フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


ソーシャル・ネットワークが社会の基盤を壊した

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が世の中に出現したことによって、社会の形態が変わったことは間違いない。そのソーシャル・ネットワークの構造基盤を作ったとも言えるフェイスブック社の元管理職や元エンジニアが最近、相次いで公の場で発言し、現状に警鐘を鳴らしている。

 10年前にフェイスブック社に入社し、ユーザー獲得部署のバイス・プレジデントを務めたチャマス・パリハピティヤ氏が今週、カリフォルニア州のスタンフォード大学院で講演を行った。その席で彼はフェイスブックについて、「社会が(正しく)機能するための基盤を引き裂くためのツール(道具)を作ったと思っており、とてつもなく大きな罪の意識を感じている」と話し、SNSが開発当初の想像とは異なるネガティブな使われ方をしていることは、今や世界的な問題であると訴えた。

人々はコミュニケーションをとれなくなってしまった

 フェイスブックは、どこにも届かなかった人々の意見を発信できるようなプラットフォームやシステムを構築した。遠くの知らない人とも繋がりやすくなった等、良い面もある。しかし同氏は、発信者の実際の姿が見えないSNSを利用して嘘の情報やニュースを流したり、他人を非情に攻撃したりする行為が増え、国の政治に影響を及ぼすほど悪用されるようになった現状も指摘。また、「いいね、ハートなどを会話の代用にし、短いコメントだけが日常のコミュニケーションの基盤になったことで、社会的な議論をしたり、人と協力したり、きちんとコミュニケーションを取ることができなくなったことは、アメリカだけの問題ではなく、全世界的な問題だ」と話し、自身ではフェイスブックを使用しないように努力していることや、子供には使わせてないことなども明らかにした。

 現在はベンチャー・キャピタル会社を運営するパリハピティヤ氏は、フェイスブックだけでなく、シリコンバレーの投資家たちに対しても、「一見ホットに見えても、バカげていて意味がない企業に投資すべきではない。むしろ、教育や健康保険など社会に意味のあることを行う企業に投資するべきだ」と苦言を述べた。

 同氏だけでなく、警笛を鳴らしている者の中には、フェイスブックの初期の投資家のショーン・パーカー氏や、元プロダクト・マネージャーのアントニオ・ガルシア・マルチネス氏などが含まれており、マルチネス氏に至っては、警告を語る書籍まで出版している。「作った当初には、こんな結果になるとは思わなかった」と発言しているが、ビジネスとは長期で見なければ結果は分からないものでもある。彼らがもしも今後また何か事業を行うとしても、それらが果たして将来、社会的意義があるものになるかは、現時点では誰にも分からないだろう。

引用元:Former Facebook Exec Says Social Media Is Ripping Apart Society

アメリカでも話題に! ソニーの「aibo」復活

http://bizseeds.net/articles/519

 ソニーがロボット犬「aibo」をリニューアルし、2018年1月11日より発売することを発表したが、このニュースはアメリカでも話題になっている。

日本企業に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

イーロン・マスクの「ぞっとする」発言にも揺るがないフェイスブック

電気自動車、宇宙事業、都市トンネルや再生可能エネルギーなど大規模なビジネスを展開するイーロン・マスク氏。発言が常に注目される中、渦中のフェイスブックからテスラとスペースXのアカウントを削除したが……


デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

デルタ航空との争議をフェイスブック誘致でカバー? 地方州知事の判断

シリコンバレーを代表する大企業フェイスブック社が米南部ジョージア州に大型データセンターの建設を決定した。保守派の同州は、全米ライフル協会との契約破棄を発表したデルタ航空へ税制優遇措置の撤廃を申し立て、現在その争議中だ。


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

日本の逸品、アメリカ人が査定②「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回は日本ではおなじみ、花王の「めぐリズム・蒸気でホットアイマスク」でリラックスしてもらった。アメリカ人による使用心地の感想はいかに?


新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

新たな婚約指輪トレンドの誕生? 永遠の誓いを“永遠”のものに……

婚約指輪といえば「ダイヤモンド」。そのダイヤモンドの感動を永遠のものにしたいと願うのは、アメリカのミレニアルズ世代も共通だ。しかし彼ら流のダイヤモンドの新しい身に付け方は、ちょっと変わっている


【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

【Red vs. Blue】日米首脳会談で安倍総理がトランプに言うべきことは……?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、今週アメリカで開催される安倍総理とトランプ大統領の日米首脳会談について、両派の意見を乞う。


サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

サマーキャンプで未来を創造するリーダー育成

夏休みが長いアメリカでは、子供を「サマーキャンプ」に送るのが通常だ。キャンプといっても、テントで寝泊まりするのではなく、科学や美術、スポーツなど様々なスキルを学ぶためのもの。なかでも昨今の人気は……?


ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

ホームレスから年収1千万円以上の職に就く道を開くために

サンフランシスコのダウンタウンの一角、テンダーロイン地区には多くの有名IT企業が並ぶが、ビルの前には行き場のない大勢のホームレスが佇む。この貧富の不均衡が明確な地区で二者間を近づける活動を行う団体がある。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング