ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


高級ホテル「Wynn」にある名店の名物とは?

 ラスベガスを現在の形にまで成長させた立役者とされ、世界一のカジノ王と呼ばれるスティーブ・ウィン氏が、2005年にオープンした「Wynnラスベガス」。ミラージュ、トレジャー・アイランド、ベラージオなど、目抜き通りを代表するホテルを次々と建ててきた彼が、満を持して自らの名前を名称にした、ラスベガスきっての豪華リゾートだ。

 レストランやブランド店のラインナップにこだわった同ホテルの中にあり、比較的カジュアルで美味しい料理を楽しめると評判なのが「Jardin」というレストランだ。このレストランには、とても有名な名物デザートがある。まずは映像を見てみよう。

本物のそっくり!植木鉢の中身は?

 美しい花をあしらい、本物の植木鉢にしか見えないこのデザートの正体は、チョコレート・ケーキだ。高級チョコレートとフレッシュ・クリームをふんだんに用いたチョコレート・ムースを、ラズベリージャムをしっとりと焼き上げたケーキ生地に挟んで何層かに重ね、植木鉢そっくりに形成。フランス語で「花」を意味する“Fleur(フルール)”と名付けられた、とても美しく美味しそうなケーキだ。この植木鉢を食べたら「一体、どれほどのカロリーになるか?」が、心配になるほど大きなケーキだが、お値段は18ドル(約2,000円)。ラスベガスに行った際には、食のエンターテイメントとしてトライしてみてはいかが?

Jardin ホームページ : http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/Jardin

アイスクリーム百花繚乱 インスタグラムで拡散を!

https://bizseeds.net/articles/526

 昨年の夏、ニューヨークにて期間限定で展開された「Museum of Ice Cream」。大人から子供まで、すべての世代が楽しめるイベントとして瞬く間に話題となり、以降サンフランシスコ、ロサンゼルスでも展開を続けている。

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業界 ラスベガス

関連する投稿


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング