「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

「イスラエル首都エルサレム移転」を福音主義者が支持するのはなぜか?

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの『アメリカ保守派の考え方』。トランプ大統領が、イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する公約を遂行しようとするのを喜んでいる人々がいるという。


イスラエルは誰の土地なのか

 イスラエルは建国以来、エルサレムが首都である、と宣言している。

 しかし、エルサレムはキリスト教徒、イスラム教徒にとっても聖地であり、パレスチナ人との紛争を回避するために、世界各国はテル・アビブに大使館を置き、テル・アビブがイスラエルの事実上の首都となっている。

 アメリカでは1995年に、「アメリカ大使館をテル・アビブからエルサレムに移転する」と宣言したエルサレム大使館法が制定された。しかし、パレスチナやイスラム教過激派によるテロが激化することを恐れて、その後、3人の大統領(クリントン、ブッシュ、オバマ)がこの法律を無視し続けてきた。

 トランプ大統領も、ティラーソン国務長官や諸外国の首脳から「エルサレムを首都と認めることは、イスラム教過激派のテロに油を注ぐようなものだ」と警告を受けていたが、「アメリカ大使館のエルサレムへの移転」を公約のひとつとして掲げていたトランプ大統領は、彼らの反対を押し切って12月6日に、「エルサレムをイスラエルの首都と認め、アメリカ大使館をエルサレムに移転する」と宣言した。

 これは、トランプの支持の基盤であるアメリカの福音主義派キリスト教徒にとっては、まさに最高のクリスマス・プレゼントとなった。福音主義者は、聖書を文字通り「聖なる書物」だと信じている。他の宗派の人々が聖書を「信仰のガイドライン」として受け止めているのとは異なり、福音主義者たちは聖書の記述は「神の言葉、神の命令、神が定めた規律、実際に起きた史実である」と信じている。

聖書をどう読むかで、解釈が大きく異なる

 創世記15章には、こう記されている。

 主は、アブラム(ユダヤ人の祖先)と契約を結んで、こう言った。「私はこの地(現在のイスラエルに相当する地域)をあなたの子孫に与えた」

 実は、アメリカで売れ行きトップ3の英訳聖書では、主の言葉がI give、与える、と現在形で訳されているが、原語のヘブライ語で使われている動詞は既存事実が継続している状態を示す時制(英語の現在完了形に近い時制)なのである。つまり、ごく普通に聖書を読んでいるキリスト教徒は、神は「イスラエルをユダヤ人に与える」と約束したと解釈しているだけで、この約束が実現したかどうかまでは考えていない。

 一方、聖書の言葉を忠実に守ろうとしている福音主義者たちは、原語のヘブライ語をしっかり勉強している牧師たちから、「天地創造の際に、主がアブラムの子孫(=ユダヤ人)にイスラエルを与えたと、創世記に明記されている」と聞かされているため、イスラエルはユダヤ人の土地ということを史実、既成事実、神の意図と理解している。

 また、ゼカリヤ書12章など複数の箇所に、「エルサレムがイスラエルの首都であり、神はエルサレムを通じて地上を支配する」という主旨が記述されている。さらに、ルカによる福音書、使徒行伝など複数の箇所には、「イスラエルが再建されたらイエスが地上に再臨する」と記されている。

 これらの記述を信じている福音主義者たちは、「イスラエルがユダヤ人のものであり、イスラエルの首都がエルサレムだ、ということは神が決めたことであり、議論の余地はない」、「イスラエルが神の意向に沿って、エルサレムを首都とした形で再建されれば、イエス様が再臨してくれる」と本気で信じているわけである。

 そのため、福音主義者たちはたとえ世界中が反対しようと、トランプの”英断”を、あたかも神が授けてくれたクリスマス・プレゼントでもあるかのように大歓迎しているのだ。

 ちなみに、ワシントンのシンクタンク、ブルッキングス研究所の中東専門家でアラブの王族や要人と親しい関係にあるシャディ・ハミド氏は、「改革派として知られるサウジ・アラビア皇太子は、イスラエルの首都をエルサレムに移すことに反対していない」と言っている。サウジ・アラビアが影響力を行使して、平和的解決に導いてくれることを祈ろう。

アメリカ経済を司るユダヤ人のビジネス

http://bizseeds.net/articles/370

 一般的に「アメリカ人」というのは陽気で明るく、ガレージが付いた大きな家で、家族揃ってのんびりと幸せに暮らしている、というイメージがステレオタイプではないだろうか。

宗教に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。






最新の投稿


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

とうもろこしや大豆など遺伝子組換え種子や農薬を生産販売してきた多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の主力除草剤「ラウンドアップ」。これに発がん性があることを隠して販売していたとして、末期がんを宣告された男性が同社を告訴していた裁判で11日、男性側が勝訴。モンサントは約320億円の賠償金の支払いを命じられた。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング