でしゃばりもせず、子供の話をよく聞く。子供が何を考えているか、子供の気持ちを尊重し、危険なときや常識に反することをしたときなどを除き、子供を注意したり、怒ったりすることはない。

相手の気持ちよりも大事なのは、自分の欲しいもの

 つまり、幼少の頃から、「したい」か、「したくないか」の選択を許され、個人の意志を尊重される中で育ったアメリカ人には、周りの様子に合わせて事を運ぶということは、ほとんどない。相手がどうしたいかなど気にせずに生きてきたフリーダムな背景がある人が多いのだから仕方がない。

 そのため、ビジネス・シーンにおいても、自分の意志を通す半ば強引な態度が頻繁に見られる。自分の要望は明確だが、相手の都合はほとんど考えない。日本でビジネスを成功させたことのあるアメリカ人や、日本人びいきの親日家アメリカ人は極稀であるが、そういうビジネスマンは日本人の良さを知っており、押し引きをうまく調整している。しかし、一般的なアメリカ人ビジネスマンは、そうではない。最初からガツガツと、大きな要望を「これでもか!」と押しつけてくるので、その瞬間にたいていの日本人はそれを不快に感じたり、ストレスを感じるはずだ。

 こうしたアメリカ流の中で、ものごとを前進させるためには、まずは相手の話を全部聞くことだ。そのあとで、「できる、できない」の理由を述べて話し合い、ディベートとディスカッションを繰り返し、交渉のスキルを上達させるのがよい。「なぜ、こうする方がいいのか?」と、相手を納得させる交渉ができたら、どんなアメリカ人とも対等にビジネスができるだろう。

宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる

https://bizseeds.net/articles/335

 全米の学校で、低学年の子どもたちへの宿題を見直す動きが起きている。「宿題の学習効果はほとんどない」という研究結果が出され、家庭でも、宿題のストレスに悩まされることへの不満が高まっているためだ。

教育に関する記事 >

この記事の寄稿者

 ファッション、美容を中心に、日本とヨーロッパで長年輸出入ビジネスを展開。2008年、リーマンショック直前に日本の拠点としていた輸入会社を大手アパレル企業、株式会社ベイクルーズに売却、翌年2009年よりアメリカで本格的な事業展開をスタートし、ハワイ州にビジネスを登記。その後カリフォルニア州ロスアンゼルスにFundsmedia incを設立した。日米双方に向けての商品開発や販売、マーケティング、コンサルテーション、プロモーション、ライセンス契約エージェント業務など、幅広いサービスを提供。特にビューティー、フードビジネスエリアに関するサービスには定評がある。日欧米というグローバルな土壌で培った長い事業経験と、常に新しい視点でリサーチを重ねたビジネス案、ヒット予測を元に、現在新商品開発にも力を入れている。アメリカでビジネス展開を希望する、日本の個人、企業パートナーも募集中。

関連するキーワード


子供 教育

関連する投稿


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?






最新の投稿


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

アメリカの有権者、中間選挙でトランプと共和党による一党政権を拒否

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。中間選挙では民主党が躍進して下院を奪回したが、上院が共和党支配のままでは民主党の出来ることは限られている。確実に一歩前進したリベラル派だが、その先に続く道は険しそうだ。


成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

成功への選択「新調したマフラー」2018年11月16日~11月22日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング