予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

予約がなかなか取れない、スイーツ専門「レストラン」がNYに誕生!

 世界中からグルメが集まる街、ニューヨーク。一流店がしのぎを削り、舌の肥えた客たちをもてなすこの地に、今年オープンしたスイーツ&ベーカリー「Chanson」。この店にはちょっとした秘密が……。


全6コース、すべてがスイーツ

 2017年春にオープンするやいなや、あっという間にニューヨーカーたちを虜にしたスイーツ&ベーカリー「Chanson」。高い天井にモダンでシックな内装の店内には、焼き立てのパンに加え、美味しそうなサンドイッチや宝石のように美しいケーキが並んでいる。テイクアウトはもちろん、店の奥にはテーブル席があり、店内でケーキや名物のハイティーも楽しめる。

 そんなChansonを率いるのは、イギリス人パティシエのロリー・マクドナルド(Rory McDonald)。イギリスはもとより、スペインの名店「Arzak」などにも勤めた経験をもつ彼には、Chansonを出店した時から「ある計画」があった。それはスイーツだけのレストランをオープンさせること。彼は今月、夢を実行に移した。Chansonの地下にこの冬誕生した「Sweets Bar」は、オープンするや否やニューヨークで最も予約がとれないレストランのひとつになった。ため息が出るほど魅力的な全6コースのスイーツを、まずはこの映像で見て欲しい。

一流パティシエのショーを共有できる空間

 Sweets Barはオープンキッチンになっており、カウンター越しにマクドナルド氏がデザートを組み立てていく様子を眺めることができる。その繊細な手さばきは「神業」に近い。美しく彩られていくスイーツは甘すぎず、くど過ぎず、「デザートは苦手」と公言するような男性でも、一口食べれば虜になるという評判だ。また、この店が「地下にひっそりとある」ということも、ニューヨーカーたちを虜にしている理由らしい。予約はHPから可能。

Chanson「Sweets Bar」 ホームページ:https://patisseriechanson.com/

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

https://bizseeds.net/articles/578

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?

食に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


飲食業界 ニューヨーク

関連する投稿


アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカでは月収がいくらあれば一軒家が借りられるのか?

アメリカの大都市では不動産が年々高騰し、ニューヨークやサンフランシスコのような大都市では一軒家の家賃は驚くほど高額になった。とはいえ、50州ある広大なアメリカでは各州の物価が大幅に異なるため、「こんな金額の家賃を払えるのか?」と驚愕する州もあれば、「これなら払えそう」というような州もある。各州の平均家賃の現状とは?


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンが選ぶベスト10ブランド 2018年秋冬版

アメリカのティーンエイジャー6,000人を対象に実施されたアンケート調査。平均年齢16歳のティーンたちが支持するアパレル・ブランドのベスト10、そしてファストフード・チェーン店のベスト5とは?


えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

えっ、そこ? アマゾン第2本社、NY市とワシントンDC近郊に決定

米アマゾン・ドットコム社の「第2本社」が、ニューヨーク市とワシントンDC近郊アーリントンの二拠点となることが発表された。昨年開始された「アマゾン誘致合戦」の結果は、アメリカに新しい大都市が誕生することを期待していた多くの企業や地域関係者を落胆させたが、同社はこの決定により、さらに成長の加速度を増しそうだ。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング