「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


軍の訓練の実態とは

 「軍の訓練」と聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのが「ブート・キャンプ」だろう。心身共に限界まで追い込み、自らを「創造しなおす訓練」として、軍に入隊したものは、誰もがこのキャンプを経験する。多くが「もう二度とあんなトレーニングはしたくない」と口々にするほど、ブート・キャンプは過酷だ。ろくに眠ることも許されず、毎日何時間も走らされ、身体を酷使し、少しでも気を抜けば怒号が響き渡る……。しかし、実際の戦場や被災地などは、訓練以上に悲惨であることがほとんどだ。何度もそうした現場を経験してきたが、「これでもか」と思うほどブート・キャンプで厳しくトレーニングされて丁度いいくらい、現実は厳しい。軍隊式訓練は総じて過酷だが、緊張下で機能する「自分」を作り上げるには、こうした実践訓練が何より相応しいのである。

  人は、一流や本場と呼ばれる世界で自らを磨いた方がいい。特に何かを習得しようとする際、基本を押さえてコツコツとスキルを積み上げることに加え、緊張感のある一流の現場で、自分を試す経験を積んだ方がいい。そうした場所で自分を試せない場合は、本物や一流といわれる現場をなるべく「見る」、「知る」ことが出来る、あらゆる努力をするべきだ。現場にいる人が書いた本を読んだり、講演会や勉強会に参加したり、現場を見学する機会があれば、そうした機会をすべて利用すべきである。「本物を知ることなしに、本物は目指せない」――これは軍での経験の中で習得した私自身の哲学でもある。

海軍が作った「海」のような巨大プール

 米軍の場合、「本物の現場」は実際の戦場や被災地になるため、「とりあえず経験してみる」というわけにはいかない。そのため、必然的に「本物に酷似した状態」を再現して行う訓練が増える。今まで経験した中で特に記憶に残るのは、核兵器と生物兵器が実際に使われたことを想定して行われた大規模な訓練だ。武器、防弾服、レーダーなどのツールに至るまで、実践のそれを使い、あまりの厳しさに「本当の戦場に投下されたのではないか」と何度も思えてしまうような緊迫感を味わった。訓練が終わった後も数日間は放心状態になったほど過酷だったが、その過酷さを忘れぬよう、何度も「イメージ・トレーニング」として、この経験を頭の中で再現せよと、当時の上司に指導されたこともよく覚えている。このイメージ・トレーニングもまた、トレーニングそのものの成果をさらに上げるために大変役立った。頭の中で何度も現場をリハーサルすることは、恐らくビジネス・シーンにおいてもプレゼンや、スピーチの席などに役立つものではないかと思う。

 この映像は米メリーランドにある「The Maneuvering and Seakeeping Basin」、通称「MASK」(“操縦および航海”の略)と呼ばれる海軍が所有する訓練プールを撮影したものだ。全長約103メートル、横幅73メートルの同プールでは、様々な天候を想定した海の波を本物のように再現することができる。主に機材をテストするためのプールで、海軍が水中で使うあらゆる機材をここでテストしている。米軍では緻密さを求められる訓練や実験ほど、このように本物に近い現場環境を整備するのである。

 機密のために外部には出せない情報も多いが、このように公共に出せる情報も米軍のホームページなどに掲載している。最新の技術があらゆるところに使われていることが、わかるだろう。

セルフレス(無私)の境地を手に入れる

https://bizseeds.net/articles/338

 軍隊経験を通して学べた最も貴重なことのひとつが、「人は一人ではない」ということだ。あまりにも単純で当然なことのようだが、ともすると人はそんな単純なことすら忘れてしまう。

米軍に関する記事 >

この記事の寄稿者

現役米国国防総省キャリア、サイバーセキュリティ・スペシャリスト。University of Washington卒。米空軍在軍中に、米国軍 事大学院で修士課程修了。その直後に 国防総省国防情報システム局入局。情報部隊のエキスパートとして、国防総省でも保有率わずか1%というサイバーテロスペシャリストのライセンスを取得。現在は国防総省、軍に籍を置きつつ、民間企業「ディフェンス・ディベロップメント・コンセプト社」をベースに、米、カナダ等でセミナー、コンサルティ ングなども行っている。日本、台湾等で書籍を出版した経験も。空軍での階級は少佐。

関連する投稿


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。


ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

ドラッグクイーンがスーパーヒーロー?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。Netflixが発表した新作の子供向けアニメシリーズ『Super Drags』が、波紋を呼んでいる。その驚愕の内容とは?


ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

ブレインテックがトップ・アスリートを創造する?

脳に働きかけて能力向上を図るブレインテックは、アメリカで急成長し続ける技術エリアだ。今回紹介するのは、ブレインテック・ヘッドフォン。トップ・アスリートたちがこよなく愛する商品の秘密とは?!


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?






最新の投稿


成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

成功への選択「とまどい」2018年10月19日~10月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング