ウエブスター辞書が選んだ「2017年に最も注目された単語」とは?

ウエブスター辞書が選んだ「2017年に最も注目された単語」とは?

歴史あるメリアム・ウェブスター辞書が選んだ今年、最もアメリカで注目された単語が発表された。ニュース性があり、年間を通して同オンライン辞書で多く検索された単語の中から、今年の世相を反映した単語とは?


今年の「Word of the Year」は「フェミニズム」

 メリアム・ウェブスター辞書が2017年の単語に選んだのは「feminism」(フェミニズム)。これは今年、最も注目されたニュースに関連して多く検索された単語で、昨年に比較すると70%も検索が増えたという。

 2017年に起こった時事で追うと、まず1月後半にワシントンDCで開催された「Women's March」(ウイメンズ・マーチ)、そして2月は女性政治家によるフェミニズムに対する発言が波紋を呼んだ。エンターティメントでも映画「ワンダー・ウーマン」のヒットなどに加え、同業界から火種が生じた一連の有名人たちによる「セクシャル・ハラスメント」に関連するニュースが毎週のようにメディアを賑わせ、SNSではセクハラ被害を表す「#MeToo」のハッシュタグが飛び交った。セクハラ関連ニュースが出る度に、「フェミニズム」という単語の定義などの検索率が上昇し、その結果、年間を通して最も注目を浴びた単語になったというわけだ。

2017年に注目を集めたその他の10単語

 同辞書の「フェミニズム」という単語が加わったのは、1842年。当時の定義は「女性のクオリティー」だった。今日の同単語の定義は、「政治、経済、男女の社会均衡におけるセオリー」と「女性の権利と興味を代表する組織的活動」。単語の意味は、時代に合わせて変化してきた。

 どんな単語であっても、たったひとつの単語でその年のすべてのニュースやイベントを要約することはできないが、ひとつの単語が飛び抜けて多く検索されたことは世論の注目度の高さであり、「フェミニズム」が世相を表しているというのは納得できる。

 ちなみに2017年に同辞書のオンライン検索で注目を集めた単語ベスト10は以下の通りだ。

Feminism  フェミニズム
Complicit 共犯の、共謀した
Recuse  利害関係を持つとして裁判官に異議を申し立てる
Empathy 共感
Dotard  老いぼれ
Syzygy  相同染色体対合
Gyro   ジャイロ(ギリシャ風サンドイッチ)
Federalism 連邦主義
Hurricane ハリケーン
Gaffe  失言、失態

 上記の各単語の定義や、その単語が注目されることになったきっかけのニュースをまとめた同辞書の記事はこちら

引用元:Word of the Year 2017 - Feminism

「フィアレス・ガール」像を考案した企業の女性賃金差別が明らかに

https://bizseeds.net/articles/455

 ニューヨークの金融街ウォールストリートの観光名所として有名な「猛牛の像」。今年3月の国際女性デーに、その猛牛の像に向かって立ちはだかる小さな少女の像「フィアレス・ガール(恐れ知らずの少女)」が造られて以来、その像と一緒に写真を撮る大勢の観光客でにぎわっている。

セクハラに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


女性 差別 セクシャリティ

関連する投稿


文化の「盗用」について考える

文化の「盗用」について考える

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。アメリカに住んでいると、たびたび話題になるのが「文化の盗用」。当事者としてこの問題を扱うことになって感じたこととは?


ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

ペプシコの名物CEO退任 女性CEO企業数が昨年より減少

アメリカのトップ500企業において、昨年は史上初めて女性がCEOの企業数が32社まで増え、全体の約6%となった。しかし今月6日、ペプリコのリーダーとして12年間、同社を牽引してきた敏腕女性CEO、インドラ・ヌーイ氏が秋に退任することを発表し、米大企業における女性経営者のパイオニアが経営の第一線から退くことを惜しむ声があがっている。


エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

エリートだけが会員になれるデーティング・アプリは社会問題?

  アメリカでも結婚相手やパートナーとの出会いに繋がるオンライン・デーティング・サービスの需要は高く、各社は年齢層や地域を限定したり、人種や宗教で括ったり、真剣度の差などを売りにして競っている。そんな中、「会員になれるのは、男女ともエリートのみ」と厳しく限定したデーティング・アプリが注目されている。


黒雪姫は必要ですか?

黒雪姫は必要ですか?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。政治、人種、宗教等の中立性を重視する「ポリティカル・コレクトネス」をめぐり、子供劇団で繰り広げられる悩ましい問題とは?


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング