最後は、森に帰ろう――あなたが紡ぐ死と再生の物語

最後は、森に帰ろう――あなたが紡ぐ死と再生の物語

自分の死後を想像することは少ないかもしれないが、人の人生はあまりに短く、あなたが死んだ後も残された人々の生活は続いていく。あなたは死後、どのような形で、この世界に残りたいだろうか?


誰の人生も平等に訪れる「死」

 生きている以上、避けることが出来ないものが「死」だ。日常生活の中で、自分が死ぬときのことを考える機会は少ないかもしれないが、あなたは自分が死んだら、どのように埋葬されたいだろうか? 今、環境保護に熱心なアメリカ人たちの中で、「地球にやさしい、死んでからの社会貢献」が、じわじわと流行の兆しを見せている。まずは映像を見てみよう。

土に帰り、木々になり、命を育む森になる

 この映像で紹介されているのは、スペイン・バルセロナと米ロサンゼルスに拠点をもつBios Urn社が開発した、遺灰を入れる壺だ。この壺は、壺ごと土に埋めた後に100%生分解されるようにデザインされており、あらゆる自然環境下でその土壌と安全に融合するという、環境に優しい商品である。
 アメリカには環境問題に取り組む非営利団体や個人の数が多いが、環境にアウェアーな人たちにとっては「自分が死んだ後、地球上に育つ緑のひとつになる」という、いわば「永遠なる社会貢献」の形が、大きく心に響いているようだ。

 壺は木の種とセットで販売されており、自分の住んでいる地域、あるいは埋葬を希望する土地の気候にふさわしい木々を選択できる。人生を終えて土に帰った「自分」が、緑を育み、森を創る……。死んだらお墓に入るという一般的な考えや習慣だけでなく、こうした新しい「死後の選択肢」が現れてくる中、これからは「生きているうちに自分の行く末を決めておく人たち」が、ますます増えていくだろう。

Bios Urn ホームページ:www.urnabios.com

手をかざすだけで生活すべてを管理する?! 人間社会の未来図

http://bizseeds.net/articles/510

 人々の生活は猛スピードで進化している。今や買い物はもちろん、電車や飛行機に乗るのも、携帯電話がひとつあれば、すべて事足りてしまう時代だ。

文化に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


アメリカ人 環境問題

関連する投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

超豪華なブティックも登場、驚愕のアメリカのマリファナ事情

 日本では非合法だが、アメリカでは国の半数以上の州でマリファナが解禁されている。そのため関連産業も急速に成長し、なかには驚くほど豪華なブティックも登場。その実態を覗いてみよう。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング