史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

史上最強か? ディズニーが21世紀フォックスを買収

世界的な大手メディアの米ディズニー社が、同じく大手の21世紀フォックスを買収し、映画やテレビ、ケーブル、ストリーミングなどを引き渡すことに合意。今後、世界のメディアはどう変化するのだろうか?


映画やテレビ、スタジオにHuluまでがディズニーへ

 数カ月前には、誰も信じないような噂だったことが、とうとう実現した。

 アメリカを代表するメディア大手ウォルト・ディズニー社が14日、競合企業である21世紀フォックス社の映画やテレビなどの主要事業を、約524億ドル(約5兆9,000億円)で買収することで合意したと発表した。フォックスが抱える純負債を含めた買収総額は、約661億ドル(約7兆4,000億円)になるようだ。

 ディズニーが買収するのは、フォックス傘下で映画製作を手がける20世紀FOX、テレビ製作を担う20th Century FOX Television、Fox 21 Television Studios、そしてFXやナショナルジオグラフィックなどのケーブルTV放送事業やスポーツなどだ。スポーツはディズニーが運営する人気スポーツ・チャンネル、ESPNに吸収され、さらに大きなチャンネルになると予想される。

 それに加えて、ディズニーは映像配信サービスを行うHuluの権利の30%も獲得。フォックスが抱える映画「アバター」、「X-MEN」シリーズ、人気TVアニメ「ザ・シンプソンズ」などの動画配信サービス向け人気コンテンツなども得ることで、Netflixなどのストリーミング・メディアに対抗すると見られている。

Fox News と Fox Sports はフォックス社がキープ

 アメリカで話題になっているのは買収金額の大きさだけではない。フォックスは買収手続きの直前に、Fox Newsと Fox Sports、つまりニュース・スポーツ番組部門を分離した。フォックスはその理由を、ニュースとスポーツにさらにフォーカスするためだと言っている。ディズニーは映画など、残るフォックスの中核事業を株式交換方式で買収し、フォックス株1株につき、ディズニー株0.2745株を割り当てる。フォックスを率いるメディア王、ルパート・マードック氏の一族は、ディズニーの大株主となる見込みだ。

 この買収手続きは当局の認可を前提にして、2019年半ばまでに完了する予定。ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)は「フォックスの事業群の買収は、多種多様な娯楽経験を求める視聴者のニーズに対応したものだ」とのコメントを発表した。

 アメリカにおいて、Fox Newsは保守派のニュース局という見方をされる。現在アメリカのメディアの多くはリベラル傾向が強いが、この巨大な買収によって、そうした政治的偏向がどう影響を受けるのかについても見守りたいところだ。

引用元:Disney Will Acquire 21st Century Fox For $52.4 Billion

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

https://bizseeds.net/articles/567

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。

メディアに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

絶叫&爆笑必須! 世界一シュール(かも知れない)動物園

シアトルから車で数時間、オリンピック山脈の麓の街スクイムにある「オリンピック・ゲーム・ファーム」。アメリカでも知る人ぞ知る穴場だが、これほど動物との距離が近い動物園はなかなかない?


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。


【Red vs Blue】ワシントンポスト紙、ロイ・ムーア氏に関連する作り話の罠を見破る

【Red vs Blue】ワシントンポスト紙、ロイ・ムーア氏に関連する作り話の罠を見破る

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、保守派の活動家がリベラルな新聞社を騙して、嘘の記事を報道させる罠を仕掛けた話について両者の意見を乞う。






最新の投稿


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング