「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの『アメリカ保守派の考え方』。トランプ大統領が、イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する公約を遂行しようとするのを喜んでいる人々がいるという。


イスラエルは誰の土地なのか

 イスラエルは建国以来、エルサレムが首都である、と宣言している。

 しかし、エルサレムはキリスト教徒、イスラム教徒にとっても聖地であり、パレスチナ人との紛争を回避するために、世界各国はテル・アビブに大使館を置き、テル・アビブがイスラエルの事実上の首都となっている。

 アメリカでは1995年に、「アメリカ大使館をテル・アビブからエルサレムに移転する」と宣言したエルサレム大使館法が制定された。しかし、パレスチナやイスラム教過激派によるテロが激化することを恐れて、その後、3人の大統領(クリントン、ブッシュ、オバマ)がこの法律を無視し続けてきた。

 トランプ大統領も、ティラーソン国務長官や諸外国の首脳から「エルサレムを首都と認めることは、イスラム教過激派のテロに油を注ぐようなものだ」と警告を受けていたが、「アメリカ大使館のエルサレムへの移転」を公約のひとつとして掲げていたトランプ大統領は、彼らの反対を押し切って12月6日に、「エルサレムをイスラエルの首都と認め、アメリカ大使館をエルサレムに移転する」と宣言した。

 これは、トランプの支持の基盤であるアメリカの福音主義派キリスト教徒にとっては、まさに最高のクリスマス・プレゼントとなった。福音主義者は、聖書を文字通り「聖なる書物」だと信じている。他の宗派の人々が聖書を「信仰のガイドライン」として受け止めているのとは異なり、福音主義者たちは聖書の記述は「神の言葉、神の命令、神が定めた規律、実際に起きた史実である」と信じている。

聖書をどう読むかで、解釈が大きく異なる

 創世記15章には、こう記されている。

 主は、アブラム(ユダヤ人の祖先)と契約を結んで、こう言った。「私はこの地(現在のイスラエルに相当する地域)をあなたの子孫に与えた」

 実は、アメリカで売れ行きトップ3の英訳聖書では、主の言葉がI give、与える、と現在形で訳されているが、原語のヘブライ語で使われている動詞は既存事実が継続している状態を示す時制(英語の現在完了形に近い時制)なのである。つまり、ごく普通に聖書を読んでいるキリスト教徒は、神は「イスラエルをユダヤ人に与える」と約束したと解釈しているだけで、この約束が実現したかどうかまでは考えていない。

 一方、聖書の言葉を忠実に守ろうとしている福音主義者たちは、原語のヘブライ語をしっかり勉強している牧師たちから、「天地創造の際に、主がアブラムの子孫(=ユダヤ人)にイスラエルを与えたと、創世記に明記されている」と聞かされているため、イスラエルはユダヤ人の土地ということを史実、既成事実、神の意図と理解している。

 また、ゼカリヤ書12章など複数の箇所に、「エルサレムがイスラエルの首都であり、神はエルサレムを通じて地上を支配する」という主旨が記述されている。さらに、ルカによる福音書、使徒行伝など複数の箇所には、「イスラエルが再建されたらイエスが地上に再臨する」と記されている。

 これらの記述を信じている福音主義者たちは、「イスラエルがユダヤ人のものであり、イスラエルの首都がエルサレムだ、ということは神が決めたことであり、議論の余地はない」、「イスラエルが神の意向に沿って、エルサレムを首都とした形で再建されれば、イエス様が再臨してくれる」と本気で信じているわけである。

 そのため、福音主義者たちはたとえ世界中が反対しようと、トランプの”英断”を、あたかも神が授けてくれたクリスマス・プレゼントでもあるかのように大歓迎しているのだ。

 ちなみに、ワシントンのシンクタンク、ブルッキングス研究所の中東専門家でアラブの王族や要人と親しい関係にあるシャディ・ハミド氏は、「改革派として知られるサウジ・アラビア皇太子は、イスラエルの首都をエルサレムに移すことに反対していない」と言っている。サウジ・アラビアが影響力を行使して、平和的解決に導いてくれることを祈ろう。

アメリカ経済を司るユダヤ人のビジネス

http://bizseeds.net/articles/370

 一般的に「アメリカ人」というのは陽気で明るく、ガレージが付いた大きな家で、家族揃ってのんびりと幸せに暮らしている、というイメージがステレオタイプではないだろうか。

宗教に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。


米大統領選ガイド(4) 「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4) 「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

スペースX宇宙船、有人飛行へ向けた脱出実験をネット中継

毎度お騒がせなイーロン・マスク氏率いる宇宙ベンチャー企業、米スペースXが日本時間20日、同社初の有人飛行に向けた最後の安全実験を行った。同社はNASAと組んで、その様子をネットで生中継した。


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月17日~23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


アメリカの大学入試事情

アメリカの大学入試事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本とアメリカの大学入試の違いについて紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング