日米英における電気自動車の所有は、ガソリン車より既に安いと判明

日米英における電気自動車の所有は、ガソリン車より既に安いと判明

電気自動車は「コンセプトは良いが、値段が高い」という印象があるが、最新の調査によって、日本、アメリカ、イギリスにおいては、ガソリン車やディーゼル車よりも電気自動車の所有コストの方が安いことが分かった。


もはやガソリン車より、電気自動車を所有する方が安くなった

 研究論文サイト「サイエンス・ダイレクト」に掲載された「Applied Energy」の最新号で、英国リーズ大学のジェームズ・テイト氏らによる研究「日本、アメリカ、英国におけるハイブリッドと電気自動車の所有コストと市場シェアー」という論文が発表され、この三国においては、ガソリン車やディーゼル車よりも、電気自動車の方が維持費を含めた所有するコストがすでに安くなっていることが判明した。

 今回の研究では、購入価格と減価償却費、燃料費、保険料、税金とメンテナンスなど、「4年間でかかる自動車の総所有コスト」を分析した。これは1997年から2015年までの上記三国の各自動車の総所有コスト(TCO)を比較した調査で、ハイブリッドやプラグイン・ハイブリッドを含まない純粋な電気自動車の場合、日本、米テキサス州、米カリフォルニア州、英国の各市場でガソリン車やディーゼル車よりも安価であるという結果が出たという。純粋な電気自動車は、エンジンよりも構造が簡単なモーターを使用していることや、電気自動車特有のブレーキの仕組みなどで故障や消耗する箇所が少なく維持費が安くなり、ガソリンやディーゼルよりも電気の燃料コストの方が安いことが結果に大きく反映しているとみられている。

 ガーディアン紙の取材によると、今回の研究に参加した前述のテイト氏は、「生産が拡大されるにつれて、純粋な電気自動車はバッテリーのコストが下がり安くなると予想されていたが、すでにここまでコストが低くなっていたことには驚かされた。電気自動車の未来に確信を持った」と語っているという。

電気自動車が「最も安価な自動車の選択肢」となる

 電気自動車は環境への意識の高まりだけでなく、特にディーゼル車の大気汚染への懸念から普及がより一層進むと考えられている。 現時点では電気自動車の競争力は政府の補助金に頼っている面もあるが、これから数年も経たないうちに補助金なしでも、電気自動車は自動車を購入する際に「最も安価な選択肢になる」と予想されているという。

  しかし、RAC財団のスティーブ・グッディング氏は電気自動車の普及予測に慎重で、「電気自動車は 所有コストがすべてではない。実用性や使いやすさが重要であり、大規模で信頼性が高く、車の所有者が必要とするスピードで充電を行える公衆充電ネットワークが必要だ」と現在の問題点に言及している。

 パソコンや携帯電話、そしてスマートフォンの誕生のように、時代を変えるような新商品が市場に現れたときは、普及までにはある程度の時間がかかるが、一旦普及してしまうと、それ以前のことが思い出せなくなるほど、新商品の方がディフォルトになるのが現代だ。電気自動車がそうなるときも、そう遠くないのかもしれない。

引用元:Electric Cars Already Cheaper to Own and Run Than Petrol or Diesel – Study

自動運転車の開発を早めよ! 安全確認を省略する立法、米下院へ

https://bizseeds.net/articles/252

 米国議会下院の小委員会で19日、自動車安全基準が満たない場合でも、1年間にメーカー各社10万台まで、自動運転車を公道で使用できる立案が可決された。現状の自安全確認を大幅に簡略化する内容であり、本件は9月の下院審議へ進められる。

自動車業界に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

少年が実業家に?! 環境を守るシャンプーを生んだ斬新なアイデア

アメリカのビジネス業界において、このところ特に注目度が高いエリアのひとつが「環境問題を考慮した商品」の開発だ。プラスチック製品を廃止する動きが高まる中で、ある少年の斬新なアイデアから生まれた新たなビジネスが話題を呼んでいる。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

シアトルでプラスチック製ストロー禁止令 新ストローは植物由来

海に投棄されたプラスチック製のゴミによる環境汚染が大きな問題となるなか、米西海岸ワシントン州シアトル市が7月1日より、市内のすべての飲食店で使い捨てのプラスチック製ストローとプラスチック製スプーンやフォークなどの提供を禁止する措置に踏み切った。


エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

エコなヒット商品 再利用できる自然素材のラップ

電子レンジで料理を温めるときや、食材を保存するときなどに使うプラスチック製ラップは、キッチンになくてはならない常備品。欧米でプラスチック製品に使用されている一部の材料の人体への影響を問題視する人たちが増える中、北米では環境を気遣うエコ・コンシャスたちの間で、自然素材から作られた再利用できるラップが人気を集めている。


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング