【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


 何十人ものハリウッド・スターが、大物プロデューサー、ハービー・ワインスタイン氏からセクシャル・ハラスメントを受けたとして告発している事件を引き金に、アメリカでは「#Me too(私も被害者)」運動が起こり、セクハラ被害者として名乗りをあげる女性が次々と現れている。加害者として名前が挙がる人々は映画界だけでなく、テレビ業界の有名キャスターや政治家などにまで広がり、今も余波は収まらない。
 共和党のポール・ライアン下院議長は、政治家のモラルを促すための規則を作ろうという提案をしているが、CNNコラムニストのロクサーヌ・ジョーンズ氏は、「これは政治の問題ではない。もっと大きな社会の問題だ」とし、この機会に女性に対する社会の変革を起こそうと訴えている。フェミニストが闊歩するアメリカで、セクハラがこれほど多いということは、男女が真に同等になれる日はまだ遠いのかもしれない。RedとBlueの意見はいかに?

出典『CNN』
引用元:Sexual harassment is bigger than party politics

[Red 保守派] CNN は民主党のセクハラ言い訳を使って歴史を書き換えている

CNN re-writes history to excuse recent Democrat Sexual Assaults

 最近、左派の政治家、芸能人、ハリウッドの巨人などにより、長い間、繰り返されて来たセクハラ行為が発覚すると、左派ジャーナリストであるCNNは、これを左右両党の問題に仕立て上げようとしているが、それはCNNの完全な幻想に過ぎない。

 いくつかの例をあげよう。ジョン・コンヤーズ(民主党・米議員)、アル・フランケン(民主党)、ハービー・ワインスタイン(左派ハリウッド・プロデューサー)、ケビン・スペイシー(左派俳優)、マット・ローワー(左派ニュース・キャスター)、チャーリー・ローズ(左派ラジオ、テレビ・キャスター)、ロイ・プライス(アマゾン・スタジオのトップ、左派)。ここ1カ月間に発覚した性的犯罪者のリストを見るだけで、左右両党の問題ではないことは明らかだろう。
 それまでにもあった噂や訴えについて調べることもせず知らん顔をしていたCNNのような共謀メディアのせいで、これらの圧倒的多数の性的変質者で左派の行為が継続できていたとも言えるのだ。今、この問題はメルトダウン寸前に達していて、スキャンダルを鎮めることはできなくなったため、CNN はこれを「みんなの問題だ」と言うことにしたのだろう。
 言うまでもないが、これは共和党と民主党の問題ではない。民主党および左派の問題だ。冗談もほどほどにしろ、と言いたいところだ。

[Blue リベラル派] セクハラは20世紀の産物だ

Sexual Harassment Is So 20th Century

 政治、ビジネス、芸能界を問わず、セクハラの告発はこのところ毎日ニュースになっている。企業やハリウッドは告発を深刻に受け止め、職場の基準を変えるための措置を取っている。大手テレビ・ネットワークのNBCは最近、不適切な行為をされたという女性スタッフの訴えを受けて、同局の最も人気の高いアンカー(キャスター)をクビにした。同様に、有名な俳優やプロデューサーも職を失っている。

 ところが政治の世界では、右派、左派共に、「セクハラは特に心配すべきでない」ことなのだと、振舞おうと努めているように見える。彼らはお互いの党を、「何もないところからスキャンダルを作り出そうとしている」と言って非難しあい、自分たちの党員の誤った行動は「悪意のない過ち」だとか、「誤解だ」とか、あるいは「フェイク・ニュースだ」と主張している。それぞれが対立政党を偽善だと非難し、それぞれが自分たちは女性をサポートする党であると主張している。

 この政治的な姿勢の問題は、どれひとつとして男女間の平等を促進するものではない。自分たちの職員に対して性的嫌がらせを行なっている政治家たちの今現在の問題を解決するものでもない。その人が良いリーダーかどうかは、性によって決まるものではなく、政党からの「支持」を最も得ているかどうかも、性で決まるものではない。何が女性にとって良いかを男性たちが決めるという発想は、前世紀で死んだはずだ。現在、権力を持っているリーダーたちが、時代による変化を学ぶことができなければ、彼らを指導者とは呼べないだろう。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

アメリカはバカと悪人の国

https://bizseeds.net/articles/466

 ブルームバーグのコラムニスト、ジャスティン・フォックス氏が、米国が保守とリベラルが明確に分裂している原因について考察した。同氏は、双方の政策の違いが分裂を招いているのではなく、一般に保守派はリベラル派を「ナイーブでバカだ」と考えており、リベラル派は保守派を「悪人だ」と考えていると指摘した。

セクシャリティに関する記事 >

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

米大統領選ガイド(6) 「アメリカを二分する4大争点とは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

「肉食」が消える? ゴールデングローブ賞の選択とその後の騒動とは?

アメリカ人の肉の消費量は、年々増加の一途を辿っている。昨年の米農務省の調べによると、牛肉だけでその年間消費量が1人100キロを超えるというから驚きだ。しかし、肉の消費が増加する一方で、「肉食をやめる」という動きが加速している。その理由とは?


世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

世界初の遺体の堆肥化施設、アメリカに今年オープン予定

火葬か土葬しか選択肢がなかったアメリカに、遺体を堆肥化して土に返す「コンポースト」が加わることになった。それを行える法案が昨年、全米ではじめてワシントン州で施行され、世界初の死体堆肥化施設のオープン準備が進んでいる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング