ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


高級ホテル「Wynn」にある名店の名物とは?

 ラスベガスを現在の形にまで成長させた立役者とされ、世界一のカジノ王と呼ばれるスティーブ・ウィン氏が、2005年にオープンした「Wynnラスベガス」。ミラージュ、トレジャー・アイランド、ベラージオなど、目抜き通りを代表するホテルを次々と建ててきた彼が、満を持して自らの名前を名称にした、ラスベガスきっての豪華リゾートだ。

 レストランやブランド店のラインナップにこだわった同ホテルの中にあり、比較的カジュアルで美味しい料理を楽しめると評判なのが「Jardin」というレストランだ。このレストランには、とても有名な名物デザートがある。まずは映像を見てみよう。

本物のそっくり!植木鉢の中身は?

 美しい花をあしらい、本物の植木鉢にしか見えないこのデザートの正体は、チョコレート・ケーキだ。高級チョコレートとフレッシュ・クリームをふんだんに用いたチョコレート・ムースを、ラズベリージャムをしっとりと焼き上げたケーキ生地に挟んで何層かに重ね、植木鉢そっくりに形成。フランス語で「花」を意味する“Fleur(フルール)”と名付けられた、とても美しく美味しそうなケーキだ。この植木鉢を食べたら「一体、どれほどのカロリーになるか?」が、心配になるほど大きなケーキだが、お値段は18ドル(約2,000円)。ラスベガスに行った際には、食のエンターテイメントとしてトライしてみてはいかが?

Jardin ホームページ : http://www.wynnlasvegas.com/Dining/CasualDining/Jardin

アイスクリーム百花繚乱 インスタグラムで拡散を!

https://bizseeds.net/articles/526

 昨年の夏、ニューヨークにて期間限定で展開された「Museum of Ice Cream」。大人から子供まで、すべての世代が楽しめるイベントとして瞬く間に話題となり、以降サンフランシスコ、ロサンゼルスでも展開を続けている。

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業界 ラスベガス

関連する投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

 世界中からグルメが集まる街、ニューヨーク。一流店がしのぎを削り、舌の肥えた客たちをもてなすこの地に、今年オープンしたスイーツ&ベーカリー「Chanson」。この店にはちょっとした秘密が……。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング