フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


ソーシャル・ネットワークが社会の基盤を壊した

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が世の中に出現したことによって、社会の形態が変わったことは間違いない。そのソーシャル・ネットワークの構造基盤を作ったとも言えるフェイスブック社の元管理職や元エンジニアが最近、相次いで公の場で発言し、現状に警鐘を鳴らしている。

 10年前にフェイスブック社に入社し、ユーザー獲得部署のバイス・プレジデントを務めたチャマス・パリハピティヤ氏が今週、カリフォルニア州のスタンフォード大学院で講演を行った。その席で彼はフェイスブックについて、「社会が(正しく)機能するための基盤を引き裂くためのツール(道具)を作ったと思っており、とてつもなく大きな罪の意識を感じている」と話し、SNSが開発当初の想像とは異なるネガティブな使われ方をしていることは、今や世界的な問題であると訴えた。

人々はコミュニケーションをとれなくなってしまった

 フェイスブックは、どこにも届かなかった人々の意見を発信できるようなプラットフォームやシステムを構築した。遠くの知らない人とも繋がりやすくなった等、良い面もある。しかし同氏は、発信者の実際の姿が見えないSNSを利用して嘘の情報やニュースを流したり、他人を非情に攻撃したりする行為が増え、国の政治に影響を及ぼすほど悪用されるようになった現状も指摘。また、「いいね、ハートなどを会話の代用にし、短いコメントだけが日常のコミュニケーションの基盤になったことで、社会的な議論をしたり、人と協力したり、きちんとコミュニケーションを取ることができなくなったことは、アメリカだけの問題ではなく、全世界的な問題だ」と話し、自身ではフェイスブックを使用しないように努力していることや、子供には使わせてないことなども明らかにした。

 現在はベンチャー・キャピタル会社を運営するパリハピティヤ氏は、フェイスブックだけでなく、シリコンバレーの投資家たちに対しても、「一見ホットに見えても、バカげていて意味がない企業に投資すべきではない。むしろ、教育や健康保険など社会に意味のあることを行う企業に投資するべきだ」と苦言を述べた。

 同氏だけでなく、警笛を鳴らしている者の中には、フェイスブックの初期の投資家のショーン・パーカー氏や、元プロダクト・マネージャーのアントニオ・ガルシア・マルチネス氏などが含まれており、マルチネス氏に至っては、警告を語る書籍まで出版している。「作った当初には、こんな結果になるとは思わなかった」と発言しているが、ビジネスとは長期で見なければ結果は分からないものでもある。彼らがもしも今後また何か事業を行うとしても、それらが果たして将来、社会的意義があるものになるかは、現時点では誰にも分からないだろう。

引用元:Former Facebook Exec Says Social Media Is Ripping Apart Society

アメリカでも話題に! ソニーの「aibo」復活

http://bizseeds.net/articles/519

 ソニーがロボット犬「aibo」をリニューアルし、2018年1月11日より発売することを発表したが、このニュースはアメリカでも話題になっている。

日本企業に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

パソコンを使えない日本のサイバー戦略担当閣僚、欧米で大ウケ!

日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担当する桜田義孝五輪相が、「自分でパソコンを打ったことがない」ことや「USBを知らない」と報道した日本のニュースを、欧米の大手新聞各紙やウエブメディアが一斉に取り上げ、反響を呼んでいる。アメリカでは各紙の同記事がSNSで拡散され、様々な声が寄せられた。その一部を紹介しよう。


米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

米連邦最高裁の均衡が崩れた危険なアメリカ

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、トランプ大統領が指名した米連邦最高裁の新しい判事が、多くの米国民が反対する中でも就任したことについて、リベラル派の著者がリベラルの視点から意見する。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング